Powered By 画RSS


ベルベット「フィーとお風呂に入りたい…」エレノア「ッ!?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/24(火) 13:03:58 ID:wA.oVVBs
エレノア「何を言っているんですか貴女は!」

ベルベット「な…何がよ」

エレノア「今、ライフィセットとお風呂に入りたいって…」

ベルベット「チッ…聞かれたか…」

エレノア「今思いっきり舌打ちしましたね!言い逃れ出来ませんよ!」

ベルベット「はぁ…はいはい、言いました言いました。これで良いんでしょ?」

エレノア「男女が一緒にお風呂なんて…不健全です!不埒です!ライフィセットの教育に悪いです!」

ベルベット「フィーはまだ10歳よ。ちゃんとお風呂に浸かって100数えて無いかもしれないし、もしかしたら身体の隅々まで洗えてないかもしれないじゃない」

エレノア「もう10歳です!お年頃の男の子の気持ちを考えて下さい!ベルベットの身体は10歳の子供には刺激が強すぎます!」

ベルベット「何を今更」


カイル「ラブライブに遅れちゃうよ父さん!」スタン「急げカイル!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 17:10:07.58 ID:W8AttZHg0
スタン「それで、推しは決まったのか?」

カイル「うん、俺は凛ちゃんかな」

スタン「これでまた一歩、お前もラブライバーに近づいたわけだ」

カイル「それは違うよ父さん」

スタン「?」

カイル「ラブライバーってのはなろうとするもんじゃないし」

カイル「なりたいからって、なれるもんでもない」

カイル「きっと、自然になっているものなんじゃないのかな」

スタン「ほお」

カイル「ライブが始まっちゃうよ!早く行こう!」

スタン「そうだな」


スタン「見ろよルーティ、マリオパーティ3だ!」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/25(火) 18:02:17.68 ID:nM0v0cBxO
ルーティ「懐かしいわねー! どこにあったの?」

スタン「物置漁ってたら64のソフトがいっぱいでてきたんだ……3は新婚の時によくやってたよな!」

ルーティ「そうそう! 正直あれがなかったらやってなかったわー」

スタン「……ギャンブルミニゲーム?」

ルーティ「もちろん!! あれで一気にお金が貯まるんだもの!! 勝った時にはそれはもう嬉しくて嬉しくて……」

スタン「ははは……そうだ、たまにはゲームしないか?」

ルーティ「いいわね! たまにはね!」

スタン「……あ、3以外のマリパもあるけどどうする?」

ルーティ「3に決まってるじゃない!!」

スタン「やっぱり……」


エル「ルドガーが子ども扱いばっかりする」ソフィ「アスベルも」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:40:25 ID:qOINlRtk
エル「エルはルドガーとはタイトーなアイボーなのにー!」プンプクリン

ソフィ「アイボー?」キョトンッ

エル「そ!アイボー!」エヘンッ

ソフィ「何だかよく分からないけど、格好いいね」

エル「なのにルドガーってば、エルに危ないからってお皿を洗っちゃダメーとか、包丁にさわっちゃダメーとか言うしー」

エル「エルもお料理手伝いたいし!」

ソフィ「そうだよね。私もシェリアのお料理手伝いたい」

エル「この前だってミラのお料理お手伝いしようとした時、ルドガーが邪魔ばっかりするんだよ!それでミラとケンカしてた」

ソフィ「アスベルも同じ事してたよ。その度にシェリアと大喧嘩」

エル「ソフィもタイヘンなんだねー」

ソフィ「うん」


クレス「今日はヒマだなあ…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:25:52.40 ID:1dJrwkFJ0
クレス「今日はゆっくり体を休めようかな」

コンコン

クレス「ん? 誰だろう?」

誰?>>4


【マイソロ】リタ「にゃん」プレセア「にゃふん」【SS】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 07:33:23.18 ID:hHqNWeuA0
プレセア「にゃー」

リタ「にゃん」

プレセア「にゃーにゃ?」

リタ「にゃんにゃん」

プレセア「ふー!!」

リタ「にゃー!!」

プレセア「にゃー??」

リタ「にゃふん」

ソフィ「なにしてるの?」


ジーニアス「ロイド!僕の想いを受け取って!!」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/23(木) 10:25:41.46 ID:uGzFTuoE0
ロイド「よーしじゃあ、今日はここでキャンプだな」

リフィル「そうね。今日も疲れたわ」

ゼロス「リフィルさま~、肩と腰と足をおもみしましょうか~」

リフィル「結構です」

しいな「アホ神子」

プレセア「コレットさん、今日の晩御飯ですが」

コレット「うん、これとこれを使っちゃおうか?」

ジーニアス「プレ、セア!ぼぼぼ、僕も手伝うよ!」

プレセア「はい。お願いします」

リーガル「うむ……」


メルディ「ウルトラソウッ!!」リッド「ヘイッ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/21(火) 20:00:07.40 ID:W9/ulc7/0
メルディ「ゆーめじゃないーあれもこれもー♪」

リッド「……」

メルディ「そのてぇーでドアをあけましょぉおん♪」

ファラ「ちょっと、キール」

キール「なんだ?」

メルディ「しゅぅくふくがぁ、ほしいのならぁあ、かなしぃいみをしり、ひとぉりでなぁきましょぉ……♪」

ファラ「メルディ、本当にどうしちゃったのな?」

キール「知るか」

リッド「……来るぞ!」

メルディ「そしてぇーかぁがぁやぁく、ウルトラソウッ!!」

リッド&ファラ&キール「ヘイッ!!」


すず「私、忍者ですから泣きません!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/23(月) 17:54:20.25 ID:PPBx8R340
すず「うえーん!!!!」

クレス「すずちゃん!?!?」

アーチェ「うわ、クレスがすずちゃんを泣かしたー」

クレス「いや、違うよ。泣かせてないって!」

アーチェ「じゃあ、なんで泣いてんのさ?」

クレス「それは……」

すず「クレスさんが私の恋人になってくれないからです」


メルディ「クイッキー死ね!!!!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 16:30:17.06 ID:3hLntRLu0
リッド「ふ!は!とう!」

メルディ「リッドはいつも稽古していて偉いな~」

キール「まあ、リッドの取り得は剣術だけだからな」

メルディ「メルディも剣術ならってみたいー」

クイッキー「ク、ク、クイッキー!!」

キール「何を言うかと思えば。いつもクイッキーを操っているだけのお前には無理だ」

メルディ「なんだよぉ!やってみることが大事って、キールいってた!」

キール「やっても無駄なことはするなともいったぞ」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ