Powered By 画RSS


パン屋店主「お客さんのトングのカチカチは……哀しみの音がするね」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:33:07.904 ID:wS3nw31O0.net
≪哀しみのカチカチ≫

―パン屋―

看板娘「どうですか、あたしのパンは?」

店主「どれ……」モグモグ…

店主「うーむ……まだ店に出せるレベルじゃないな。決定的になにかが足りないんだ」

看板娘「そうですか……」シュン…

店主「そう落ち込むな。パン作りは一日にしてならず、さ」


ギィィ…


看板娘「あ、いらっしゃいませー!」


女王「わらわの肖像画を描いてくれぬか」画家「かしこまりました」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/13(火) 21:50:12.477 ID:M/KrXAeu0.net
― 城 ―

女王「なんじゃ、この不味い食事は! 作り直せ!」

女王「こんなみすぼらしいドレスが着れるか! 破り捨てて職人に叩き返せ!」

女王「税を上げて、城の装飾をもっと派手にするのじゃ!」

大臣「は……ははーっ!」



女王「わらわはこの国でもっとも偉いのじゃ! しかも若くて美しい!」

大臣「おっしゃる通りでございます!」

女王「なのになぜ、未だに独身なのじゃろう」

大臣(そりゃそうだろう……誰だって嫌だよ、こんなワガママ女)

女王「まあいい、今のうちにわらわの美貌を絵として残しておきたい」

女王「大臣よ、国一番の画家を呼べ。わらわの肖像画を描かせるのじゃ!」

大臣「ははーっ!」


琥珀の中に息づく

1 : ◆K5gei8GTyk 2017/06/17(土) 00:09:24.48 ID:fPN1fRHc0
一次創作です
よろしくお願いいたします


2 : ◆K5gei8GTyk 2017/06/17(土) 00:10:10.46 ID:fPN1fRHc0
 なにかを得ると、必ず同じだけ別のなにかを失ってしまう。
 それは逆になったとしても等しく成り立つ。

 人間に与えられたキャパシティは生まれながらに決定されるものだと、僕は思っている。

 実体にのみならず、精神的なものに対しても、質量は保存される。


犯人「安価で逃げ切る」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/09(金) 15:17:53.92 ID:UAIDtTlmO
犯人「どこへ逃げるか…」

>>3


股間から竜が生まれた話

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 11:55:16.41 ID:8DsDoAX50
5月に入ってから急に暖かくなった。
窓から見る天気はまさに五月晴れであった。冬の寒さもここまでは追ってくることはない。

自分の陰毛をすべて剃り落としたときのような、すがすがしい空気だった。


五年と少しの歳月に

1 : ◆K5gei8GTyk 2017/06/13(火) 23:56:35.38 ID:5NDUzJbF0
一次創作です
よろしくお願いいたします


2 : ◆K5gei8GTyk 2017/06/13(火) 23:57:15.57 ID:5NDUzJbF0
 以前友人が遊びにきた際に飲み残していったウイスキーを舐めつつ溜め込んでいた小説を消化していると、いつのまにか夜はしんしんと更け、どこかから鐘をつく音が聞こえる。

 新年を迎えたのだ。
 壁に掛けた時計を見れば零時を五分ほど過ぎていて、実家に住んでいた頃は決まって家族で二年参りをしていたことを思い出した。
 今住んでいるアパートの近くにも神社はあるが、大学に通うために上京してから一度もそういった行事らしい行事には参加したことがない。

 気まぐれに、お参りに行ってみようと思った。

 今読んでいる小説は面白いけど書き口が独特で、読み応えがある分、一気に読み進めようとすると疲れてしまう。
 頭を休めるためにも、酔いを醒ますにも、散歩はうってつけのような気がした。


ヒーロー「俺の必殺技は一日一回しか使えない」悪の首領「それを回避すれば勝てる!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 18:21:38.54 ID:O1OYW47uo
夜、空を飛び、海の上で対峙する二人の男。



ヒーロー「決着をつけよう、悪の首領」

首領「クックック、ここを貴様の墓場に選んだか」

首領「貴様にはたびたび計画の邪魔をされたが……それもここまでだ!」

首領「今夜ここで貴様を海の藻屑とし、世界征服の野望を成し遂げてやる!」

ヒーロー「そんなことはさせない! お前はここで倒す!」



ヒーロー&首領「行くぞ!!!!!」


父「息子を心臓病ってことにして募金で金を集めよう!」母「そうね!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/13(火) 01:24:09.140 ID:4a/8S1n40.net
父「この子も5歳になった……たまにはなにかうまいものを食べさせたいが」

母「このところ家計が苦しいものねえ……」

父「ああ……夏のボーナスも期待できそうもないし……」

母「当分、ごちそうは食べられそうもないわね……」

子供「……いや、そんなことはない。簡単に金を稼ぐ方法がある」

父「え?」

子供「募金だ……募金をやるのだ」


スナイパー「ククク、標的にこの赤い弾丸を食らわせてやるぜ……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/09(金) 20:47:18.96 ID:fECP82zxo

男は超一流のスナイパーである。

凄腕として裏社会で名を轟かせており、ひとたび彼に狙われれば、
マフィアの大親分や一国の元首とて、命の保証はない。



金さえ詰まれれば、男はどんな標的だって狙うし、どんな弾丸でも発射する。


大将「へいらっしゃい!ここは安価寿司だよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 15:20:12.32 ID:c/zrP+01O
客「じゃあまず>>3握ってくれ」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ