Powered By 画RSS


【ガヴドロ】ガヴリール「バレンタインだからな……」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 07:26:52.62 ID:ZfuP++hI0
年が明けてしばらくした今日このごろ。

暦上は春だとしても、冬の寒さは未だ衰えることを知らない。

最近この辺りの地域では珍しい雪まで降っていた始末で、バレンタインデーの今日も例外ではなかった。

連日続くこの降雪は異常気象とまで言われてる。

だから私の行動にちょっとした異常があってもおかしくはないだろう。

私がヴィーネにチョコを渡そうと思ったこと。

私がチョコを手作りしたこと。

私がそれを渡すタイミングを見計らってぐずぐずしてたこと。

私が結局放課後になった今までチョコを渡せなかったこと。

何もおかしくはない。

そのはずなのに、私の心は常に高鳴っていて余裕なんて存在しなかった。


サターニャ「ラフィエルが怠け始めた…」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 22:27:14.93 ID:IdJZ0hOx0
サターニャ宅

ラフィエル「サターニャさ~ん」ニコニコ

サターニャ「…………何よ」ジトー

ラフィエル「えへへ、なんでもないですぅ~♪」グデー

ラフィエル「ただ呼んでみただけですよ~♪」

サターニャ「」イラッ

サターニャ「いきなり人んち来たと思ったら……」

サターニャ「急にだらだらし始めてなんなのよ!」


ヴィーネ「無防備なガヴ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 02:38:27.80 ID:09BnCS4h0
ヴィーネ「ガヴ、いるの、おーい」

ヴィーネ(家のチャイムを鳴らしても反応しない)

ヴィーネ(もう寝ているのかしら)

ガチャリ

ヴィーネ(仕方がないので合鍵で入らしてもらう)

ヴィーネ(休日でどうせ何も食べていないのだ、私がしっかり食べさせてあげないと!)


ガヴリール「ラフィエルと雨宿り」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 16:38:59.86 ID:UvXTy+/60
季節は梅雨、急に降り出した雨。

さきほどまで明るかった空はどんよりと曇り、まるでカーテンを閉めた部屋の中のようだった。

ジュースとお菓子を買いにコンビニへ出かけていたガヴリールは、突然の雨に驚き、近くの橋の高架下へと走った。

降りしきる大雨を眺めながら、雨に濡れた身体を子猫のように震わせた。



ガヴリール「ふー、まったく急に降ってきやがって…」ビショビショ

ガヴリール「朝は晴れてたから大丈夫だと思ったんだが…天気予報見れば良かった」

ガヴリール「ん?あそこにいるのは…ラフィエルじゃん」


サターニャ「普通に戦ってガヴリールを倒す事にしたわ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 03:14:33.80 ID:zyWDei640
サターニャ「ガヴリール勝負しなさい!」

ガヴリール「えー、嫌だよ」

ガヴリール「なんで私がそんなめんどーな事を……」

サターニャ「問答無用、食らいなさい!秘技《サタニキアパンチ》!」

ガヴリール「ちょ、待っ!ぐはぁ…」

サターニャ「勝った」

ガヴリール「……………」シーン

サターニャ「冷静に考えれば体力のないガヴリールを倒すのにはこうするのが一番早かったのよね」

サターニャ「ふ、ガヴリール…倒してみると大した事のない敵だったわね、なーっははは」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ!?ガヴに何してるのよっ!」スタスタ

サターニャ「げえ、ヴィネット、しかもあの顔は怒っているわ、このままじゃいつものように叱られてしまう…」

サターニャ「こうなったら仕方ないわね……」

サターニャ「ヴィネット覚悟しなさい!」

ヴィーネ「え?」

サターニャ「《サタニキア踵落とし》!」ドカン

ヴィーネ「ぐふ…」バタン

サターニャ「流石に踵落としはちょっとやり過ぎたかしら?」

まち子「く、胡桃沢さん?」

サターニャ「《サタニキアチョプ》!」シュバ

まち子「あべし!!」バタ

サターニャ「あ、ごめん委員長、つい反射で…」


ヴィーネ「ガヴとサターニャが付き合い始めた」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 06:50:50.13 ID:rv+wmYb5o
ガヴリール「今日もお前んち行っていい?」

サターニャ「もちろんよ」

ヴィーネ「……」

ラフィエル「ヴィーネさん?」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「あっ、ごめんなさい。どうしたの?」

ラフィエル「いえ、なんだか心ここにあらずという感じだったので」

ヴィーネ「そ、そうかしら」


サターニャ「魔界通販の特殊な接着剤で天使をびっくりさせてやるわ!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:49:06.715 ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール宅

サターニャ(ふふふ……私がこの接着剤を手に塗って相手に塗りたくり離れなくなる……そんなヘマはしないわ)

サターニャ(今日の私は一味違う。事前にデビルズタクティスを練ってあるのよ……)

サターニャ(そう、ハンドクリームの容器の中に接着剤を移しておいたのよ!そしてラファエルが持ってたハンドクリームとすり替えた!)

サターニャ(ふふ……同じ柄の容器に接着剤を移したから……決まった)


ガヴリール「ヴィーネとお風呂で」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 01:24:30.80 ID:ogfPLEN80
~ヴィーネの家~

ザ-ザ-……

ガヴリール「ふー、急に雨降ってきたなー…ヴィーネの家が近くて助かった」ブルッ

ヴィーネ「すっかり濡れちゃったわね。ほら、タオルあるからガヴも早く拭いて」

ガヴリール「ん、ありがと」フキフキ


サターニャ「悪夢を見せる魔法を習得したわ!これでガヴリールをぎゃふんと言わせてやるんだから!なーっはっはっはっ!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:12:34.500 ID:5OtHc6F60.net
サターニャ「ふふふ……今までの悪魔的行為はただのお遊びだったわ……」

ガヴリール「今頃気づいたのか」

サターニャ「私はね、とある魔法を習得したの」

ガヴリール「はあ。さいですか」

サターニャ「むぅぅぅ……!!喰らいなさい!!スーパーサタニキアバッドドリームキャノン!!」

ガヴリール「マホカンタ」

サターニャ「ぎゃああああああああ!!!」


ガヴ「ハン」ヴィーネ「ハア」サターニャ「ハッ」ラフィ「フア」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/16(金) 01:29:08.949 ID:jEONnI5K0.net
ガヴ「祝福を」

ラフィ「イエス」

ヴィーネ「災いを」

サターニャ「イエス」

ガヴ「ハンレルヤ☆エッサイム」

ヴィーネ「ハアレルヤ☆エッサイム」
 
サターニャ「ハッレルヤ☆エッサイム」

ラフィ「フアレルヤ☆エッサイム」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ