Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野「大麻のイメージが抜けないんだよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 11:09:22.57 ID:4QVlPrHwO
大野「二年以上はたってるよね?抜けないんだよ」

櫻井「大麻が?」

大野「イメージがだっつってんだろ」

相葉「まああんな写真載ってちゃあねぇ。あまりにもインパクトあったからさぁ」

二宮「そういうイメージなかったもんね。でももう気にしないでよそんなの」

松本「そうだぜ、ちゃんと仕事で返していけよ」

大野「なに余裕出してきてんだよおめーら、イメージが抜けないんだっつってんの、綺麗事は聞きたくないんだよ」

櫻井「大麻、大麻」

大野「まあまあみたいに言ってんのか?それ、たんまたんまか?」

大野「とにかくな、イメージが抜けないだけじゃなくてな、タイマーとかタイマンとかタイムマシンとかタイ米とか大島麻衣とか聞いたりするたびビクッてするんだよわかるかこの気持ちが」

大野「魔王ってドラマやってたときだからだいぶ前なんだよ、だいぶ前からこんなんなんだよ」

櫻井「魔王じゃなくて大麻王だな。ハッハッハ」

相葉「ぶひゃひゃひゃひゃ」

櫻井「大麻王ずっと滅びてねえんだな早く勇者大野倒しにいきたまえよブハハハハ」

相葉「ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」


まどか「ほむらちゃんは私が好きなの?」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 03:01:55.50 ID:f8yABkKQQ
ほむら「また……ダメだった」

ほむら「私はいつまで、まどかが苦しむ所を見続ければいいの?」

ほむら「もうダメ……私は……もう」

ほむら「ごめんなさい、まどか……ごめんね……」

……………………

………………

シャルロッテ「新しい魔女の誕生なのさ!」

魔女ほむら「? ……ここは」

シャルロッテ「魔女のお茶会へようこそなのさ」

魔女ほむら「……そうか……私は心が折れて魔女に」

魔女ほむら(でも魔女になっても魔法少女だった時の記憶や意識を保っている? この時間軸では誰かがそれを望んだ?)

シャルロッテ「ところで、シャルロッテはスモークチーズが好きなのさ!」

魔女ほむら「ごめんなさい、持ってないわ」

シャルロッテ「しゃろ~ん」


魔王の娘「はぅぅ 内臓おいしいよぉ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:16:28.34 ID:y3VAMFt/0
魔王の娘「とても温かいよぉ」パクパク

魔物「や、やめて…」

魔王の娘「はぅぅ 心臓ペロペロするよぉ」

魔物「ひぐぅ!」


杏子「安価でさやかを元に戻すぜ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 17:16:38.10 ID:z90r8gw/0
杏子「・・・・・・こいつのソウルジェムを取り戻す方法は?」

QB「ないね。僕の知る限りでは」

杏子「『知る限りでは』・・・・・・?」

QB「魔法少女は条理を覆す存在だ。キミたちがどれほどの不条理を成し遂げたとしても
驚くには値しないよ」

杏子「・・・・・・出来るんだな?」

QB「前例はないね。助言のしようがない」

杏子「誰が。てめえの手助けなんかいるもんか・・・・・・」


姉「妹ちゃんの汚ぱんつペロペロ(^ω^)」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 23:41:24.20 ID:3H6cYlpP0
姉「この芳しい布には沢山の夢が詰まっているんですなぁ」クンカクンカ

妹「お姉ちゃん、、、それ」

姉「Σ(゜д゜)!!
あ、、違うの!これ、アレだから!違うの!」

妹「それお母さんのパンツ」


宮藤「エイラさんを傷つけるためにサーニャちゃんと寝る」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:06:39.52 ID:vAhxeJUY0
宮藤「サーニャちゃんは好きでも嫌いでもないけど、エイラさんを傷つけるためなんだ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 22:44:38.00 ID:f2fP7pbg0
宮藤「なんですか?エイラさん」

サーニャ「エイラ。どうかしたの?」

エイラ「うぐぐ…。サーニャのバカー!」

宮藤(ニヤリ)


ティーダ「じゃあ学校行って来るッス!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:36:19.86 ID:HkAmfVew0
ルールー「待ちなさい、ティーダ。ちゃんとキマリに朝ごはんあげたの?」

ティーダ「おっと、忘れてた」

ティーダ「よしよしキマリ…お腹減ったッスか?」

キマリ「……」

ティーダ「相変わらず愛想の悪い犬ッスね」

ティーダ「――じゃあ、母さん行って来るッス!」

ルールー「行ってらっしゃい。気をつけてね」


佐天「エアロハンドじゃなくてエロハンドだった」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:47:17.68 ID:BsQVqChoO
初春「えっ」

佐天「だから空力使い(エアロハンド)じゃなくて淫乱御手(エロハンド)だったんだ」

初春「それってどんな能力なんですか?」

佐天「うーんと説明するよりやってみせた方が早いかな」

佐天「初春、ちょっと私と握手しようよ」

初春「?」ニギッ

佐天「………」

初春「………」


さやか「あたしはヤリたいんだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 21:10:48.85 ID:vshIzP/+O
まどか「さやかちゃん本気なの?」

さやか「マジマジカよ!」

さやか「すでにキュゥべえに頼んでtnkを生やしてもらったんだから」

まどか「え!?」

さやか「見なさい!これがさやかちゃんのアイスソードよ」スルスル

まどか「わっ///」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。