Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「ハーレムエンドを目指す」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 11:09:52.25 ID:T58B3P2T0
ほむら「悲しい事にまどかを救うには私一人の力では足りない・・・・・・」

ほむら「だから他の私を舐めた挙句犬死するお決まりの面子を篭絡し統治下に置いて顎で使う事にするわ」

ほむら「さて、先ずは誰から落とそうかしら・・・・・・」

>>5


トイレの花子さん「はいってまーす」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/24(日) 17:53:59.29 ID:HCCmb7WQ0
花子「暇です……」

花子「夏休みになると誰もこないから……はぁ……」

花子「暑いし……トイレ、蒸すし……」

バッサ……バッサ……

花子「こうしてスカートをバッサバッサしないと耐えられません。パンツ丸見えになってるけど、どうせだれも―――」

ガチャ

少年「……あ」

花子「……あ」

少年「えと」

花子「ノックぐらいしてください!!!」


フェイリス「学校でいじめられてる気がするニャ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:07:05.68 ID:Ks0GdpWd0
フェイリス「今日も屋上でお昼ごはんニャ」ヒョイパク

フェイリス「一人で食べるお昼ごはんって、寂しいニャー…」

フェイリス「でも、休みの日はラボでみんなとご飯食べたりするし、大丈夫ニャ」

フェイリス「大丈夫…」


フェイリス「ぐすん…ご飯がしょっぱいニャー…」


棚町「あんた本当に来たの……」絢辻「もちろん」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:43:47.36 ID:HUSbY2S60
絢辻「せっかくあなたを下僕として扱える券をもらったんだから、使わないと損でしょう?」

棚町「下僕ってあんたねぇ……」

絢辻「あら、なにか間違っていたかしら?」

棚町「あくまでウェイトレスとしてお願いきいてあげるだけなんだから、そこんとこ忘れないでよね」

絢辻「安心しなさい。常識はずれの命令なんてしないから」

棚町「その言葉、驚くほど信用できないんだけど」

絢辻「ちょっと……客に対してその言葉遣いはなに?」

棚町「……申し訳ありませんでした! 以後気をつけます!」

絢辻「そうそう、それでいいのよ」

棚町「お客様、ご注文は……」

絢辻「あ、それとあたしのことはご主人様と呼ぶように」

棚町「……ご主人様、ご注文はお決まりでしょうかっ」

絢辻「ふふ、よろしい」


湯音「これ日本ではぶっかけ、言います」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:13:45.91 ID:X8/cMRaP0
クロード「ぶっかけって、こんな事して何が楽しいんだ?」

湯音「日本の男の人、こうすると、興奮します」

クロード「興奮って……だったら中に出したほうがいいに決まってるだろ」

湯音「日本人、視覚や、聴覚でも、感じることできます」

クロード「何でそんな周りくどいことを……」

湯音「ただ出すより、興奮、何倍にも高まります」

クロード「う~む、やはり理解できん」

オスカー「ハッハッハ! まだクロードには難しいか」

湯音「オスカー様!」

クロード「爺さん……愛人のところに行ったんじゃなかったのか?」

オスカー「いやぁ、髪にぶっかけたらお来られてしまってなぁ、ハッハッハ!」

クロード「爺さん……」

湯音「オスカー様、日本でもぶっかけ、好きでしたね」

オスカー「汐音さんには世話になったなぁ……」


上条「暇だから安価に当たった人の頭を撫でてみる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 13:49:17.64 ID:5ys0tczTO
上条「とりあえず>>5でいいかな」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 13:50:15.42 ID:KluWdP1g0
セロリ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 13:50:22.15 ID:3oDYAqfe0
ksk


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 13:50:36.47 ID:bw9xzOdK0
御坂


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 13:57:07.71 ID:5ys0tczTO
上条「ふむ、とりあえず御坂でいいか」

上条「多分この公園にいれば会えるかなっと思ったら都合よく」

上条「おーいビリビリー!」

御坂「だーかーら!私の名前は御坂美琴だって何回言えば分かるのよ!」

上条「悪い悪い。お前の反応が可愛くてついそう呼んじゃうんだよな」ナデナデ

御坂「」


美鈴「こんなに大きくなっちゃって♪」上条「み、美鈴さんっ!」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 11:40:01.74 ID:33nyks3nO
美鈴「んっ!んっ!もうイキそうなの?」ヌチャッ ヌチャッ

上条「は、はひっ!も、もう耐えられまひぇん!いっ!イクッ!!」ビュク! ビュルルッ

美鈴「あっ… たぁくさんでてるぅ…///」ウットリ

美琴「なななな何てことしてんのよ!!///」

上条「何って性欲処理に決まってんだろ(キリッ、ビリビリ」フゥ

美鈴「そうよ~美琴。当麻君はシスターちゃんと同棲してるから自慰なんてそうそうできないでしょ?可哀相だからたまにお母さんがお手伝いしてあげてるの♪」ピリッ クルクル

上条「美鈴さんいつもありがとうございます。あ、今日は後ろからいいですか?」

美鈴「当麻君は後ろからするのが好きn「無視するなぁ!!!」バチバチッ

上条「んだよ、邪魔すんなよビリビリ」

美琴「邪魔すんなよじゃないわよ!!大体ここ私の部屋よ!!」

美鈴「当麻ぁはやくぅ~」フリフリ

上条「まぁ、説明は後でな。じゃあ入れるよ、美鈴」ギンギン


まどか「ほむらちゃんが闇金を経営したら」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 07:02:50.50 ID:YJeASjyw0
まどか「なんだか気持ち悪い人達がわざと借金を滞納しそうだよねwwwww」

ほむら「……」

まどか「取り立てに行ったらご褒美になっちゃうねwwwwwww」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん役立たずwwwwwwwwwwww」

ほむら「ほむぅ……」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。