Powered By 画RSS


【艦これ】暁「気に入らないわ」潮「……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 18:35:13.71 ID:M6gOrwxuo

暁「ちょっと!」

潮「え、えっと、私でしょうか……?」

暁「そうよ、他に誰がいるの?」

潮「だよ、……ですよね。それでその、私がなにか……?」

暁「思うんだけど、あんたってレディじゃないわよね」

潮「はい……? えっと、まぁ、……そうですよね。私もそう思います」

暁「おっぱいが大きくても、中身はまだまだお子さまってところかしら?」

潮「……はい」


提督「利根にちくま~ちくま~と言わせたい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 03:49:39.50 ID:R/bT6SAI0
提督「…………」つ知恵の輪

利根「なんじゃ、これを吾輩に解けというのか?こんな子供騙し、五分と経たずに解いてやるわ!」

――1分経過――

利根「…………」カチャカチャ

――2分経過――

利根「うぬぬ……」カチャカチャ

――3分経過――

利根「むぐ……ぐぬぅ……」ガチャガチャ

――4分経過――

利根「むにゅにゅにゅ……」カチャカチャカチャカチャ

――5分経過――

利根「だーーーっ!!もう、やっとれんわー!!なんじゃ、そのほらな!という顔は!どうせお主も出来んじゃろうて!」

提督「…………」カチャン

利根「あ…………」

提督「…………」ふふん

利根「ぐぬぬ……」

提督「…………」どやっ

利根「ぢぐま゛~~ぢぐま゛~~!」

筑摩「はいはい、どうしました?姉さん」

利根「ちくまはこの知恵の輪、難しいじゃろ?じゃろ?」

筑摩「えっと……は、はい、難しそうです……あ」カチャン

利根「…………」

筑摩「……そ、その……」

利根「うわぁぁぁぁん!!」ダダダダ

筑摩「ま、待って姉さん!今のはたまたまで……」タッタッ


大淀「提督。私との子作り作戦成功しました!流石です!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 18:30:06.33 ID:Djj492F9O
提督「はい……?」


大淀「流石ですね。無事着床しました!」


提督「自分は大淀と性行為に及んだ覚えはないんだけど」


大淀「いやいや。ちゃんと任務ボードにも記されてますよ」スッ


提督「…それ昨日明石と2人でボード作ってるの見たんだが」


大淀「ばれましたか」バキッ


浜風「くっ殺せ!」提督「えぇ・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/24(金) 23:03:08.82 ID:bkUY2vuC0
提督「初対面で急に何を言い出すのこの新人は・・・」

浜風「まさか着任した鎮守府の提督がオークだなんて・・・」

提督「ひどくない?確かに太ってるけど怪物扱いは」

浜風「きっとその滾る獣欲を艦娘にぶつけているのですね・・・」

提督「してないから、やめて獣欲とか」

浜風「私にもその性欲を向ける気なのですね、しかしこの浜風は誇り高き陽炎型駆逐艦!」シュルシュルカンッ

提督「なんで艤装外してんの?」

浜風「簡単に言うとおりになると思わないでください!」

提督「とりあえず遠征行ってきてくれる?」


鎮守府・愛の劇場~鳳翔、その想い~

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 17:33:51.63 ID:kC9NYB980
昼ドラ展開注意


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 17:34:13.54 ID:kC9NYB980
提督「鳳翔さん、よく来てくれましたね」

鳳翔「ええ、提督のご命令ですから……断るわけ、ありません……」

提督「どうしました?そんなに俯いていては、せっかくの綺麗な顔が良く見えませんよ」

鳳翔「綺麗だなんて……そんなお世辞、結構です」

提督「いえいえ、本気ですよ。本気だから、こんなものも用意したんですからね」

鳳翔「…………」

提督「ええ、見て分かると思いますが、ケッコン指輪ですよ」

鳳翔「こ、こんなおばさんより、若い娘はこの鎮守府に一杯いますよ」

提督「それでも私はあなたを選びます」

鳳翔「……提督、本当に私とケッコンなさるつもりですか?」

提督「当たり前の事を言わないでください。その為に練度を上げてきたのですからね」

鳳翔「わ、私はあなたとケッコンは……」

提督「……はぁ……鳳翔さん……私を愛してはいないのか?」

鳳翔「そんなことは!愛しているに決まってるじゃないですか!」

提督「では問題ないはずです。さあ、手を」

鳳翔「それとこれとは話が違います!あなたは……あなたは……」

提督「では、こう言いましょうか。軽空母鳳翔、上官の命令に逆らうというのか?」

鳳翔「そ、そんな……命令だなんて……。無理やりは……いけません……」


提督「あれ?昨日まで更地だった場所にお寿司屋さんが出来てる。興奮してきたな」

1 : ◆F5x5AfN1Z.B/ 2017/03/04(土) 04:00:18.46 ID:cld+oGz10
提督「とりあえず入ってみるか」ガラガラガラガラ
間宮「へいへいへいへい!へいらっしゃい!!」

提督「!?ま、間宮さん?なにをしているんだ?」

間宮「何様ですか?」

提督「えっ?何様?」

間宮「あっ間違えちゃった。何名様ですか?」オデコパチーン

提督「えっと、1人で」

間宮「お一人様ですねー!お席はカウンターでよろしいですか?」

提督「あぁ、大丈夫」


提督「僕は今日もレディの君とデートをする」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 19:27:26.13 ID:KL1MzQyH0
暁「で、デート?」

提督「うんそう。デート」

暁「……暁と?」

提督「そう。君と」

暁「……」

提督「……」

暁「し、仕方ないわね! 暁はレディだから付き合ってあげるわ!」

提督「よかった。ありがとう」

暁「それでどこに連れて行ってくださるのかしら?」

提督「うーんと、そうだね。どうしようかな」

暁「司令官ってば、レディを誘うんだからちゃんと行き先を決めてないとだめじゃない!」プンスカ

提督「すまないね。じゃあ、バーに行くというのはどうだろう?」


【艦これ】深海の濃淡は僕と同じ

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 23:06:17.48 ID:hUrmnSex0
時雨が深海棲艦になるまでの移り変わり。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 23:07:40.92 ID:hUrmnSex0

体が大の字になってぴくりとも動かない。さっきまで僕は、海を滑ってみんなと戦っていたっていうのに。

僕は死んだのかな。夕立を庇って。

でもおかしいな、不思議と意識は鮮明で、視界に映るのはペンキをぶち撒けた青空と、雲のマーブル模様。アクセントの様に控えめに見え隠れする太陽。冬の空。

呆然と、ただ呆然と。取り留めのない考え事を巡らせる事ができるのは、まるで眠りに落ちる前の時。

あれやこれやと僕が普通の人間で、女の子で、恋をして、そのまま結婚する妄想に似てる。これは些細な僕の唯一の楽しみ。

そう考えてしまうのは僕が提督と結婚しているから。だから、機械仕掛けの僕は形式上の結婚を憎んでる。


明石「できましたよ提督! あなたの子供です!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 23:02:46.41 ID:NoVPuY/90

提督「え……?」


明石「だからぁ! できたんですって!」


明石「提督と私の子供が!!」


提督「いやいやいやいや」


提督「ちょっと待って、オレと明石って子作りしてないよね?」


明石「ひ、ひどい!! 昨晩はあんなに愛し合ったというのに!! もう忘れたんですか!!?」


提督「いや愛し合った覚えないし、抱いた覚えもない」


明石「私とは遊びだったんですね!!?」


提督「とりあえず落ち着きなさい」


特型駆逐艦について

1 : ◆36RVFTz/1g 2017/02/27(月) 09:55:57.48 ID:P4H78XwGo


吹雪型(特Ⅰ型)吹雪 から 暁型(特Ⅲ型)電まで。


2 : ◆36RVFTz/1g 2017/02/27(月) 09:57:25.75 ID:P4H78XwGo


【 吹雪 】


さながら、それが務めであるかのように。

毎日執務室にやってきては派手に転び、存分にパンツを見せつけて帰っていく。


吹雪と言えばパンツ。
パンツと言えば吹雪。

それは石に刻まれた誓いのように。
それは未来を指し示す光のように。

例え世界が変わっても。例え未来が変わっても。
決して変わらぬ笑顔で今日も、吹雪は執務室の扉を開く。


「おはようございます、司令官!」



Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ