Powered By 画RSS


鳴「大丈夫…私たちはいないものなんだから」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:31:22.92 ID:XH/4YLmb0
恒一「あ…でもこんな授業中に恥ずかしんん」

鳴「可愛い…榊原君…ちゅうれろっ…ちゅう」

恒一「んんむ…見崎さん…なんで…こんなこと」

赤沢(…なんでよりによって私の前でイチャついてんのよー!!!)

鳴「榊原君は…こういうこと嫌い?」ギュウウウウ

恒一「いや…きらいじゃないけど…」

鳴「じゃあ…もっとしよ…赤沢さんの前で」

赤沢(他でやりなさいよ他で…!!)


兄「ただいまー」 妹「おかえりお兄ちゃん!!イクッ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 20:51:10.44 ID:MTv7pVSk0
兄「え?」

妹「ん?どうしたの?」ニコニコ

兄「いや、今さ・・・」


新ジャンル「鋏」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 16:10:35.04 ID:i/eNzvLY0


                                ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                             ,,,;;;;;;;;;;''
                           ;;;;''''"""
 \ ̄\                 / ̄/;;;,,
/l \  \              /  / ';;;;;,,,.         >>2-882 , >>884-1000
| ヽ ヽ   |             | /   _ -'';;;;,,,,,,
\ ` ‐ヽ  ヽ  ●    ●  /  / ‐''" /   ''';;;;;;
  \ __ l  |  ||___|| /  l__ /      ""::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     \  \ /       \/
      /\|   人__人  |/\
    //\|           |/\\
    //\|           |/\\
    /   /\_____/\





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 16:18:22.67 ID:xVQyxCFMP
db 「ネエ」 シャッ

男 「あぶねえから無意味に開くなと言ってるだろこの鋏!」

db 「フフ察しなさいな」

男 「何を!?」


シャロ「ごらく部!?」

関連作:向日葵「大探偵時代!?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:20:10.51 ID:OZv7HyOY0
ねこみみ「体の方ばっかりけしからんことになってもまだまだお子様なんだねぇ。グフフ・・・」

向日葵「はぁ!?なんで私が!?っていうかさっきから守護精霊プラズマって何ですの!?」

櫻子「私にわかるように喋れ!」

ねこみみ「もー!うるさいうるさい!」ガーッ

      「とにかく向日葵ちゃんは借りるかーながわー!」

向日葵・櫻子「「!!?」」

ねこみみ「よこよこはまはまよこは~まっ!!」

パァアァ~ バシュンッ!


突如現れたねこみみくまさん!光とともにゆるゆり世界から消えた向日葵!

向日葵は・・・櫻子は・・・そしてゆるゆりはどうなってしまうのか!?


向日葵「大探偵時代!?」

関連作:シャロ「ごらく部!?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:29:23.30 ID:OZv7HyOY0
向日葵「・・・なんですのそれ?」

櫻子「家先で拾った!なんか運命感じる」

向日葵「またわけのわからないことを・・・この馬鹿子は・・・」

     「汚いから捨ててしまいなさいなそんなぬいぐるみ」

???「それは・・・」

     「運命だよーこーはまー!」

向日葵・櫻子「「!!?」」


あぎり「私に相談ですか~?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 01:37:17.30 ID:yBB7cdQQ0
 つうがくろ


やすな「ソーニャちゃーん! おはよー!」ガバッ

ソーニャ「うおわっ!」

やすな「13時間ぶりー♪」スリスリ

ソーニャ「ば、バカ、何すんだ! やめろ!」

やすな「ちゅっ」

ソーニャ「」

やすな「えへへ///」

ソーニャ「――――ッ!!」バッ

やすな「ひゃあ」ドテ

ソーニャ「あああ朝から変なことすんなっ!!」

 タッタッタ.....


やすな「ソ、ソーニャちゃん待ってー!」


新ジャンル「異性に触られると爆発」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 21:48:52.21 ID:hNvPIyTi0
男「おまえ肩にゴミついてるぞ?」

女「えっ?」

男「俺が取ってやろうー・・・」

女「触んなあああ!!!!!!」

男「えっ・・・ご、ごめん・・・」


男「俺ってそんなにきもいのかな・・・はは・・・・」


さやか「マミさんって、イチイチその髪セットしてるんですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 20:52:57.97 ID:YRHjpCwQ0
マミ「い、イチイチって気になる言い方ね… そうよ 毎朝セットしてるわ」

さやか「へえ… 時間かかりそうですよね」

マミ「慣れるとそうでもないわ かかっても20分くらいね」

さやか「うへ… あたしなんてとかしてピンとめて終わりですよ セットに時間かけるなら寝ます!」

マミ「寝たいものね、朝は…」

さやか「はい」

マミ「それで なんで聞いたの? 髪をセットしてるかどうか、なんて」

さやか「あ、えーとですね…」

マミ「なぁに? 言いにくいこと?」

さやか「マミさんと出会った当初から…」

マミ「ええ…」

さやか「まどかが、その髪型すごいツボってるらしいです」

マミ「えっ」


男「捕まった」 エルフ「ふふふ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:59:36.32 ID:qKi6ADF00
ザアアアアア


男「(俺のいた国とエルフ族が戦争を始めて約1ヶ月)」

男「(開戦してからしばらくは、我が国とエルフ族の戦力は5分5分だった)」

男「(しかし、しばらくすると強力な魔法を使用してくるエルフ族が優勢となり)」

男「(我が国は劣勢となった)」

男「(そこで政府は数でゴリ押しをするために、俺達一般市民や低階級の者にも召集令状を出した)」

男「(そして俺は戦争に参加するはめになった)」

男「(……現在は本隊からはぐれて迷子中である)」


姉「姉コキしてあげよっか?」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:35:23.42 ID:XJ2gQhdE0
弟「……姉ちゃん、いいかげん俺ら別の部屋で寝ない?」

姉「えー?なんでー?」

弟「いやさ、ほら、俺達ももうこんな年だし……恥ずかしいっていうか、なんていうか……」

姉「えー、別に家族なんだし、恥ずかしがることないと思うんだけどなー」

弟「そんなこと言われてもさ、その……」

姉「別にオナニーくらい気にしないでしてればいいのに」

弟「!?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ