Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミリマスSS】高槻やよい「おやすみなさい」

1 : ◆uYNNmHkuwIgM 2017/09/15(金) 00:05:00.71 ID:cigRqor+0

ミリP「へ?お泊まり会?」

やよい「はい!来週なんですけど、お父さんもお母さんもお仕事で帰れなくって、それでお泊まり会をしようって思って」

やよい「次のライブはユニットだから、みんなともーっと仲良くなりたいですし、それに、あの...」

ミリP「あの...?」

やよい「やっぱり、家族がいないとさみしいから...」

ミリP (ズキュゥゥゥゥゥゥンンンン!!

ミリP (天使や...目の前に天使がおるでぇ...)

やよい「あの?プロデューサー?おーい!プロデューサー!」

ミリP「あぁ、すまん。あまりの尊さに気を失ってた」

やよい「とうとさ?うーん、よくわからないですけど、身体は大事にしてくださいね!」(ニッコリ

ミリP (ズキュウウウウウウウウウン

やよい「あれ?プロデューサー?プロデューサー?本当に大丈夫ですかー?」


ミリP「これから百合子腹と呼ぶ!」百合子「後生ですから止してください!」

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/09/13(水) 18:42:54.36 ID:+o3eGOCj0
===
N『ある日の、765プロ事務所』

プルルルルル……。

小鳥「あっ、プロデューサーさん。"いつものトコ"からお電話です」

P「あいあい、ありがとうございます小鳥さん」ガチャ

P「はい、こちらニコニコ765プロ! 只今お電話変わりまして――」

小鳥「……ふっ、始まりましたよ律子さん」ニヤリ

律子「えぇ。分かってますとも小鳥さん」ニヤニヤ

美咲「?」

P「うん。はいはい。あー、えー、それはまた、なんですねぇ……」

P「ええ、それはそれは……てっめー! ざけんなこの野郎っ!」

美咲「!?」ビクッ!!

律子「きたっ!」

小鳥「始まった!」


星梨花「あなたのいちばんに」【ミリマス】

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/06(水) 23:19:30.85 ID:BRmAnK330
さて問題です。

未来さんの1番のお友だちと言えば誰でしょう?

おそらく静香さんの名前が頭に浮かんだのではないでしょうか?

じゃあ……わたしの1番のお友だちとはいえば誰でしょう?

静香さん? エミリーちゃん? それとも……?


【ミリマス】春香「ある日の面倒な千早ちゃん」

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/09/12(火) 06:28:36.79 ID:UqQkvsyl0
※都合、ミリマスメンバーは名前ぐらいしか出て来ません。
===
例えばだ。

天海春香のようにそこそこ売れて来たアイドルは、
やはりそこそこ忙しい仕事の日々を送っている。

が、それでも四六時中予定に追いかけられてるワケじゃない。

ちょっと彼女のスケジュール帳を覗いてみれば分かる通り、
仕事やレッスンの合間にはそれなりに隙間の時間がある。

つまりは今、使い込まれた事務所の談話用ソファに腰かけて、
開封したばかりのチョコ菓子をポリポリ齧りながらファッション雑誌に目を通す。

そんな自由な時間がそこ売れの春香にはあったワケだ。

「はー、仕事の合間のお菓子タイム。最高っ!」

この束の間の休憩時間をしみじみと、文字通りチョコの甘みを味わいながら春香が呟く。

時間にしておよそ二十分程度の休みだが、
今の彼女にはその一分が二倍にも三倍にも感じることが出来ていた。

……とはいえ、それもこの憩いの時を脅かす、
騒々しい乱入者がこの場に現れるまでだったが。


静香「帰りにうどん食べてくわ」【ミリマス】

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/09(水) 11:49:17.42 ID:D58nrX3pO
P(帰りの車内、助手席に座ってる黒髪美人は俺の担当アイドル、最上静香)

P(静香も俺も今日の仕事はこれで終わり、せっかくだし静香を家まで送り届けてる最中だ)

P(車で送るなんて言ったら静香は断るかと思ったんだが、意外とすんなり了承してくれた)

P(で、その静香は何も喋らず窓の外をただぼうっと眺めてるんだが…… 何を考えているんだろうな、仕事のことか?)

P(今日の静香の仕事は、某有名音楽番組のネクストブレークス枠を賭けたオーディション)

P(静香のようなアイドルだけでなく、新進気鋭のバンドや、ダンスパフォーマーなど個性豊かな面々の中で静香はたった2枠しか無い出演枠を勝ち取った)

P(おそらく静香も今日の結果に満足しているだろう、労ってやるか)


P「篠宮可憐を食べたい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:30:19.71 ID:raXaMFpN0
※エログロはないつもりです。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:31:09.77 ID:raXaMFpN0

事務所

ガチャ

可憐「こ、こんにちは……」

P「お、来てくれたか」

小鳥「あ、もしかしてプロデューサーさんが話してた新しい子ですか?」

P「ええ、今日からアイドルの…… はい、自己紹介して」

可憐「あ、あの。し、篠宮可憐、です……」


星梨花「プロデューサーさんと夜のお散歩」【ミリマス】

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/08(金) 22:39:19.01 ID:e6wKF1F40
「プロデューサーさん、プロデューサーさん」

控えめに体を揺すられ目を覚ます。

目を開けると向かい席に座って俺を下からのぞき込こむように見つめる星梨花の姿があった。

星梨花、箱崎星梨花。

765プロが誇る箱入り娘アイドルであり、天衣無縫を体現したかのような性格と見た目に思わずクラリとくるようなファンも少なくないという。

小動物的仕草とそのクリッとした瞳に思わず動揺させられながらも、そのことを悟られないよう装いながら返事をする。


伊吹翼「あれ~?ミキ先輩死んじゃったんですか~?」

1 : ◆5Zs67o7uls 2017/07/30(日) 21:23:18.84 ID:y0sdMJjvO
「あれ~?ミキ先輩死んじゃったんですか~?」から始まるみきつばです


星梨花「エミリーちゃんとハンバーガーショップ」【ミリマス】

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/04(月) 22:16:29.41 ID:v069oPHR0
エミリー「日本の夏は、とても蒸し暑いですが……こうして扇子で扇ぐと、少し和らぎますよ。ジュニオールさんも、ぱたぱたぱた~っ」

星梨花「ありがとうございます、エミリーちゃん。ジュニオールもとても気持ちよさそうです」

エミリー「それはなによりです。とても風流な、夏の過ごし方ですね」

星梨花「えへへ、そうですね」


【ミリマス】ミリP「星梨花のお父さんですか?」

1 : ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 21:59:11.26 ID:e3dNHs5z0

ミリP(以下、P) 「それって、確か箱崎財閥の……」

高木社長(以下、社長) 「その通りだ。彼が今日キミと話がしたいという事でね」

P 「話ですか……星梨花のプロデュース方針についてかな」

社長 「キミ、予定は大丈夫なのかね?」

P 「はい、今日の営業は午前だけの予定ですし……終わった後なら迎えると思います」

社長 「そうか!それなら、彼にはそう伝えておこう」

P 「そういう事なら、星梨花のプロデュース資料も色々持っていこうかな……」

P 「音無さん、最近の活動の成果まとめてもらっても良いですか?」

音無小鳥(以下、小鳥) 「はい!お任せください!」

P 「……それにしても、急に呼び出しなんて珍しいな。何があったんだろう」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。