Powered By 画RSS


京太郎「許婚が金髪」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 21:15:09.56 ID:LvJE+/1k0



・『咲-Saki-』のSSです。

・メインは京太郎になるので、嫌いな人は戻りましょう。

・安価は取るかわかりません。







京太郎「・・・」

透華「ようこそいらっしゃいましたわ、須賀京太郎!」ババーン

京太郎「お元気そうで何よりですよ、透華さん」



俺、須賀京太郎。この人は俺の許婚の龍門渕透華。とにかく目立つことを考える本当にお嬢様なのか疑いたくなるような行動力の持ち主だ。

今俺がいるのは、この人の家、つまり龍門渕家だ。重い荷物を引っさげて来て早々のうるさいお出迎えに、失礼だとは思うがため息が出る。



透華「あら、ずいぶん元気がありませんわね。何かありまして?」

京太郎「いやうるさいんだよ!何で俺が門くぐるだけでファンファーレ鳴らされてんだよ!」

透華「ふふ、私のほんの気持ちですわ。あなたを歓迎したいという、ね?」

京太郎「そういうの要らないですから・・・これ絶対近所迷惑ですよ」



透華さんはとにかくすべてにおいて大げさだ。この人におしとやかな時期とかあったのだろうか?喋れるようになった頃からこんなんだったんじゃないかって気がしてくる。

こんなのが次期龍門淵家の主だと思うと頭が痛くなってくる。何で俺こんな人の許婚なんだろう・・・何もかんも親達が悪い。


【咲-Saki-】由暉子「由暉子王国叙事詩」【SS】

1 : ◆eBX.lrCXD2 2017/03/14(火) 19:24:56.27 ID:+C7mM5Qq0



唐突ですが、我が国、由暉子王国の説明をしましょう



その王国は北海道の某所、真屋夫妻が建てた一戸建ての二階、北東に面した角部屋に位置しています。

東の窓からは朝日が差し込み、北の窓からは寒い風が吹き付ける我が王国の領土は、およそ六畳

入国の際には、南西に位置する扉から入ることができます

扉にはエイリアンのポスターが貼っており、巨大な双眸が入国する者を睨めつけています

この扉をくぐる者、汝一切の希望を捨てよ


久「須賀くんの誕生日よ!」まこ「ほうじゃのう」

1 : ◆FYW.3i5lks 2017/02/03(金) 01:43:38.02 ID:xx7+QPT10

久「とりあえずパーティーしましょうパーティー!」

まこ「あんた騒ぎたいだけじゃろ」

久「その通りよ! ケーキ買ってきて!」

まこ「わしが買ってくるんか」

久「いちごたくさん乗ってるやつね」

まこ「自分で買ってこんかい……それに、あんたの好みよりも京太郎の好みに合わせてやらんと」

久「えー? なによ、須賀くんの好みって。 おっぱい大きい子?」

まこ「異性の好みはそうじゃろうがな」

久「というか、そもそもプレゼントとかなに用意すればいいのよ? 私、同世代の男子の喜ぶものとかわからないんだけど」

まこ「そんなんわしだって詳しくないわ……あんたの方がそういう機会もあったじゃろ? ほれ、副会長とか……」

久「うん、まぁ……でも須賀くんに生徒議会の仕事やらせるわけにはいかないでしょ」

まこ「そりゃあ……うん? ちょっと待てあんた、いろいろおかしいじゃろ」

久「え? なにが?」

まこ「……いや、あんたならやりかねないか……」

久「いやいや! 冗談よ!? さすがに私だってそこまで酷くないわよ! ジュースとか付けるし!」

まこ「結局仕事は押しつけるんかい」


耕介「慕の誕生日だ!」瞬斗「おめでとう」【咲-Saki-/シノハユ】

1 : ◆FYW.3i5lks 2017/01/31(火) 00:48:45.72 ID:tHQjhI3+0
耕介「ありがとう!」

瞬斗「おー、んじゃこれ」

耕介「ん? なんだ?」

瞬斗「慕ちゃんにプレゼント。 渡しといて」

耕介「お、わざわざ悪いな。 何入ってんの?」

瞬斗「秘密」

耕介「……お前変なもん入れてないよな?」

瞬斗「いや、普通に無難なものしか贈れねぇよ……」

耕介「じゃあなんだよ」

瞬斗「タオル」

耕介「タオル!? お前、お歳暮かよ!? それ中学生の女の子の誕生日に贈るもんじゃないだろ……」

瞬斗「でもこういう確実に使う無駄にならないものの方がいいだろ。 つーか慕ちゃんこういうの喜ぶだろ」

耕介「…………うん。 まあ、慕は確実に喜ぶな」

瞬斗「ほら、慕ちゃん主婦だし」

耕介「まぁ……そうだな。 そうだね、うん」

瞬斗「……で? お前は何しに来たんだよ? 慕ちゃんの誕生日だし、学校行ってる間に家のこととかやっといてやれよ」

耕介「ちゃんとやって来たよ!」

瞬斗「……なんかアレだな。 俺の台詞もやっぱおかしいな。 完全に嫁さんの誕生日ぐらい家事やってやれよ的な……」

耕介「会話から中学生の誕生日を祝う感じが全くしない……」


高鴨穏乃「憧と一緒に山登り」

1 : ◆eBX.lrCXD2 2017/01/01(日) 10:15:56.30 ID:8Dbpf4KGO
九月某日

奈良県山中


穏乃「へーっくち!」

穏乃「うう……」ズズ

憧「なによ、風邪?」

穏乃「うん……昨日から風邪っぽくて、クシャミと鼻水が……」

憧「よくそんなんで山登りに誘ったわね」

穏乃「だって家でじっとしてたら余計風邪が悪化するよ」

穏乃「山の中を駆け巡ったほうが、元気になる!」

憧「はいはい」


京太郎「うわぁ。また負けたー!」【咲】

1 : ◆XjQJWeKg6g 2016/11/26(土) 01:09:52.21 ID:82+zI1M50
~清澄高校麻雀部~



京太郎「うぉー。また負けたー!」

久「あら~。それじゃあ京太郎君は買い出しね。」

京太郎「今日こそは行けると思ったのになぁ」

和「いえいえ。たしかに強くなっていますよ。春先に比べれば十分実力はあがっています」

咲「う、うん。京ちゃん、読みも鋭くなってるし凄いよ!」

京太郎「そ、そうか? 二人が言ってくれるなら自信になるな!」

久「でも、負けは負けよ。私、コーヒー!」

和「すみません。須賀君、私は紅茶でお願いします」

咲「私はついていくよ。京ちゃんに悪いしね」


京太郎「ムロもコーヒー?」 ムロ「はい」

1 : ◆pyIN0e.HV2 2016/11/14(月) 23:02:18.25 ID:zlzmYRtko
咲-saki-のSSです

ムロたんイェイ~♪
でも内容は誕生日と関係ないよう


2 : ◆pyIN0e.HV2 2016/11/14(月) 23:04:43.06 ID:zlzmYRtko
清澄高校 麻雀部部室


優希「ふわぁぁ……」

咲「おっきいあくび」

和「ゆーき、シャキッとしてください」

優希「あうぅ、今日は天気で過ごしやすくて、眠気マックスなんだじぇ……」

咲「そうだねぇ」


京太郎「それにしても、最近ますますグータラじゃないか?」

優希「んー、主要な公式大会もひととおり終わったし、今の私はまったりモードなんだ」グデー

咲「このあとって春季大会くらいだから、ずいぶん先だもんね」

京太郎「モチベーションが保たないってことか」

優希「そゆことだじぇ」


和「それとこれと、ダラけるのは話が違います。そんな調子では後輩に示しがつきませんよ」

優希「へーい」

咲「あ、今日来るんだっけ」

和「はい。マホちゃんの方は麻雀教室があるようですが」


コンコン

京太郎「おっ、噂をすれば」

  「失礼します」


慕「アイドルになりたい!」耕介「へ?」【咲-Saki-/シノハユ】

1 : ◆FYW.3i5lks 2016/11/03(木) 22:16:10.02 ID:TLhaUFhh0
慕「って言ったらどうする?」

耕介「うーん……慕が本気でやりたいなら応援するよ」

慕「そっか」

耕介「……なりたいの?」

慕「え?」

耕介「アイドル」

慕「いや、そういうわけじゃないんだけど……」

耕介「そうなの? 慕のかわいさなら全然なれると思うけどなあ」

慕「ふぇ!? な、な……っもう! なに言ってるのおじさん、そんな簡単になれるものじゃないでしょ! はやりちゃんだってアイドル活動するのにすっごく努力してるんだから!」

耕介「う、うん、ごめん……俺が悪いの?」

慕「はやりちゃんってさ……」

耕介「うん?」

慕「すごいんだよね、本当に」

耕介「うん」

慕「ダンス習ってるし、ピアノもひけるし、勉強できるし、菓子作れるし……」

耕介「慕だってお菓子作れるだろ?」

慕「うん、まあ……でもはやりちゃんの方が全然上手!」

耕介「そうなんだ……慕より上って相当……あ、家がケーキ屋さんだもんな、はやりちゃん」


末原「コレデイイノダコレデイイノダ」洋榎「ホンマにそれでいいんか?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 14:04:51.07 ID:45uzxe1d0
   全国大会会場にて

恒子『試合!終!了っ!全国大会2回戦がいま終わりましたァァァァ!!』

咲「お疲れ様です」ペッコリーン !

末原「ハァ……」

霞「ふぅ肩が重いわ……」

健夜『そりゃあんなおっきなおっぱい持ってるんだから肩もこるよ……』

恒子『小鍛冶プロも年がら年中肩こり状態じゃないですか!』

健夜『私のはただの加齢……ってなに言わせるのこーこちゃん?!』

恒子『俗に言う百球肩ってやつですか?!』

健夜『それを言うなら四十肩でしょもう……』

恒子『え!小鍛冶プロは五十肩では?』

健夜『……ハァどっと疲れが……』

姉帯「うううひぐひぐ……」ポロポロ

咲「また今度一緒に麻雀やろうね!」グッ!

姉帯「うんいいよ……」グジュグジュ

霞「そうね~」ウフフ

末原「そうですね……」

咲「それでは末原さんまた準決勝でよろしくお願いします」ペコーン

末原「それじゃまた……」トボトボ

霞「しゃらんら~♪」


咲「ばかっぷる!」恭子「恭咲やで~!」

1 : ◆NJyA63Tn/w 2016/02/09(火) 00:31:28.76 ID:1O/Lkkq70
らぶらぶ恭咲スレ。
付き合ってたり、付き合ってなかったり。
気が向いたら投下。


2 : ◆NJyA63Tn/w 2016/02/09(火) 00:34:05.38 ID:1O/Lkkq70
【末原さんのここが好き】

洋榎「宮永は恭子のどんな所が好きなんや?」

咲「えっ?え、ええと…///」モジモジ

咲「そのぅ…///」モジモジ


咲「た、沢山ありすぎて…とても言葉では言い表せません…(*ノノ)」



恭子(よし、娶ろう)

カンッ!


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ