Powered By 画RSS


織斑一夏「はあ、男が欲しい……」

1 : ◆C2VTzcV58A 2017/10/10(火) 23:35:21.81 ID:IyMoB4KNO
鈴音「………ホモ?」

一夏「違う」

鈴音「え、だって急に男が欲しいとか言い出すから……大丈夫? 弾呼ぼうか?」

一夏「お前、仮に俺がホモだとして弾を生贄に捧げていいのか」

鈴音「んー………そうねえ……」

一夏「迷ってる時点で鈴と弾の友情が疑われるんだが」

鈴音「いや、ほら。一夏がホモだとすれば、もう弾もホモでいいと思うのよ」

一夏「よくないだろ!」

鈴音「あはは、冗談よ~。中学の時に女子の間でひそかに『一夏×弾』のカップリングが盛り上がってたからってさすがに暴論よね。じゃあ気を取り直して」

一夏「ちょっと待て。気を取り直す前にちょっと待て」

鈴音「え?」

一夏「聞き捨てならない部分があったんだが」

鈴音「心配しなくても、一夏がホモだって本気では思ってないわよ? 思ってたらアンタの頭叩きなおしてでもノーマルにするし」

一夏「いや、そっちじゃなくてだな。いやそっちも大事ではあるんだが……え、なに? 俺と弾が、カップリング?」

鈴音「あ、そのこと? だってアンタたちいっつも一緒にいたじゃない。数馬もいたにはいたけど、あっちは女っ気が結構あったしね~」

鈴音「なまじ顔がいいから、そういう妄想が捗るんだって。クラスの子が言ってたわ」

一夏「知りたくなかったぞ、そんなおぞましい事実……」

鈴音「いいじゃない、中学の頃の話なんだから」

一夏「俺も弾も普通に女の子が好きなのに……」

鈴音「24時間365日彼女募集中?」

一夏「おう」

鈴音「にぶちん」

一夏「え? なにが」

鈴音「そういうところが! まあ、はっきり言えないあたしにも責任はあるけどさ……」

一夏「?」

鈴音「なんでもない!」


シャル「僕の部屋割りが不公平だ。という話」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 07:09:10.24 ID:uInqS71a0
クラスメイト「デュノアさんってさ、前は織斑くんと同じ部屋だったんだよね?」

クラスメイト「あー、あったね。シャルちゃんがシャルくんだった頃が」

シャル「ああ、黒歴史時代の話かな?」

クラスメイト「黒歴史扱いなんだ!?」

シャル「うーん、まあ、今から考えると男装して全寮制の学校に入学とか、無理筋にも程があるし…ね?」


凰鈴音「いちかー、いちかー」

1 : ◆C2VTzcV58A 2016/03/20(日) 01:29:45.82 ID:9KVo4kYAO
一夏と鈴ちゃんがだらだらするだけの話です


2 : ◆C2VTzcV58A 2016/03/20(日) 01:32:34.22 ID:9KVo4kYAO
鈴「いちかー、いちかー」

一夏「どうした?」

鈴「この漫画、読み終わったから次の巻とってー」

一夏「人様の部屋で人様の漫画読んでおいて、その上俺をこき使うか」

鈴「だってアンタのほうが本棚に近いし」

一夏「はいはい。しょうがないな」

一夏「ほら」

鈴「サンキュ」ニコニコ

一夏「女の子は笑ったら許されるからずるいよなあ」

一夏「こればっかりは、女尊男卑の世の中になる前から変わらないらしいし」

鈴「ただの女の子じゃないわ。かわいい女の子だから許されるのよ」

一夏「自分で言うか」

鈴「下手な謙遜なんて必要ないでしょ」

一夏「昔から、鈴はそういうタイプだよな」ハハ


シャル「壁ドン?」ラウラ「そうだ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 00:15:59.690 ID:tcIPaIi00.net
シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」


一夏「楯無さんとデート?!」

1 : ◆/X.qgBLki2 2015/08/19(水) 12:49:10.56 ID:yp0Ms1UjO
no title

更識楯無


一夏「更識姉妹の誕生日事情」

1 : ◆fV/glxsvwY 2015/08/16(日) 02:21:31.08 ID:8oWPj3Nn0
更識姉妹は不仲とあったんで、原作より拗れてる感じの設定で書きます。
一応原作で和解した後という態です


no title

更識簪

no title

更識楯無


一夏「かき揚げ戦争」

1 : ◆Vf7KndwiMg 2015/08/14(金) 22:20:18.78 ID:MPxB97nHO
 ーー食堂ーー


一夏「うー、腹減った腹減った…。今日の昼飯は何にしようかなー」


ラウラ(久し振りに嫁と二人っきりで昼食だ)ウキウキ


一夏「ラウラは何にするんだ?」


ラウラ(しかし浮かれてはならない。この数少ないチャンスをものしなければ…)


一夏「おーい?ラウラー?」カオヲノゾク


ラウラ「ひゃ!?な、な、なんだ?!わたしと二人きりだからって浮かれるんじゃないぞ!」


一夏「お、おう?そうだな?それでラウラは何にするんだ」


ラウラ「わ、私か?私は…そうだな。今日はかき揚げうどんにしようか」


一夏「お、いいな。寒い日はやっぱうどんだよな!俺もそれにしようかな…」


ラウラ「そ、そうだな!それが良い!それにしろ!」グイグイ


一夏「わ、分かったよ。そんな急ぐなって」


ラウラ(嫁と二人っきりで同じものを食べる…これでは夫婦みたいではないか)テレテレ


一夏 (ラウラの奴嬉しそうな顔をして。そんなに腹が減っていたのか…)カキアゲウドンフタツオネガイシマス


一夏「ラウラに腹パイルバンカーしたい」

1 : ◆wIGwbeMIJg 2015/08/06(木) 01:43:46.40 ID:lQbsQsoK0
参考画像

no title



一夏「し、小便もれるううううううううう!!!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 00:24:55.309 ID:PQwkCsoZ0.net
一夏「漏れる漏れる漏れる漏れるトイレトイレトイ……どおずぎるうううううう」

一夏(そ、そこらへんでやるか?駄目だ、土の地面ならまだしも屋内でやるのは流石に……)

一夏(なら女子トイレ……見られたらヤバイ……いや、というか)

一夏「もう……無理……」

箒「どうした一夏?顔が真っ青だぞ」

一夏「ほ、箒!!」

一夏(も、もうこれしかねえ!!)

一夏「箒!俺の小便を飲んでくれ!!」

箒「……は?」


一夏「機密情報? 何の事だ?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/03(日) 15:30:42 ID:/JZXls56
ラウラ「日本にとって一大事だというのに……」

ラウラ「ネットに流出してしまって、もう手がつけられない状態になっている!」

一夏「???」

ラウラ「ともかく、私の部屋に来い! 一夏!」

一夏「……よくわからないが、分かった」

―――――――――――

ラウラ「これを見ろ、一夏」

一夏「PCか……どれどれ」

一夏「えーっと、海上自衛隊の機密情報が大量流出……」

一夏「…………」

一夏「ともかくソース元を……」 クリック☆


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ