Powered By 画RSS


【ジョジョ】SOX:必要なし

1 : ◆LYNKFR8PTk 2017/04/20(木) 00:24:57.49 ID:Ihlx6sBk0
ワムウ「カーズ様……本日はリサリサとのデートですが……オシャレはどのように?」

カーズ「不要だ」

ワムウ「不要……?」

カーズ「そうだ、究極生命体となれば……オシャレなどしなくても良い」

カーズ「故に……こんな服などいらん!!」

ビリビリビリビリ!!

ワムウ「!!!」

カーズ「ソックスもいらん!!」

ビリビリビリビリ!!

カーズ「彼女のハートを射止めればよかろうなのだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


承太郎「なんだてめえは.....」 俺「フフフフフ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/30(金) 11:43:54.766 ID:x+hwZ5UD0.net
アブドゥル「気をつける承太郎!新手のスタンド使いかもしれん!」

ポルナレフ「怪しい野郎だ.......俺らになんのようだよ」

俺「ククク......スタンド使い......その通りだ」

一同「!!!!!」

俺「おれのスタンド能力は>>5さ........」

花京院「>>5だと!?」


花京院「レロレロ//」 承太郎「いいぜ花京院//」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/16(金) 21:31:34 ID:tXNwuiXI
花京院「あ……やめ……やめてくれ……」

承太郎「オラッ、もっと奥まで咥えろ」ズプン

花京院「んぐぅ//」

承太郎「あーたまんねーな、すぐイッちまいそうだぜ」ズコズコ

花京院「んぼほぉぉっっ//」ジュポッジュポッ





ポルナレフ「」


DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 01:41:27.54 ID:Wa/f+mAao
DIO「『ザ・ワールド』ッ! 時計よ、止まれッ!」

ピタッ

DIO「フハハハハッ! 止まったぞッ!」

エンヤ婆「さすがですじゃ! DIO様こそ世界を支配するお方ですじゃ~~~~~!」

DIO「……って」


乙雅三「もしも『チープ・トリック』とうまく共存できていたら」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 20:31:18.46 ID:FnjdjSFpo
乙雅三を本にした露伴。

露伴「ふむふむ……こいつの名は『乙雅三』」

露伴「電話したヤツに間違いないようだな」

露伴「――ん!?」


「近頃、背中に変なヤツがとりついた。『チープ・トリック』と名乗っている」


露伴「こ、こいつッ! まさか……スタンド使いかッ!」


吉岡「サザエさんみてーな髪型の高校生に携帯電話パクられて10億の取引パーになった」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/20(木) 20:21:08.98 ID:9w8SWOc1o
私の名は吉岡という。



M県S市杜王町に暮らすしがない会社員である。

いや……正確には会社員だった。


サマーシーズン到来おじさん「サマーシーズン到来!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:47:03.06 ID:otYw7LxNo
毎年杜王町では7月1日に「海開き」「川開き」が行われ、
町の観光収入の約7割がこれからの2ヶ月に集中します。

おもに首都圏方面やS市からどっとやってきて、人口も2倍以上に増えます。

「別荘での避暑」「ゴルフ」「キャンプ」「フィッシング」「ヨット」「ウィンドサーフィン」
「海の幸や実り豊かな農作物を使った夕食」

この時期のこの町にはお楽しみがいっぱいです。

そう……『お楽しみがいっぱい』……。


あのおじさんにとってもきっと『お楽しみがいっぱい』……。





サマーシーズン到来おじさん「サマーシーズン到来!」


ディオ「君はジョナサン・ジョースターだね?」

1 : ◆6JqffuHJDQ 2016/10/03(月) 05:33:03.08 ID:VMTKpo2M0
ダリオ『ディオッ! おれが死んだらジョースター家に行けッ』

ダリオ『おまえは、頭がいいッ! 誰にも負けねえ一番の金持ちになれよッ』クワッ



ディオ(醜く、ズル賢こく、あげく母に苦労をかけさせて死なせた最低の父親だった)

ディオ(一番の金持ちになれだって?)

ディオ(ふさけるな! ぼくが求めているものはそんなものではない!)

ディオ(あなたの『遺産』は受け取ろう)

ディオ(だが、思いどおりには決してならない……)

ディオ(どんな未来が待ち受けていようと、ぼくは気高く生きてやる!)

ディオ(ジョースターの家に迷惑をかけないよう、誰よりも立派な紳士になるッ!)

ディオ「さようなら、父さん…………」

ゴオォ―――ッ


同僚「やめとけ!やめとけ!キラークイーンじゃあオレには勝てないぞ」【ジョジョss】

1 : ◆7KR.e180t. 2016/09/23(金) 17:30:48.28 ID:PvGf1gJzO
同僚「やめとけ!やめとけ!あいつは付き合いが悪いんだ」

女子「…………………」

同僚「『どこかに行こうぜ』って誘っても楽しいんだか楽しくないんだか…」

同僚「“吉良吉影”33歳独身」

同僚「仕事はまじめでそつなくこなすが今ひとつ情熱のない男…なんかエリートっぽい気品ただよう顔と物腰をしているため女子社員にはもてるが会社からは配達とか使いっ走りばかりさせられてるんだぜ」

女子「………………」

女子「なんでそんなに詳しいんですか…?」

同僚「あいつとは同期だからな。何だって知ってるさ」

女子「そ…そうなんですか………」

これは…仮にあったかもしれない別世界のお話である


重ちーにボールぶつけた女子「やっぱり保健室に連れて行った方がいいよね、あの子。」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 02:57:18.65 ID:aMSYxyxl0
女子A「えぇ~、ほっとこうよ!なんか変な髪型だしさ!」


ボール女子「でもあの子...血を流してたのよ?それに顔もおかしくなってたし...」


女子B「そういえばさっきの子、仗助のとこに行こうとしてたわよね。知り合いなんじゃない?」


ボール女子「じゃあ仗助を呼んでくればいっか。」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ