Powered By 画RSS


【ガルパン】梓「駐車場○○○!バレー部と化した先輩!」

1 : ◆iful0qPIDo 2017/01/20(金) 20:47:24.35 ID:fGApQ54Ro


前作の続きになりますが。別に読まなくてもなんとかなります。
ウサギさんチームがゆるいガールズトークを繰り広げるだけのお話です。



【ガルパン】梓「戦車道関係者で、くっ殺が一番似合うのは誰だろう」


西住みほ「優花里さんに首輪をつけてもらったら大変なことになりました」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/17(火) 19:40:14.28 ID:uVTtUoYmo
私はとても後悔しました。

事の始まりは大学選抜チームに勝利した記念で行われた祝賀会。
祝賀会と言いながらも実際は愛里寿ちゃんを交えた戦車道選手たちの懇親会でした。

その中でケイさん発案の『プレゼント交換タイム』なるイベントが始まり、みんなが持ち寄った贈り物を交換しました。

大洗でしか使えない食券10枚だったり、干し芋三日分だったり、結婚情報誌だったり、プラモデルの江戸城だったり。
全部個性溢れるものであり、みんなは一喜一憂して盛り上がりを見せました。

私は運よく愛里寿ちゃんがもってきてくれた、ボコの期間限定ぬいぐるみを手に入れることができました。
嬉しさのあまり、思わず愛里寿ちゃんの手を強く握ってしまったほどです。
愛里寿ちゃんがかなり驚いていたので、反省しないと。

自分の幸運に浸っているとき、優花里さんが近づいてきたのです。

「西住殿、見てください。ナオミ殿のプレゼントが当たりました」

優花里さんは笑顔でそれを見せてくれました。

それは紛れもなく首輪。
何故、プレゼントに首輪なのか疑問でしたが、他にも奇抜なものはあったし、特段首輪がおかしなものであるという意識はありませんでした。

「いいでしょ、それ。それを付けるだけでワイルドになれるわ」

後にナオミさんがそう説明してくれたのですが、そんなことにはなりませんでした。

このとき私がもっと首輪に対して疑念を抱いていれば、あんなことにはならなかったはずなのに。


【ガルパン】痛快なりゆきSS 風雲!タカシ城

1 : ◆u4BqTnPhoo 2016/12/10(土) 22:41:15.92 ID:UxMgvjBe0
よろしくお願いしマウス


2 : ◆u4BqTnPhoo 2016/12/10(土) 22:43:23.58 ID:UxMgvjBe0

アリサ「ね、ねぇ…タカシ、放課後はどーする?」

タカシ「特に考えてないな」

アリサ「だったら、どっかでお茶でもしていかない…?」

タカシ「お、いいな」

アリサ「やった!!」


???「…タカシさんですね?」

???「探しましたよ…」


  ガシッ!!


タカシ「お、おい!!なんだアンタ達は!? は、離せ!!」


  ブロロロ…


アリサ「ちょっと!アンタ達なんなのよ!! た、タカシ!!タカシィーッ!!」




【ガルパン】梓「戦車道関係者で、くっ殺が一番似合うのは誰だろう」

1 : ◆iful0qPIDo 2017/01/08(日) 16:33:04.22 ID:N8PtS3Yho


あゆみ 「逸見エリカ。」

優季 「逸見エリカさん。」

あや 「逸見さん。」

桂利奈 「黒森峰のアレ!」

紗希 「… … …。」



梓 「ノータイムかつ、満場一致か…。」

梓 「まぁ、そうだよね。誰だってそう思う、私だってそう思う。」


【ガルパン】ウサギさんチームはご機嫌ななめ

1 : ◆ag9TZfREZs 2017/01/04(水) 21:21:37.92 ID:h/LDEzna0
キャラ崩壊注意



紗希(`ヘ´)





桂利奈「紗希ちゃんがご機嫌ななめになってる!」


カチューシャ「首輪」

1 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/09/05(月) 22:05:26.65 ID:SWgrar1N0
カチューシャ「ノンナ、このC地点からの移動をどうするつもりなのよ」

ノンナ「同志カチューシャ、こちらにその行程表が」

あたしとノンナはいつもの部屋で作戦会議をしていた。あたしたちはこの会議を一年の時から欠かしたことがない。カチューシャにかかればこんなものしなくたって勝てるんだけど、ノンナが不安そうにしているから仕方なく付き合ってあげている。本当よ!嘘じゃないわ。

部屋はこじんまりとして、他の部員が誰も使わない。一時期倉庫として使われたこともあったが、それも手狭になり、荷物を全部別館の資料室に移動させてからは、空き部屋になっていた。有り難くあたしとノンナの私物として使わせてもらっている。

ノンナ「カチューシャ、そろそろいい時間帯なのですが……」

カチューシャ「あら、そうね。じゃあ今日はここまでにしときましょうか」

ノンナ「Уразуметно」

なんといったかはわからないけれど、片付け始めたのだから了承したに違いない。ロシア語はその気になればすぐにわかる。これも本当よ。でもノンナがあたしに「あなたには無理です」なんて妙にきっぱり言い切るし、意固地になって発音の練習をしてたらノンナから鼻で笑われたわ!本当、失礼しちゃう。なにかあたしがロシア語が分かるようになったら不利益になるのかしら。要検証ね。

ノンナ「同志カチューシャ、片付けが済みましたよ」

いつの間にか部屋を来た時のようにきれいにしたノンナが声をかけてきた。

カチューシャ「ありがとうノンナ、じゃあ行きましょうか」

ノンナ「………」

あたしはドアへと向かう。

ノンナ「………」

ノンナは動かない。

カチューシャ「……ノンナ」

ノンナ「カチューシャ……様」

カチューシャ「……はぁ」

あたしはため息をつく。全く、しょうがない子である。毎日毎日こんなことをしていたらこの寒々とした空気に蝕まれてしまう。まあノンナがそうなることはないとわかっているのだが。

カチューシャ「……ノンナ、伏せ」

ノンナ「わん♪」

ノンナはその場に勢いよく伏せた。そう、犬のように。


【ガルパン】ダージリン「ペコの様子が変なの」まほ「エリカの様子が変なんだ」

1 : ◆3hqm7P36Pw 2016/12/26(月) 22:53:10.97 ID:rQlp64zxo
ダージリン「皆様ごきげんよう。聖グロリアーナ女学院、ダージリンですわ」

オレンジペコ「同じく、オレンジペコです」

ダージリン「ペコ、こんな格言を知っていて?」

オレンジペコ「知りません」

ダージリン「えっ」

オレンジペコ「それでは、さようなら」

ダージリン「お待ちなさいペコ」

オレンジペコ「はい?」


【ガルパン】劇場版 両津&パンツァー【こち亀】

1 : ◆lyVZnfAvJs 2016/12/11(日) 22:08:02.37 ID:0IIZSR100
・こち亀とガルパンのクロスSSで、

公式コラボSS『VSこち亀』の『両津&パンツァー』の続編と言う位置づけですが、

『両津&パンツァー』を読んでいなくても、両津とみほ達が既に知り合い程度と思っていただければ大丈夫です。

・こち亀側は、アニメと原作漫画の設定が混在しています。

・両津以外にも、ガルパンのキャラとこち亀のキャラが知り合いだったりすると言う様な独自設定があります。

・基本的にはギャグですが、こち亀の人情回の様な話になります。

・作者はSS速報への書き込みは初めてです。

至らぬ点等はどんどん指摘して下さい。


【ガルパン】優花里「西住殿とお付き合いするためにはどうすればよいでしょうか?」

1 : ◆45SR4r0flud5 2016/12/16(金) 11:40:15.82 ID:/fKqG/1JO
沙織「告白すればいいと思うよ」

優花里「それができないから藁にもすがる思いで武部殿に相談してるんじゃないですかぁ」

沙織「そっかぁ、藁にもすがる思いできちゃったかぁ」

麻子「安心しろ。沙織は女の子同士の恋愛では右に出る者がいないほどのスペシャリストだ」

沙織「うん、女の子同士に限定しちゃうんだね」

優花里「それで、なにか妙案があればと」

沙織「うーん、告白しちゃうのが手っ取り早いんだけどなぁ」


【ガルパン】鈴「軍神いいよね」しずか「いい…」

1 : ◆iful0qPIDo 2016/12/16(金) 21:03:40.81 ID:fboJ4Y88o

~ 鶴姫家 戦車倉庫 ~




しずか 「嗚呼… まさに、夢のような日々であった。」

鈴 「奉納試合で大洗のアヒルさんチームと戦って。自動車部の皆さんにもご挨拶できて。」

鈴 「その後はエキシビジョンマッチの観戦と、選抜戦もあったりで。いやぁ… もう、最高!」

はるか 「アヒルチームの動きはすごかったねー。常識外れというか、変態的というか…。」

はるか 「私は観戦していただけだけど、実際に戦った身としてはどうよ?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ