Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏子「こいつ……芯出るじゃねーか!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 01:35:24.00 ID:Cq9tWkDj0
ボキッ

杏子「あ、鉛筆の芯折れちった……なんか書くモン貸してくんない?」

さやか「ほい」スッ

杏子「ありがと……あれ?書かんねー……どういうことだおい」カリカリ

さやか「それは振るんだよ」

杏子「振る……?」カチャカチャカチャ

杏子「おぉ!?こいつ芯出るじゃねーか!何だこれ!ノック押してねーのに!」

さやか「ふふふ……それはドクターグリップ!さやかちゃん愛用の未来的シャーペンなのだ!」

杏子「ドクターグリップ……すげー、書き味もスイスイだ」サラサラ

さやか「そう、ドクターグリップは書き続けてるときの疲労や肩こりからさよならするために作られたシャーペン……人間工学に基づいて、無理なく握れる軸径を採用してるから、肩や腕にかかる負担を軽減するんだよ」

杏子「すっげー……シャーペンも進化してるんだな」


まどか「ペットを飼い始めたの」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 21:32:52.85 ID:8Ya2y7300
さやか「ふーん、犬?猫?鳥?」

まどか「うーん、しいて言えば猫かなぁ?」

さやか「いやいやどういう意味よそれ」

まどか「とにかくとっても可愛いの」

さやか「見に行ってもいい?」

まどか「うん!」

さやか「そういえばそのペットの名前は決めたの?」

まどか「決めたっていうか最初から名前がある子だからね」

さやか「里親からもらったとかってこと?」

まどか「うーんそうじゃないんだけどね」

さやか「ま、後のお楽しみにしておきますか」


姉「アネミーコントローラー?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/09(金) 23:46:04.31 ID:pc/jH7pY0
姉「弟よ、お主あての荷物じゃが……これはなんじゃ?」

弟「ん?なんだろう。こんなもの頼んだかな」

姉「ともかく宛名はお主であるゆえ部屋へ持っていけ」

弟「うん」

――――――――――

弟「とりあえず開けてみるしか無いよな」

弟「これは自分の姉を自在に操る事のできるコントローラーです。か」

弟「操作方法はまず姉に向かって赤いボタンを押してマイクに向かって命令するだけです。 簡単だな」

弟「……ってなんだよこれドラえもんの道具みたいじゃねぇか」

弟「まぁ、せっかくだし一回使ってみるか」

弟「こっそり姉さんにこれを向けてボタンを押してっと」

弟「まず手始めに>>5でもさせてみるか」


ほむら「こたつから出られなくなった」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 22:59:35.54 ID:N6lKKNV30
ほむら「まどかーみかん取ってきてー」

まどか「ほむらちゃんここ2日みかんしか食べてないよ…」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 23:12:27.53 ID:N6lKKNV30
ほむら「ああ、寒いわ…」

まどか「もう12月だもんね」

ほむら「こうも寒いと暖房器具が欲しくなるわね」

まどか「こたつとか出さないの?」

ほむら「あったらとっくに出してるわ、そういうのは持ってないのよ」

まどか「そっかぁ…」


さやか「ふぅー、危ない危ない」 ほむら「!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 20:01:00.93 ID:eMzjBt3/0
ほむら「はあ…またみんなに迷惑かけちゃった…」

ダッタライッソ、シンダホウガイイヨネ・・・

ほむら(そう、いっそ死んだ方が…)

ほむら「……え?」

ほむら「そんな…どこ…ここ……!?」

ほむら「嫌……来ないで……!」

バシュン!バシュン!バシュン!バン!バン!バン!ザン!ザン!ザン!


響「貴音の尻枕はふかふかさー……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 19:18:01.60 ID:4JTIVvk80
貴音「響、そろそろ収録にいかないといけませんよ」

響「ん~……もうちょっとだけ」モフモフ

貴音「そんなに、わたくしの臀部が心地良いのですか?」

響「うん、なんだか落ちつくんだ」

貴音「まったく、響は甘えたがりですね」

響「優しさに包まれてる気持ちがする……」スリスリ

貴音「ふふっ仕方ありませんね、あと5分だけですよ」

響「うん」


妹「さあ、やって来ましたこたつ争奪戦!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 18:11:41.91 ID:L/RDm6xS0
妹「実況はこの私妹と!」

従妹「え、何々?何が始まるの?」

妹「もー!解説の従姉妹がお送りします、でしょ!」

従妹「い、意味がわからないよ……それより私こたつに入りたいんだけど」

妹「おばか!」バシ

従妹「いたい!?」

妹「これからあのこたつは戦場<フロントライン>になるのよ!戦う意思の無いものは死ぬしか無いの!」

従妹「そんな大げさな」


京子「結衣との結婚生活」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 12:35:16.75 ID:NrESY7Yc0
結衣「ただいまー」

京子「おっかえりー!」バッ

結衣「なに?両手広げてどうしたの」

京子「疲れてるでしょ!癒してあげるから飛び込んでこい!」

結衣「はぁ……」ポス

京子「ふへへへ、よしよ~し」ナデナデ

結衣「あぁ、癒される……」


さやか「ほむらの盾が落ちてた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 17:30:15.64 ID:rj+vF/m10
まどホーム前 道路



さやか「ほむらも案外間抜けだなあ」

まどか「今頃きっと探してるよ。渡しに行ってあげようよ」

さやか「それには及ばないわ」ファサ

まどか「ティヒヒッ!やめてよさやかちゃん!」

さやか「せっかく面白いもの拾ったんだし、もう少し遊ぼうよ」

まどか「えっ、でも」

さやか「大丈夫大丈夫。落し物拾った人にはその権利の一割が与えられるのだ」

まどか「ちょっと違うと思うけど……」

さやか「とりあえず中身チェックだな。よっ」ズボッ

まどか「ダメだよさやかちゃ」

さやか「うわああああああああああああああ」シュウウウウウウウウ スポンッ

まどか「えっ」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。