Powered By 画RSS


五十鈴華「流されることのない、わたくしの汚穢」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 18:37:50.08 ID:uefm+U0co
今日の朝食は、白いご飯を三杯、お味噌汁、焼き魚、お漬物、うどん一杯でした。

六時から戦車道の練習もあるので、朝はいつも控えめにしています。
もし戦車に乗っているときに、体調を崩してしまったら大変ですので、朝食はいつも少なく済ませます。

練習を終えたあとはすぐに始業のチャイムが鳴ってしまいます。
朝食が少ない所為もあり、恥ずかしながら授業中にお腹の虫が鳴いてしまうことが多々あります。

五十鈴家の長女として、また戦車道を嗜む乙女として、そのような醜態を晒すわけにはいきません。
お腹が騒がないようにグラウンドから教室へ行く間に、しっかりとおにぎりを3個ほど食します。

「華さんって、本当に健啖家だよね」

そんなことをみほさんが言いました。

「むしろみなさんは食べなくてもいいのですか?」

当然の疑問を投げかけてみたところ、沙織さんや優花里さんは驚いている様子でした。
みほさんはその端正な顔に戸惑いの色を浮かべ、

「朝食をちゃんと食べてるから、平気かな」

と、間食など不要だと言い切りました。

なるほど。長年、戦車道を歩んでいるみほさんは、必要な食事量を見極めているということですか。

「そもそも朝からそんなに食べられないだろ」

冷泉さんは本当に食べていなさそうで、心配になりますわ。


桂利奈「外が寒いなら戦車の中で焼き芋すればいいんだよ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 22:39:04.44 ID:9pUBJDMS0
あゆみ「その手があったか!」
優季「桂利奈ちゃんあったまいい~~」
あや「じゃあさっそくたき木と落ち葉、集めようか」

紗希「…………」


【ガルパン】あゆみ「梓の性癖をどうにかしたい」

1 : ◆45SR4r0flud5 2017/02/14(火) 21:59:22.82 ID:MilwiCaHO
あや「どうにかって.....」

優季「どうするのぉ?」

梓「すん....すんすん.....クンカクンカ」

あや「もうなんかマタタビ嗅いだ猫みたいになってるけど.....」

あゆみ「その、せめて好きな人を想ういたいけな女の子くらいにまで戻せればなぁって」

優季「匂い嗅ぐのは否定しないんだぁ」

桂利奈「でも楽しそう」

紗希「.....(フルフル)」無言で首を振る


【ガルパン】沙織「あんこうチームと意思疎通できない」

1 : ◆qR6TCtkvbo 2017/02/08(水) 22:14:01.29 ID:ogjWbO8B0
みほ「麻子さん」

麻子「わかった」ホイ

優花里「五十鈴殿」

華「どうも。あ、みほさん」

みほ「ありがとう!」ハイッ

沙織「…………」


【ガルパン】まほ「風評被害者の会」

1 : ◆45SR4r0flud5 2017/02/07(火) 23:37:24.08 ID:tvGqk2y/O
まほ「本日集まってもらったのは他でもない。我々に関する噂についてだ」

ノンナ「......」

梓「......」

エリカ「......」

ダージリン「......」

アリサ「......」

まほ「各々の噂について意見を出し合い、不当な評価を覆さねばならない」


【ガルパン】麻子「沙織がモテない理由が分かった」

1 : ◆45SR4r0flud5 2017/02/03(金) 21:30:54.06 ID:eZUXO6uBO
沙織「なんなの突然?」

華「沙織さんがおモテにならない理由、ですか」

みほ「でも確かに沙織さんがモテないのってすごく不思議かも」

優花里「ですよね。わたしが男性だったら絶対に放っておきませんよ」

沙織「も、もう二人とも////」

華「一応お聞きしますが、周りに男性がいないから、というわけではありませんよね?」

麻子「もちろんだ」

沙織「じゃあさ、麻子はどうしてわたしがモテないって思うわけ?」


冷泉麻子「しかけるポイントは…次の五連続ヘアピン」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 02:04:01.17 ID:8z9rA2Ri0
冷泉とうふ店

おばあ「こら!麻子!配達の時間だよ!」

麻子「うぅ…眠い」

おばあ「もうとうふは積んであるからさっさと行ってきな!はい紙コップ」

麻子「なんかいつもより水多くないか?」

おばあ「気のせいだよ、とっとと行ってきな」

麻子「わかった、行ってくる」

秋名峠

みほ「ここが次に交流戦をする所かぁ」

みほ「熱くなれるようなドライバーがいるといいんだけど」

麻子「眠いから速く帰ろ…」

みほ「なに…いまの86…」

みほ「これなら熱くなれるかも…」


【ガルパン】 紗希「…梓…涙」 梓「…紗希…涙」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/27(金) 00:49:44.44 ID:IMwBNu+gO
キャラ崩壊注意
紗希ちゃん普通にしゃべってます。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/27(金) 00:53:33.99 ID:IMwBNu+gO
3
梓 『いつからだろう…』

『紗希は極端に口数が少ない、そのうえぼんやりとした見た目から頼りない印象を与えがちだ、でも他の装填手と比べて決して技術が劣るものではなかった。』

『無駄のない動き、確実な装填は砲手との間合いを狂わせることはない。それは車長として頼もしい心の支えだった。』

『なにより支えとなったのは紗希は一度も愚痴をこぼしたことがない。戦車の中が「暑い」「寒い」「うるさい」「狭い」こんなことは日常会話の中だったが紗希からは一言も聞いたことがない。』

『試合や練習で早々と撃破されてしまった時は「何やってんのよ!」とメンバー全員に怒鳴られたが、紗希は違った。心配そうな目で私を見たあと、優しくそっと微笑んでくれた。』

『目が合えばいつも優しく微笑んでくれる。』

『試合前、その笑顔は緊張で潰されそうな私をいつも救ってくれた。何度その笑顔に救われたことか?』


澤梓「隊長を『お母さん』と呼んでしまった」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 20:25:37.33 ID:SlAC4Vz/0
~大洗女子学園の場合~


みほ「それでは今日の練習を終了します。お疲れ様でした」

大洗勢一同「「お疲れ様でした!」」

優花里「いや~白熱した紅白戦でしたね」

華「ええ。張り切りすぎたせいか少々お腹が空いてしまいました」

沙織「じゃあこれからみんなでアイスでも食べに行く?」

麻子「行くぞ(即答)」スタスタ

みほ「麻子さん、急がなくてもアイスは逃げないよ」ニコニコ

梓「あの……すみません、お母さん――あっ」

みほ「あれ、澤さん?」

優季「あー梓ったら西住隊長のことお母さんって呼んでる~」

桂利奈「お子ちゃまだな~」

梓「も、もう~みんな茶化さないでよ!」

みほ「えっと……澤さん、何か私に用事かな?」

梓「あ、はい。さっきの紅白戦のことでいくつか質問したいことがあって……お時間いただけますか?」

みほ「うん、大丈夫だよ。着替えが済んだら中庭で待っててね」


【ガルパン】沙織「みぽりん生活力特設改善対策本部」

1 : ◆qR6TCtkvbo 2017/01/21(土) 00:33:24.88 ID:5GDzeeN50
麻子「休みの日なのに一体何の用だ、沙織」

華「今朝急にラインで言われて沙織さんの家に集合したのはいいんですが……」

優花里「西住殿がいませんね。遅刻でしょうか?」

沙織「みぽりんはこないよ」

優花里「へ?」

沙織「みんな、これより『みぽりん生活力特設改善対策本部』の会合を始めます!」

麻子「長い」

華「沙織さんのやることですから」

優花里「っていうか何ですか? その会議は」

沙織「実はね、この間のお休みの日、こんなことがあったの……」

~~~回想~~~


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ