Powered By 画RSS


【ミリマス】可憐「タバコの香り」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 03:55:17.42 ID:NYTvGBqi0
帽子を被り、マスクをつけて。
髪色はウィッグをして黒に、服は出来るだけ大人っぽく見られるためにスーツを着て。
そしてこの必死の変装が見破られないことを祈りました。
「それならわざわざそんな危険なことしなくても……」と言うかもしれません。
けれどそれでも私は耐え切れなかったんです。あの人の匂いが薄れていくことが、消えていくことが。


恵美「恋人チョコレート」【ミリマス】

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/02/14(火) 19:47:42.51 ID:3lwG6A6F0
恵美「あのさー」

二人きりの部屋、ソファの上でチョコレートを食みながら隣の彼女に何となく語りかける

琴葉「何?」

恵美「琴葉の作ったチョコレート、凄い甘ったるいんだけど」

不意に放たれたアタシの言葉に琴葉は困惑を浮かべる

琴葉「えっ? 自分で味見した時はそんなこと思わなかったけど……」

恵美「んー甘ったるいって言うか…… 少し重い? 琴葉そっくり」

琴葉「私が重い女だって言うの!?」

恵美「にゃはは~」


【ミリマス】志保「カフェ・レイト」

2 : ◆km.GW4AuOk 2017/02/14(火) 13:19:46.44 ID:cJejgutKo
いい店見つけたんだ、と連れられてきたのは喫茶店。
最近は仕事を詰めていたから、たまには休息も必要だろう。

外見は特にこれと言った所のないお店だけど、店内は落ち着いた色合いの調度品で設えられていて印象が良い。
決して広くはない、けれども窮屈さをいっさい感じさせない空間だ。

コートを椅子の背にかけ、メニュー表を見つめる。
すこし悩んで、私はココアを。プロデューサーさんはコーヒーを注文した。


【デレマス】【ミリマス】 Magic Chocolate Saga

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/02/14(火) 00:06:23.48 ID:Vgx6S88l0
・百合短編SSです
・クロスでは無いです
・あんゆり(ミリ)、いくもも(ミリ)、なおかれん(デレ)、まつとも(ミリ)、ゆかゆかり(デレ)の5つです


【ミリマス】モテないプロちゃんの救済技法

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/02/14(火) 06:23:53.79 ID:+rctxQ9x0
===

 まず、一番最初にハッキリさせておかなきゃダメなのが、
 ウチのプロちゃんは圧倒的な非モテ人間だっていうことだ。

 でも、そーゆーことを私が言うと「またまた御冗談を」なんて言っちゃう輩がいるのも事実なんだよね。

 だってプロちゃん、仕事先ではしょっちゅうカワユイ女の子たちに囲まれてるんだもん。
 事情を知らない人から見れば、それはまさにこの世の春か桃源郷。妬まし嫉まし羨ま死刑! ってなものだ。


【ミリマス】恵美「未来が…テクニシャンになってる…!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/08(水) 15:22:08.41 ID:ccft2+mu0
可憐「はぅ…あうぅ…」(ビクンッ…ビクンッ…

恵美「はぁ…はぁ…」(ビクビクッ

莉緒「しゅ…しゅごいわ…」(ガクガク

琴葉「ただいま戻りました…って、え!?何、この状況!?」

恵美「あ…こ、琴葉…」(はぁはぁ…

琴葉「恵美!いったいどうしたの!?なんで何人も事務所で倒れてるの!?しかも、その…アレな表情で、息まで切らして…」

恵美「未来が…」

琴葉「未来が?」

恵美「未来が…テクニシャンになってる…!」

琴葉「は?」


【ミリマス】いっぱい食べる、君が好きっ♪

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/01/23(月) 18:41:30.72 ID:kZN2Dh/P0
===1.

 発覚したのは、麗花の抱擁によってであった。
 
 そも、麗花こと北上麗花という人は、何は無くとも親しい人間にハグをして回る性質を持っていた。

 その勢いや全盛期のダッコちゃん人形の流行りにも負けず劣らず。

 行為自体は親愛表現の一つであると理解もできたが、それでも二十歳になる大人の女性が、
 異性同性問わず事務所内の人間に片っ端から抱き着き回って行く姿というのは、
 一種の危機感さえ感じさせる光景だったと言えるだろう。


【ミリマス】瑞希「冬将軍さんですか」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 05:22:39.20 ID:6SUikWKr0
瑞希「寒いぞ……ぶるぶる」

冬将軍「やあやあ我こそは冬将軍也」

瑞希「冬将軍さんですか」

冬将軍「如何にも。その方は名を何と申す」

瑞希「真壁瑞希と申します」


グリP「茜ちゃんだからセーフ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 23:04:20.65 ID:cXwgjrx50
グリP「……んっ、朝か」

茜「おはようプロちゃん」

グリP「………………え?」

茜「おっ、はよー! ぷ、ろ、ちゃーん!」

グリP「うっ、耳元で叫ばないで茜ちゃん」

茜「プロちゃんの寝顔かわいいね、茜ちゃん惚れ直しちゃったぞ」

グリP「…………なんで?」

茜「にゃ?」

グリP「どうして茜ちゃんが俺の横で寝てるの?」

茜「え、まさか昨日のこと覚えてないの?」

グリP「覚えてないけど。っつーか、茜ちゃん上半身裸、……え、あれ」

茜「プロちゃんも裸じゃん」

グリP「マジっすか?!」ガバッ

茜「ほらね」

グリP「………………」

茜「………………」

グリP「うわあああああああマジじゃあああああああああああああん!」


【ミリマス × ブラウザゲーム】杏奈「ダイナマイト野球…?」P「ああ」

1 : ◆n5M8Km1xeM 2017/01/11(水) 21:57:20.11 ID:x+NwoHqj0
自分が好きなマイナーブラウザゲームを、好きなミリオンアイドル達がやっている妄想を形にしてみたくて立てました

リアルタイムで書いているので遅筆ですが良かったらお付き合いください


2 : ◆n5M8Km1xeM 2017/01/11(水) 22:00:50.18 ID:x+NwoHqj0
P「よっし、これで終わりっ!久々に残業なしで片付いたー!」(カタカタカタ…ターンッ

P「今日はこれで早く帰れるんだよな…でもなぁ…」

ザーーーーーーー

P「なんでこんな日に限って天気予報大外れするのかねぇ…傘ないし、しばらくは出れないなぁ…」

百合子「うーん…面白いけど、やっぱりこれでもないね…」

杏奈「うん…百合子さんとこのゲームやるの、楽しいけど…いつものと似てる…」

P「…ん?二人とも、ただいつも通りそこでゲームしてたわけじゃないのか?難しい顔して」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ