Powered By 画RSS


比古清十郎「ちいと本気出して志々雄討伐するか」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/08(水) 01:34:15 ID:DrVDIwi2
─ 比古の小屋 ─

比古(久しぶりに山を下りてみたら──)

比古(世間はずいぶん血生臭いことになっていやがった)

比古(なんでも志々雄真実とかいう輩が暗躍しているから、らしいが……)

比古「…………」

比古(飛天御剣流は自由の剣ではあるが──)

比古(時代時代の苦難から人々を救う剣でもある)

比古(志々雄真実……放っておくわけにもいかんか)


剣心「拙者の十字傷がなくなったでござる!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 22:47:43 ID:8MKrX.5g
神谷道場──

早朝、桶に入った水で顔を洗おうとする剣心。

剣心「ふぅ……」チャプ…

剣心「──ん?」

剣心「!」

剣心(な、ない……!)

剣心(十字傷がなくなっている……!?)


志々雄「十本刀は十人もいらないと思うねん」方治「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/23(火) 21:35:50.34 ID:+oKRv5Dm0
志々雄「せやろ」

方治「突然何を言い出すんですか!?」

志々雄「だって十人もいたら絶対いらない子が出てくるじゃん給料もバカにならんし」

方治「いけません志々雄様!十本刀は十人いてこそ十本刀…今更そんな事を言われても計画が狂ってしまいます」

志々雄「とっさに計画変えるぐらいの判断力付けろや」

方治「ですがしかし…」

志々雄「今日の会議で7人刀ぐらいまでしぼるから全員ここに呼んで来い」

方治「……はい」


志々雄「たまには料理でも作ってみるか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 22:30:48.05 ID:JOeb/IsQ0
方治「……は?」

方治「志々雄様──」

方治「今、なんとおっしゃられました……?」

志々雄「二度もいわせんじゃねェよ、方治」

志々雄「たまには料理でも作ってみるか、っていったんだよ」

方治「りょ、りょ、料理!? 志々雄様がですか!?」

志々雄「ああ」ニヤッ


剣心「剣と心を賭して、この安価行動を完遂する!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:22:14.45 ID:9FVcj3aFO
剣心「それが拙者が見出した答えでござる!」


剣心「ぐぬぬ……」


剣心「……まずは>>5をするでござる」


斎藤「ちょww宇水www」宇水「何が可笑しい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:31:30.21 ID:q+OHrDZ30
斎藤「ちょwwwwお前www」

宇水「だから何なんだ!」

斎藤「う、宇水wwwwおまww」

宇水「狼と言われた男が情けない!」

斎藤「だってwwwwもぅwwww」

宇水「だーかーらー何が可笑しい!!!!!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ