Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美希「ハニーと小鳥の帰りがいつも一緒なの!これは怪しいの!」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/07(火) 10:07:03.23 ID:xmckB+Jz0
美希「怪しいの。絶対に何かあるの」

P「いや、本当に何も無いって」

小鳥「途中まで帰り道が一緒なだけよ?」

美希「そうだとしてもそのうちそれがきっかけで二人はゴールインなの。ミキ死亡なの」

P「信じられないならついて来たら良いだろ」

美希「そうするの。ハニー、ミキの目はごまかせないよ」

P「はいはい…」

小鳥「美希ちゃんったら、可愛いわね」

美希「笑い事じゃないの。ミキの生死に関わるんだから」


真田「美鶴・・・美鶴ぅ・・・!うっ・・・!」シコシコ

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/05(日) 18:38:04 ID:86/PIxag
真田「おおあッ・・・!」ドピュドピュッ

真田「ふぅ・・・。今日も濃いのが出たな」

真田「最近、美鶴が妙に色っぽくなってきてムラムラが収まらん」

真田「攻撃ミスしてスリップしたとき、パンツみえそうなんだよな。あれは絶対誘ってるに違いない」

真田「・・・いかん。思い出したらまた勃ってきた」

真田「うおお!!美鶴!美鶴!」シコシコ

順平(廊下まで響いてること教えたほうがいいのかな)


さやか「あたしのミュウツー最強だしwww」ほむら「へぇ…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 19:43:15.91 ID:xZSQnGmE0
ほむら「じゃあ対戦しましょう」

さやか「転校生が? いいよ、かかってきなさい!」

ほむら「折角だからタイマンにしないかしら? お互い一匹だけ出すの」

さやか「タイマン? 上等だよ、あたしの力見せてあげる!!」

ほむら「ふふっ、私はコラッタを使うわ」

さやか「こ、こらった!? あたしを馬鹿にしてんの!?」

ほむら「いいえ、そんなことはないわ」ファサッ


躯「飛影みてみて、捨て猫」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 01:25:54.38 ID:koH6pQRe0
躯「うちで飼ってもいい?」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 01:28:15.45 ID:koH6pQRe0
躯「雪降ってきたよ飛影」

躯「猫ちゃん寒そうだから連れて帰ってもいい?」

躯「ねー飛影ってば」


ほむら「インキュベーター! またまどかに契約を迫りに……って、え?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/07(火) 13:05:47.41 ID:5SpbIoPN0
C.C.「インキュベーター? 何だそれは」

ほむら「あ、すいません。知り合いに似てたもので……失礼します」ササッ

C.C.「……」


あかり「かくれんぼ!」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:49:47.84 ID:XOhfIzgu0
~茶道部室~

あかり「京子ちゃんと結衣ちゃん、遅いな~」

あかり「ちなつちゃんは家の用事で先に帰っちゃったから、1人だけなんだよね」

あかり「・・・もしかして、京子ちゃんたち先に帰っちゃったんじゃ」ズ-ン

あかり「ま、まあ、さすがにそんなこと無いよね」



あかり「ふぁ~、来るまで少し寝てよっと」

あかり「・・・・・・」Zzz


女「ん」 男「ん?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/06(月) 21:55:03 ID:4eUvYjBA
男「なんだ?」

女「座る」

男「おう」

男「よっ」←あぐら

女「ん」ポス

男「ここが気に入ったか」ナデナデ

女「ん」


亜美「あずさお姉ちゃん!今日も絵本読んでくれるんっしょ?!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:57:42.16 ID:HiSAZ6ux0
昔々、あるところに肌が雪のように白いお姫様がおりました。

ザクッザクッ

雪歩「よいしょ、よいしょ。えへへ、雪かき楽しいな……腰やられちゃいそうだけど……」トントン

貴音「白雪姫、今日も城の除雪作業を? そのような雑務はわたくしめにお任せを」

雪歩「あ、そ、そんな姫なんて……雪歩でいいですよ……。姫は……むしろ四条さんの方がお似合いですぅ……」

雪歩「わたしなんてせいぜいモブキャラAだよ……。うぅん木の役でいいよ……セリフ無しでいいよ……」

貴音「白雪姫……いいえ、ゆきぽ、己をそう卑下してはいけませんよ」

白雪姫はたいそう美しいおひとでしたが、自分にいまいち自信が持てず、へんそーでひんにゅーでちんちくりんでした。


あかね「暇ねぇ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/07(火) 20:37:04.18 ID:SWcpN1j60
あかね「今日は学校もバイトもないし」

あかね「家事も終わらせちゃったし」

あかね「読んでない本もないし…」

あかね「…………」ゴロゴロ

あかね「…そうだ」ガバッ

あかね「たまには外に出てみようかしら」

あかね「あんまり家の中に居ても体にもよくないわ」

あかね「誰かにメールしてみましょう」

あかね「>>5がいいかしら」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。