Powered By 画RSS


折木「理想のカップル像……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:32:55.22 ID:+kbwhemx0
折木「………すまん」

える「グスッ…許しません」ギュッ

折木「今度作ってやるから、プリンくらい」

える「………」グスッ

折木「許してくれるか?」

える「カラメルたっぷりじゃないと許しません……グスッ」ギューッ


千反田える「折木さんが…転校…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 19:33:11.91 ID:8ZR5eYdIO
里志「奉太郎、それ本当なのかい?」

奉太郎「……ああ父さんの転勤でな。オレも昨日きかされた…」

まやか「うそ…」

奉太郎「オレは嘘はつかない」

える「…」


折木「千反田の生理周期を記録してみた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 00:19:31.25 ID:0s5+Fh0k0
える「……」

折木「(この本前に読んだなぁ)」ペラ

える「……」ガタッ

スタスタ

折木「おい」

える「はい。なんでしょう?」

折木「どこ行くんだ?」

える「あ、ちょっとお手洗いに」

折木「そうか」


奉太郎「…なあ、える」 える「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 05:34:32.75 ID:7Iy35H5l0
える「お、折木さん」

奉太郎「その経営的戦略眼についてだが、俺が修めるというのはどうだろう?」

える「どうして急に下の名前……え?」

奉太郎「……」

える「折木さん、それって…その」

奉太郎「結婚しよう、える」

える「」


える「ほうたる一週間」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 18:02:24.08 ID:hChONe6B0
える「最近折木さんが部活に来ません」

える(文化祭も終わりましたし、活動内容が内容なので強制はできませんが……)

える(そういえば部活の外で折木さんとお話したことはあまりありませんね)

える(部活に来ないときは何をなさって……)

「えっさ、ほいさ」ザックザック

える「………?」

える「グラウンドの方から聞き覚えのある声が……」

折木「えっさ、ほいさ」ザックザック

える(って折木さん!?一体何を……)


十文字かほ「ようこそ、占い研究会へ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 22:57:48.85 ID:a3rm8g1c0

十文字「これで……よしっと」ゴトン

HRが終了すると、私はすぐに自分の机を廊下に出した。
机の前には、

  「占い・相談 一件20分」

というはり紙をさげてある。
伊達や酔狂でこんなものを掲げているわけじゃない。
これが私の『部活』だ。

「あのー……」

十文字「はい?」


折木「お別れだ、えるたそ」 える「…はい?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:03:27.52 ID:urizO3j+0
える「える…たそ? …お別れ?」

折木「そうだ。 今週いっぱいで俺は古典部を去る」

える「あの、折木さん? えるたそって…。 いえ、お別れというのは…?」

折木「さらばだ、千反田」

える「…え?」


ホータロー「最近の千反田が、はしたないように思える」

1 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/09/09(日) 22:36:13.42 ID:RcPhbi+P0
ホータロー「それが多少、気にかる所もある。面倒臭いが、それとなく注意してやるか」

ホータロー「おい、そこなる千反田」

千反田「はい、なんでしょうか、折木さん」

ホータロー「あのだな、最近のお前についてなんだが」

千反田「何かわたしがしましたでしょうか?」

ホータロー「そのな、最近のお前が、少々はしたなく思えるのだが」


える「折木さん!私、気になr…」折木「(チュッ)」える「!?///」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:19:20.13 ID:aX2v3vmJ0
(チュッ)

折木「…しまった…千反田の唇を塞ぐためについキスしてしまった…」

える「///」












みたいなの下さい


摩耶花「折木と二人で肝試しなんて冗談じゃないわよ。」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 07:49:06.80 ID:JPkNrTbH0
える「肝試しなんて初めてです。楽しみですね摩耶花さんっ!」

摩耶花「ちーちゃんは怖いものなさそうよね。

  昨日の首吊りの影も怖がってなかったし。」

える「そんなことありません。わたしにだって怖いものはあります。

  映画のスクリームやアナコンダは幼い時に見てとても怖かったんですよ。」

摩耶花「また、懐かしい洋物ホラーね。」アハハ


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ