Powered By 画RSS


マスター「いらっしゃいませ」 グラサン「……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 08:45:15.21 ID:2ryAOY/e0

-エンジェル珈琲-


マスター「……」




マスター(今日は静かだねぇ……)




マスター(お客さんは誰も来ないし、天真くんのシフトもない……)




マスター(なんだかちょっと寂しいけど……それでも私のやることはただひとつ)




マスター(ここに訪れたお客様に、最高のコーヒーを振る舞うことだ)


サターニャ「天使どもをギャフンと言わせてやるんだから!」

1 : か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/11(土) 01:02:31.12 ID:cDEZwkVxo
サターニャ「とは言ったもののどうすればあいつらに勝てるのかしら……」ブツブツ

サターニャ「ガヴリールはともかくラフィエルは強敵ね」ブツブツ

プップー

サターニャ「そうだ! のり巻きとヌンチャクを入れ替」

ガシャグチャーン


タプリス「今日こそ悪魔に勝ちます」サターニャ「のぞむところよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/09(木) 00:58:36.49 ID:iQWJgo+W0
-放課後・教室-

タプリス「今度こそ、あなたを負かして、天真先輩を解放してもらいます」

サターニャ「何度来ても同じ、いつも通り負かしてあげるわ」

タプリス「むきー、そうやって調子こいていられるのも今だけですよ」

サターニャ「で、今日は何して勝負するの?」

タプリス「これです」

サターニャ「これは…?」

タプリス「将棋…というらしいです」

サターニャ「あんたやったことあるの?」

タプリス「ないですが、頭脳戦なら悪魔のあなたに勝てると思ったので」

サターニャ「甘い、甘いわ小娘」

タプリス「なにをー」

サターニャ「私やったことあるのよね、将棋」

タプリス「な、なんだってー!?」

サターニャ(ガヴリールに惨敗したけどね)


サターニャ「ほーらカエルよカエル」 ラフィ「……」サッ

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/08(水) 17:10:08.94 ID:WK9dbm2hO



サターニャ「どしたの?」

ラフィ「いえ? なんでもないですよ?」

サターニャ「かわいいわよカエル」スッ

ラフィ「……」サッ

サターニャ「……」

ラフィ「う、うふふ~」ニコ


サターニャ「……」スッ!

ラフィ「ひぃっ!」ズサッ!

サターニャ「……」



サターニャ(おもしろっ……!)


ガヴリール「エロサイトのリンクを踏んでしまった」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 03:09:43.627 ID:uCFTbsjC0.net
ガヴリール「………ん?」カタカタ

ガヴリール「今、オナ○ーできない人は絶対開かないでください…?」

ガヴリール「開くわけねーだろ」カチッ

ガヴリール「ってあぁ!踏んじゃったし!!」

「あんっ!んぁぁっ!」パンパン

ガヴリール「しかも音声まででるのかよ、ブラクラみたいだな…」

ガヴリール「………」ムラムラ


ピンポーン

ガヴリール「!?」

ヴィーネ「ガヴリール?いるんでしょー!?」ドンドン


サターニャ「グラサンめっ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 07:07:59.16 ID:Ul0PEHJbO

頭おかしいDQNが出てきます
胸糞悪いので苦手な方はご注意


ヴィーネ「ガヴリールの大切なものって…何?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 13:51:55.85 ID:a/GtNtoE0
ガヴは何かに頓着するタイプではない、と私は考える。
駄天使と化した今だからではなく、誰もが心惹かれるような天使だった頃からだ。

他人との関係がさっぱりしていて、手を離されたら縋ることもなく立ち去ってしまいそうな、そんなイメージがある。

そういったイメージから気になることがある。何が彼女の心を占めているのかということだ。
やっぱりネトゲだろうか。

家族とか友達とか恋人とか、人は誰もが心に誰かを住まわせている。趣味でもいいのかな。
それは人が明確な意思を持たずに生き続ける為に必要なものなんじゃないのかなと私は思っている。
天使でも悪魔でも、そういうところは人間と変わりないはず。

勝手に思っている枠組みにガヴを押し込んで考えるのはおかしいことだけど、気になるのだ。
彼女には誰かが住んでいるのかな。彼女は何を大切に思っているのかな。

私は、ガヴリールという個人が気になる。まだ出会って日は浅いのだし、日が浅いのだから、彼女のことをもっと知りたい。


ガヴリール「ヴィーネに思いっきり甘えてみるか」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/04(土) 21:49:29.653 ID:XPPxcdhu0.net
【ガヴリール宅】

ヴィーネ「ガヴリィルゥゥゥ!!いつまで寝てるのよぉ!!!」

ガヴリール「うっさいなぁ……なんだよこんな朝っぱらから…」モゾモゾ

ヴィーネ「あんたを起こしにきたのよ!!どーせあんたの事だから前の日にお風呂なんて入ってないんでしょ!?」

ガヴリール「一日くらい入んなくたって死なないって………」ポリポリ

ヴィーネ「だ、め、よ!女の子なんだから身だしなみには気を付けなさいよね!あんたがお風呂にはいってる間にご飯作ってあげるから!」

ガヴリール「へいへい………」スタスタ

ガヴリール(まったく……毎朝ありがたいといえばありがたいんだがもう少し私に優しく接してくれてもいいんじゃないか?)

ガヴリール(私がヴィーネの言うことを聞かないからか………?私は自由に生きていたいからヴィーネの言うことを聞くわけにはいかないし……)

ガヴリール(いっそヴィーネが私に優しくなるまで甘えてみるというのはどうだろうか)


ガヴリール「北風と太陽?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 05:45:20.95 ID:JZG6irQjO
~ガヴの部屋~

ガヴ「.........ん、ん...?うーん......」ムクリ

ガヴ(珍しく一人で起きれたな...)ポリポリ

ガヴ「今、何時だ...?」キョロキョロ





12:00





ガヴ「な」


ガヴ「何ィーーーーーーー!!!??」


ガヴリール「最近誰かに見られてるような気がするんだよね」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:31:47.39 ID:V/iTaVhi0
サターニャ「あんたを常日頃から見るような奴なんていないわよ、寝言は寝ていいなさい」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ、それで犯人に目星はついてるのガヴ?」

ガヴリール「今の私にストーカー行為する物好きなんて知らない」

ラフィエル「いえ今のガヴちゃんが大好きな物好きもいますよ、ねぇヴィーネさん」

ヴィーネ「なんで私に振るのラフィ?」

ラフィエル「深い意味はありません」

サターニャ「こんなのガヴリールの妄想なんだから真面目に話すことないわ」

ガヴリール「でも夜中に私の名前が聞こえてきたり、消耗品が新しくなってるんだぞ」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ