Powered By 画RSS


アスナ「キリトくんが風邪をひいた?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 15:23:08.54 ID:RR/+oxRm0
ALO内


アスナ「キリト君が風邪?」


リーファ「はい。でも明日はお母さんは泊まり込みで帰ってこないし、あたしも明日から剣道の合宿があって家にいれなくて……」


リズ「でもアイツが風邪引いてるならアンタここにきて平気なの?」


リーファ「お兄ちゃんなら今寝てるので大丈夫です。なのでアスナさん!明日お兄ちゃんの看病してあげてください!こんなの頼めるのアスナさんしかいないんです!」


アスナ「分かったわリーファちゃん!明日は何時に家をでるの?」


リーファ「明日は9時から開始なのでできれば8:30に……」


アスナ「分かった!明日は私に任せて!」


リーファ「ありがとうございます!では、まだ明日の準備が残ってるのであたしはこれで!」


そう言い残しリーファがログアウトする。


リズ「しかしキリトが風邪ひくなんて珍しいわね」


ユイ「どうしてなんですかリズさん?」


リズ「昔からよく言うじゃない!馬鹿は風邪をひかないって!」


シノン「そんなことはおいといて、もう今日はお開きにしといたほうがいいかもね」


リズ「ま、そうかもね。アスナが心配して集中出来ないだろうし」ニヤッ


アスナ「もう!リズ!///」カアッ


リズ「照れない照れない。じゃ!またね!」


そう言ってリズがログアウトする。


アスナ「もう!リズったら!」


キバオウ「ワイがSAO人気投票ランキング1位やて!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 06:28:44.99 ID:jSiQ6egz0
キバオウ「どういうことや!?」

キバオウ「SAOの人気ランキングをやっていたのは知っとったけど・・・」

キバオウ「なんでワイがそのランキングで1位なんや!?」

キバオウ「ま、まさか・・・!!」


アスナ「結婚すればいいのよ」ユウキ「相手いないから、いいよ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 23:42:08.30 ID:7So77db/0
アスナとユウキのほのぼの日常if
ただの会話
書き溜めなし




森の家にて――

アスナ「だからね、まだ結婚って話しまでもいってないって」

ユウキ「うそー、だってさ、ボクとの決闘の時にあの人、さすが俺の嫁って顔してたよ」

アスナ「えええッ……そんな顔してたっけ」

ユウキ「うん、剣圧で爆風吹いてる中、一人だけニヤニヤしてたもん」

アスナ「も、もう……キリト君たら」

ユウキ「いいなー、でも、そうなるとアスナを独り占めできなくなっちゃうのか……」シュン

アスナ「そんなことしなくても、こうやっていつでも会えるじゃない」

ユウキ「うん……そうだねッ」

アスナ「ユウキは色々世界を旅してきたのよね? なら、その中にいなかったの? これだ! っていうピピってきた人」


アスナ「大丈夫だもん、キリトくん浮気なんか絶対しないもん」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/19(火) 22:45:40.58 ID:kpaba4us0
ーダイシーカフェー

里香「そういえばさぁ、キリトって女の子ばっかりと仲良くなるよね」

珪子「いきなりですねぇ、どうしたんですリズさん?」

里香「……いや、今集まってる面子を改めて眺めたらね」

明日奈「確かにそうだね、学校ではそんなことないけど休日まで遊ぶ男友達っていないかも」

詩乃「女の子と仲良くなるの狙ってたりして」

明日奈「流石にそれはないよシノのん、キリトくんそこまで器用じゃないよー?」

里香「いやー、それはどうかなー?」

珪子「リーファはどう思う?」

直葉「へっ…あ、あたし?どうだろお兄ちゃん自分では女の人と話すの苦手って言ってるけど」

明日奈「言ってるね、うん」

里香「女が苦手…キリトが?ないない」パタパタ

詩乃「無いわね」

珪子「けっこう普通に接してると思いますけど」

明日奈「そ、そうかな?えー…」

直葉「うーん……まぁ、そうかなぁ」

里香「あいつそのうちアスナが泣いちゃうような事しそう」

明日奈「………それ、どういう意味?」

里香「あ、あー気分悪くしないでねアスナ、ただの冗談だから……あはは…」

明日奈「……大丈夫だもん、キリトくん浮気なんか絶対しないもん」ムスッ


直葉「お兄ちゃんと“風邪”」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 16:33:26.53 ID:Kt5UsFKP0
カップリングは桐ヶ谷兄妹。
エロなし。
短編です。


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 16:35:04.68 ID:Kt5UsFKP0
直葉「あー……暇だなぁ」

桐ヶ谷直葉はベッドで1人、ポツンと寝転がっていた。

家の中には誰もいる気配がしない。

それはそうだ。今日は平日であり、直葉の両親は仕事、直葉の兄、桐ヶ谷和人も学校だ。

誰もいるわけがないのだ。


直葉「お兄ちゃんと温泉旅行」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:25:37.09 ID:OlM7lcui0
カップリングは桐ヶ谷兄妹です。
時系列とかは適当です。


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:27:54.38 ID:OlM7lcui0
1月5日15時8分
直葉「わぁ…空気が綺麗な所だね」

和人「スーパーの金賞にしてはなかなかだな」

あたし、桐ヶ谷直葉と、あたしの兄である桐ヶ谷和人は、スーパーのくじ引きで当たった賞で温泉旅行に出掛けることになった。


キリト「SAOと間違えて現実でヤりすぎた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 10:20:48.86 ID:RPt2VHLR0
キリト「はぁっ、はぁっ、良かったよアスナ」

アスナ「私も、すっごく幸せだよキリトくん……」

ぎゅうう

キリト「よし、それじゃあそろそろログアウトするか」

アスナ「……うん、そうだね」

キリト「えっと……あれ?」

アスナ「どうしたの?」

キリト「ウィンドウが出ないんだ」

アスナ「本当だ、あれっ、あれっ、なんで?」

キリト「ん? ……な、なあアスナ」

アスナ「なに?」

キリト「俺らの家って、こんな感じだっけ?」

アスナ「……あ」

キリト「ん?」

アスナ「こ、ここ……私の部屋だよキリトくん!」


キリト「アスナって俺のこと好きなのかな?」クライン「……」エギル「……」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 21:31:21.09 ID:BI6GvABj0
エギル「……どうしてそう思ったんだ?」

キリト「え、だって家にお呼ばれされて手料理作ってくれたし、無理矢理パーティ組まされるし、お弁当作ってきてくれたし、ボス戦終わった後抱きつかれたし……絶対好きじゃね?」

クライン「……まぁ……そうだろうな(…自慢か?)」

エギル「よかったじゃねぇかあんな美人さんに好かれるなんてよ」


直葉「お兄ちゃんと“小さなキリトくん”」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/11(土) 22:24:40.20 ID:6DEZJt8H0

カップリングは桐ヶ谷兄妹。
エッチな描写があるので苦手な人は注意。


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/11(土) 22:25:25.06 ID:6DEZJt8H0
キリト「リーファ!あっち行ってみたい!」

リーファ「え…でもとりあえず今日はもうホームに帰ってログアウトしたほうが」

リーファは4歳ぐらいの小さな黒髪の男の子と歩いていた。

キリト「やだやだ!!もっと遊ぼリーファぁ……」

涙目上目遣いのキリト君…か、可愛すぎる。

リーファ「…しょ、しょうがないなぁもう」

キリト「やったぁ!大好きリーファ!」ギュゥ

リーファ「……」

私…もう死んでもいい。

ー30分前のことだ。


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ