Powered By 画RSS


【遊戯王SS】十二獣昔話

1 : ◆WKEtq8y72Nvn 2017/01/17(火) 23:59:36.34 ID:w9KmAMiB0
むかーしむかしの、年の暮れ。
動物達を集めた神様は、何やら話をしていました。


天照大神「来年から、お前達の中からリーダーを決めようと思います」

天照大神「リーダーは一年毎の交代制で、その年はリーダーの言う事に従ってお仕事をして貰うよ」

天照大神「来年の元旦に私の元へ挨拶に来た動物、その中で一番目~十二番目の順番から動物達のリーダーにしようと思っている」


神様はそう、集まった動物達に告げました。
お話が終わった後、神様はネズミを呼び止めこう言いました。


天照大神「モルモラットよ。お前は身体が小さく、他の動物にいじめられてばかりだ」

天照大神「しかしながら、お前のような小さな者でもリーダーになれると、他の動物達に示したいのだ」

天照大神「私が直接手を出してはルール違反になってしまう、だから手伝う事は出来ない」

天照大神「モルモラットよ。何としても、一番になるのだ」

モルモラット「大丈夫でちゅよ!何が何でも一番になってやるでちゅよ!」

モルモラット「そう――どんな手を使ってでも、でちゅよ」ちゅーっちゅっちゅ...


ズァーク「我とデュエルしろぉおおぉおぉぉ!!」

1 : ◆xPAJ6300kj0Y 2016/12/30(金) 23:57:40.21 ID:z+K4T5dEO
ズァーク「お前たちの望みどおり、我はこの世界に再び降臨した!」

ズァーク「さあ人間どもよ! お前たちの逃げ場はこの世のどこにもありはしない!」

ズァーク「我とデュエルしろぉおおぉおぉぉ!!」 ズァァッ


零児「ついにヤツが復活してしまったか……!」

素良「あれが悪魔の決闘者、ズァークだって!?」

沢渡「けっ! ズァークだろうがなんだろうが、オレが正気に戻してやるぜ遊矢!」

権現坂「そのデュエル、この男権現坂が相手になろう!」


ズァーク「ふっ、最初の相手はお前たちか。 いいだろう、相手にとって不足はない!」

ズァーク「構えるがいい! そして我とデュエルしろぉおおぉおぉぉ!!」


ユート「第一回遊矢のデッキ会議を始めます」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 15:30:10.50 ID:sYi6v1Dc0
遊矢「うーん…」

ユート「遊矢、どうしたんだ?そんな難しい顔をして」

遊矢「あっ、ユート。いや、大したことじゃないんだけどさ」

ユート「水臭いな、悩んでるのなら相談してくれ」

遊矢「うーん、実はこれなんだよね」ペラッ

ユート「カードか…《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》《揺れる眼差し》《オッドアイズ・ファントム・ドラゴン》《激流葬》《ハーピィの羽根箒》」

ユート「これがどうかしたのか?」


瑠璃「ユートの部屋でお勉強」

1 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/05(月) 20:55:22 ID:T579KKIk
※融合次元が来る前の平和なエクシーズ次元でのお話です。


2 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/05(月) 20:56:45 ID:T579KKIk
ユートの部屋……

ユート「すまないな、瑠璃。せっかくの休みなのにわざわざウチで勉強を教えて貰うなんて」

瑠璃「気にしないで。それに一度ユートの部屋に来てみたかったし」

ユート「そう言って貰えると助かる。だけど俺の部屋なんて来ても楽しくないだろ?」

瑠璃「そんな事ないわ。あ、そこの計算間違えてるわよ?」

ユート「す、すまない」

瑠璃「ふふっ、別に謝らなくてもいいわよ。それにしてもユートにも苦手な物があるのね、ちょっとびっくり♪」

ユート「ははっ、まいったな」


遊馬「ライトニングだぜー! オレー!」

1 : ◆ErZIs1VBmo 2016/10/04(火) 10:41:23 ID:Bf0EIOV6
遊馬「はあああ………」


アストラル「どうしたのだ、遊馬」


遊馬「カオスも皆のおかげで無事に倒したし、アストラルもまた戻ってきてくれたし……色々と上手く行ってるんだけどさあ……」


遊馬「最近刺激が無くて……何て言うか……つまらないんだよ」


アストラル「遊馬、今のようなこの平和な日々を誰よりも望んでいたのは……君自身だろう?」


遊馬「そりゃあ……そうなんだけどさ……」


学生「パック開けるぞー」幽鬼うさぎ「こんにちは」【遊戯王SS】

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 19:14:01.80 ID:O9tKRon+0
パソコンのデータ整理してたら昔書いたこのSSが出てきたので供養
1年くらい前に書いたものなのでだいぶ古いこと言ってますが見逃してください


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 19:15:25.64 ID:O9tKRon+0
学生1「パック買おうぜ!パック!」

学生2「どっちを買うか悩むぜ!」

学生1「よーし…俺はこれだ!」

学生2「俺はこれを買おう!開封…お、インフェルノイドリリス!いいカードだ!」

学生1「お!羨ましいな!俺も何か当たればいいなー!」

学生1「よっと!」ビリ


幽鬼うさぎ「こんにちは…レアカードだよ」

学生1「…!」


竜角の狩猟者「それじゃあ、いってきます」

1 : ◆DpgadJ5C9k 2016/10/10(月) 17:36:15.97 ID:XT/png0L0
遊戯王ss
「竜角の狩猟者」っていうカードを知らなきゃ分からないよ


2 : ◆DpgadJ5C9k 2016/10/10(月) 17:36:44.39 ID:XT/png0L0
昔々、あるところに、疫病に苦しむ村があった。
多くの人々が倒れていく中、その病に耐性を持った少女がひとり。
彼女は故郷を救うため、霊薬の原料となるドラゴンの角を求め、旅立つのだった。

竜角の狩猟者「それじゃあ、いってきます」

お婆さん「くれぐれも、気をつけてな」

お爺さん「すまんの……お前のような、か弱い女の子ひとりに……」

竜角「気にしないで。私は疫病にかからないみたいだし、これくらいしなきゃ」

少年「お姉ちゃん……ちゃんと帰っきてね」

竜角「大丈夫。ドラゴンの角を取って、すぐ帰ってくるからね」


城之内「アクションデュエル?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 20:46:52.09 ID:5AK67l/R0
遊矢「ここが童実野町かぁ」

遊矢「海馬コーポレーションの近くだけあって、カードショップがいっぱいだ。」

遊矢「インタビューの記事に、実家はカードショップだって書いてあるけど、これじゃあ見つかりそうにないよ」

遊矢「あっ! あそこに人がいる。ちょっと聞いてみよう。すいませ~ん」

城之内「なんだ?」


デスガイド「遊戯王新改定行き、発車デス!」クリッター「ここまで来たか……」

1 : ◆WKEtq8y72Nvn 2016/10/01(土) 00:05:49.02 ID:4of97uoU0

デスガイド「ぐう、ぐう……」

デスガイド「……」

デスガイド「むにゃ……う、うう……」



―――――――――――――――――――――――


ライブラ「ヒャア!もう我慢出来ねぇ!ドローしてやるぜええええぇぇぇ!!」

フォーミュラ「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛」

スティーラー「でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ」(墓地と場を反復横飛び)

Ω1「手」

Ω2「札」

Ω3「抹」

トリシューラ「殺!!!」


ディアボリックガイ「準制限は嫌だ……準制限は嫌だ……!」

ゴウフウ「ひ、ひいいいぃ……!」gkbr


―――――――――――――――――――――――


城之内「勝てねぇ」遊戯「なんで狙ったカードを引けないの?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 20:13:21.49 ID:j4QouAA70
海馬「ゆけブルーアイズ! 滅びのバーストストリーム!!」

城之内「うわぁああああ!!!」

LP0 ピー

海馬「ふはははは! 凡骨は凡骨らしく地面に這いつくばっていろ!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ