Powered By 画RSS


モバP「雫―ッ!俺だーッ!乳ビンタしてくれー!」雫「いいですよーそのかわり」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:26:02.00 ID:1j2kzxoSo
雫「命の保証は出来ませんよー」

P「」

雫「出来ませんよ?」


モバPの休日

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 22:23:42.00 ID:I5LPkJxy0
日曜日

PPPPPPPPI…………

P「ふぉっ。」

P「……………なんだ、まだ10時じゃないか。………二度寝するでごぜーますよ。」

P「……………」

P「……………んん、ち、ちひろさんやめてください、これ以上は俺が破産してしまいます……」

ピーンポーン。

P「…ンガッ。夢か…………。それにしても誰だ?こんな朝っぱらから……。無視しよ。」

ピーンポーン、ピーンポーン。

P「………たまの日曜ぐらい寝かせてくれぇ。」

ピンポンピンポンピンポンピーンポーン。

P「あー!もう!出りゃいいんだろ出りゃ!」

ガチャ

P「はい、どなたでしょうか!?」

未央「やっほープロデューサー!元気ー?」

凛「ふーん、ここがプロデューサーの家?悪くないかな。」

卯月「おはようございます!プロデューサーさん!」

P「………スタドリの副作用か?NGの幻覚が見えるようになるなんて………。やっぱり寝たほうがいいな。」

バタン。

未央「ちょっとー!!せっかく訪ねてきたのに何で閉めちゃうのー!?」




阿笠「イクのが止まらないんじゃが」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/01/20(金) 00:25:43.14 ID:qloJUlRm0
阿笠「助けてくれ新一」ドボボボボ

コナン「スゲー……チンコが蛇口みてーに精液吐き出してやがる」

コナン「今度は何を悪用しちまったんだ?」

阿笠「いや、普通に媚薬と精力剤を混ぜて絶倫になろうと思ったんじゃが」

阿笠「ちーと調合ミスをしてしまったんじゃよ」


ダイヤ「お手紙…? 鞠莉さんからですの?」

1 : 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:10:33.68 ID:4r264MDD.net
先生(24/女性)
「そうなの これ、理事長から読んでねって」スッ

ダイヤ「は、はぁ ありがとうございます えーっと…」ペラ

『to : pretty jewelry head
 
 シャイニー☆ 生徒会長のダイヤちゃんに2つのnewsをお届けするわ!』

ダイヤ「……」

ダイヤ(既に胡散臭い… ジュエリーヘッドってなによ…)ジト


千歌「梨子ちゃんにピーマンを食べさせる!」

1 : 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 01:03:09.07 ID:5NYZx8xo.net
梨子「いやっ!やめてよぉ…」ギシギシ

千歌「ふふっ♡そんな暴れたってほどけないよ?曜ちゃんがしっかり縛りつけたからね」

梨子「うぅ…」

千歌「ねぇ。今から何をされるのか言ってみて?」


軍師「挑発だ! 挑発して、敵軍を城の外におびき出すのだ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 18:08:14.52 ID:zSdnPfTVo
軍師のもとに伝令が駆けつける。


「申し上げます! 敵軍はここより西にある城に入り、籠城する模様です!」

「よし……ならば我々は城を囲み、四方から城を攻撃する!
 これで我が軍の勝利間違いなしだ!」

「はっ!」


しかし、そううまくはいかなかった。


渋谷凛「これAmazonで買ったんだ」鷺沢文香「アマゾンで……!?」

1 : ◆TOYOUsnVr. 2017/01/22(日) 01:56:39.24 ID:xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。

「お疲れ様。邪魔だったかな」

「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」

「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」

「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」

「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」

「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」

「始まる前、だよね」

「はい。こればかりはどうにも……」

「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」

「先程、撮影を終えて戻って来たところです」

「じゃあ、もう上がりなんだ」

「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」

「じゃあ、私と一緒だ」

そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。

凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。

「これ、どうかな?」

「……カバーを変えられたのですね」

「うん。つい、可愛くて」

チョコレートの形をした素敵なカバーでした。

ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。

「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」

「ああ、Amazonで買ったんだ」

「……今、何と?」

「え? いや、Amazonで買ったんだ」

「……なるほど」

南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。

凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。


天使「新しい天使作ろうぜwwwエルをつければそれっぽくなんだろwwwww」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/22(日) 01:57:03.73 ID:MRafwMvAo
天使A「あ~、ヒマだな」

天使B「まったくっすね」

天使C「天界勤務は待遇はいいけど、やることないわねえ」

天使D「贅沢な悩みというやつなんだろうがな……」

天使A「――あ、そうだ!」


穂乃果「頑張りすぎると疲れちゃうよ」花陽「でも…」

1 : 名無しで叶える物語 2017/01/17(火) 21:14:23.74
絵里「じゃあ今日はここまでね」

凛「かよちん、帰ろ?」

花陽「あ、ごめんね?今日はちょっと残ってく」

凛「そうなの?」

真姫「根詰めすぎも良くないわよ?」

花陽「うん、ありがと。早めに帰るから」


ルビィ「どこまでいっても妹」

1 : 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:28:24.24 ID:9s+cK+Mo.net
ピンポーン

千歌「いらっしゃーいルビィちゃん!」

ルビィ「こんにちは千歌ちゃん」

千歌「さ、入って入って」

ルビィ「お邪魔します」



千歌「ルビィちゃん来たよー!」

曜「ヨーソロールビィちゃん!」ケイレイッ

ルビィ「よ、よーそろー曜ちゃん!」ケイレイ

曜「おおっ、練習の成果がでてるよ!」

ルビィ「えへへ...」

千歌「練習してるの?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ