Powered By 画RSS


シカマル「お前、こんなに可愛かったんだな」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:42:12.76 ID:CO8rWGOY0
テマリ「」

シカマル「何でこんなに長いこと一緒にいたのに気付かなかったんだろうな」

テマリ「な、何だいきなりお前?! か、可愛いって! ///」

シカマル「ああ、滅茶苦茶かわいい。大きな吊り目も、白い肌も、すべてが可愛い」

テマリ「や、やめろ! 嬉しいけどなんか恥ずかしいからいったんやめろ! ///」

シカマル「いや、やめねえ。いつもは気が強いくせにそうやって恥ずかしがるところもすげえ可愛い」

テマリ「ちょ、ホント何なんだ?! あ、さては何か買いたいからそうやっておだててるんだろ? そうはいかないからな?! ///」

シカマル「いや、お前がいてくれたら俺は何もいらねえ。可愛いお前と結婚できただけで俺は十分幸せだ」ギュッ

テマリ「ぬあああ! やめろおおおお! ///」カアアアアアアア


新春シカテマss

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 04:28:48.56 ID:WpIBkBYy0
テマリ「なあ、私に将棋を教えてくれ」

シカマル「そんな事言ってくるなんて珍しいな。どういう風の吹き回しだ?」

テマリ「な、何だっていいだろ? ///」

シカマル「いーや、よくないな。何事にも動機ってのはあるもんだ。俺は今、それが知りたい」

テマリ「……。お前と将棋で遊びたいからだ……///」

シカマル「……へッ、かわいいとこあんじゃねーか」

テマリ「う、うるさいなッ! ほら早く教えろ! ///」

シカマル「へいへい。いーか、将棋ってのは敵の王将をとったら勝ちってゲームだ」

テマリ「ああ、それは知ってる」

シカマル「だから自分の王将は何が何でも守らなきゃならねえ」

テマリ「ああ」

シカマル「お前にとっての王将は何だ?」

テマリ「私にとっての王将?」

シカマル「お前が命を賭しても守りてえもんだ」

テマリ「……シカダイだ」

シカマル「……それでいい。俺が教えることはもう何もねーぜ」フッ

テマリ「……」

シカマル「さあて、昼寝でもしてくっかな」フアーア

テマリ「いや、待て。そういう哲学じみた話じゃなくてだな? 私は将棋のルールが知りたいんだ」ガシッ

シカマル「……もうお前はとっくに将棋の本質を理解してるぜ。自分が気づいてないだけでよ」

テマリ「いや、知らん。コマの動かし方も全然分からん。実際に将棋盤で動かしながら教えてくれ」

シカマル「……」

テマリ「……」

シカマル「……」ニコ

テマリ「……?」

シカマル「……」フッ スタスタ

テマリ「いや、意味が分からん。不敵な笑みをされても全然分からん。何だ、もしかしてお前教えるのが面倒くさいのか?」ガシッ

シカマル「いくら俺でも愛する妻の頼みをそんな理由で断るかよ」

テマリ「あ、愛するっていきなりお前……///」

シカマル「ただ単に、コマの動きに目がいって、本当の意味での勝ち負けを見失って欲しくなかっただけだ」

テマリ「本当の意味での……勝ち負け……?」

シカマル「あとは自分で考えてみな。自ずと答えは見つかるはずだ」

テマリ「……」

シカマル「……」スタスタ

テマリ「いや、分からん。何言ってんのかさっぱり分からん。とりあえずルールと動かし方だけでも教えてくれ。これじゃお前と将棋が出来ない」ガシッ

シカマル「……」フッ

テマリ「……」

シカマル「また今度な」トンッ

テマリ「……///」トクンッ

シカマル「……」スタスタ

テマリ「いや、何でだ? 今日は何か都合が悪いのか? お前今日暇だろ?」ガシ


チョウチョウ「あちしダイエットする」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 12:23:19.97 ID:Jv6kkGRC0
カルイ「ふーん、まぁ好きにしな」

チョウジ「チョウチョウはまだ子供なんだから程々にしておくんだよ」ムシャムシャ

チョウチョウ「……なんかァ、全然ホンキにしてねーなって感じすんだけど!」パクパク

カルイ「そりゃ朝から牛丼おかわりしてる娘が言っても説得力がないし…」フー

チョウチョウ「ムカッ……あちしホンキだから!!」ガタッ

チョウジ「あ、チョウチョウ! まだご飯残って……行っちゃった……」

カルイ「ほっときなって…どうせ長つづきしないだろうし」

チョウジ「ん―――、でもやっぱり心配だし…………うん?」

タタタタタ

チョウチョウ「やっぱりもったい無いからこれだけは食べる事にする」パクパク

チョウジ「……」

カルイ「ね?」


ガイ「……」ナルト「ゲキマユ先生ェ……」

1 : ◆cZ/h8axXSU 2016/07/03(日) 21:13:28.94 ID:gZlKTRtC0
マダラ「ハハハ……死ぬところだったぞ……こやつめ!!」

ガイ「……」


八門遁甲の陣を発動したマイト・ガイ
しかし、その決死の覚悟も虚しくうちはマダラを仕留める事は出来なかった

八門を開いた人間に待つのは絶対の"死"
だが、その風前の灯火の命の前に、ナルトが現れる


マダラ「灰になる前に……俺が殺してやる!」

ナルト「……」ガッ!!

マダラ「ッ!?求道玉を蹴るだと?」


ボルト「クソオヤジに勝ちたい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/18(月) 12:43:14.16 ID:U46kq2EN0
サラダ「ボルト……アンタっていつもくだらない事ばっか言ってるよね」ハァ

ボルト「くだらなくなんてねえってばさ!」

サラダ「だいたい勝ちたいって、そもそもなにで勝つのよ」

ボルト「そ、それは……えーっと……」

サラダ「いつもの鬼ごっこは『今日は~分だったってばさ!』とか言ってる段階でまず勝負になってないし」

ボルト「うっ」グサッ←

サラダ「影分身だって七代目は里中走り回ってる位の数だけど……ボルトはいくつ分身できるんだっけ?」

ボルト「…………4人だってばさ」グサッグサッ←←

サラダ「人望も里中から慕われてる火影様に対してアンタはただのイタズラ小僧ってレベルだし」

ボルト「ううぅっ」グサッグサッグサッ←←←

サラダ「背も小さし口は悪いしすぐ諦めるし……ホントいいとこないわねアンタ」

ボルト「オイ、最後ただの悪口になってんぞォ!!」


ナルト「5億年ボタン?面白そうだってばよ!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/09(木) 15:18:45.002 ID:K+nir1y/0.net
ナルト「火影って事務仕事ばっかで忙しいし、なんか面白いことねーかなぁ…」
木の葉丸「ナルト兄っ…火影様!お忙しい中申し訳ありませんコレ」
ナルト「なんだってばよ~?」
木の葉丸「実家の掃除中に面白い物を見つけまして…」
ナルト「5億年ボタン…?なんだってばよこれ?」


ナルト「春と言えば、>>4だってばよ!」 サスケ「それがいい」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/21(月) 20:47:21.102 ID:rMRs2oDo0.net
ナルト「>>4しなきゃ春とは言えねーってばよ」

ナルト「>>4するに限るってばよ」

サスケ「ああ、それがいい」


うちはサスケ「デレステ? なんだそれは」

1 : ◆C2VTzcV58A 2016/03/22(火) 12:52:24.93 ID:qtH2zROuO
とある街の宿


サスケ「カカシ。あんたから電話なんて珍しいこともあると思えば、いきなりなんだ」

カカシ「長期の単独任務だと、宿での暇つぶしにも一苦労だろう。だから手ごろな遊びを紹介してやろうと思ってな」

サスケ「遊びだと?」


ナルト「明日は土曜だし、>>4するってばよ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/19(金) 23:03:59.132 ID:re/5sBBi0.net
ナルト「たまには俺も家族サービスしねえとな」

ナルト「明日は休みだし、>>4するしかねぇ!」

ヒナタ「ナルトくん///嬉しい///」

ボルト「父ちゃん///」


ナルト「家で変な巻物を見つけたってばよ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/14(水) 14:02:18.743 ID:NkoTb7kO0.net
ナルト「何々...>>5の術...?>>6術...?>>7の術..?」

ナルト「よく分からないけど、この術をマスターすればアカデミーも卒業生できそうだってばよ」

ナルト「この術で俺は火影になってやるぜ!」ドンッ


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ