Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「なぁいいだろぉ少しだけ」金「あんた使い過ぎなのよぉっ!」

8 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 2012/02/19(日) 19:46:55.05 ID:DrN/93zX0
男「たのむよぉ…女にプレゼントしたいんだよぉ」

金「…」

男「女の喜ぶ顔が見たいんだよぉ…たのむよ!」

金「……じゃない…」

男「え?」

金「使えばいいじゃない!バカ!」

男「ありがとう!」

金「…」


あずさ「あらあら、プロデューサーさんは殴られたいようですね?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 01:49:53.01 ID:z5fc7yOI0
あずさ「悪い子にはきつーいお仕置きが必要ですよ?」

P「はい?」

あずさ「あらぁ?とぼけるおつもりですか?」

P「いや、意味が分からないです」

あずさ「うふふ…」ドゴッ

P「…ゔっ」


魔王「これはキラーマシン!?」側近「いいえ、タイムマシンです」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 19:29:45.29 ID:Zz4XMvS00
魔王「だせー!ここから出せー!」ガタガタッ

トコトコ

側近「その声は......魔王様ですか?」

魔王「おお!お前は......門番か?」

側近「側近です!あーあ、こんな壷に入れられちゃって」

魔王「勇者にやられたのだ!魂だけにされてしまった」


社長「新しいプロデューサーだよ」 響「おお!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 00:27:11.14 ID:tcgnogxT0
P「ヨロシクオネガイシマース!」

響「自分、我那覇響って言うんだ!よろしく!」

P「ガナハ?メズラシイミョウジデスネ」

響「自分沖縄出身なんだ!」

P「オキナワ!?ワタシモオキナワニスンデマシタ!」

響「え!そうなのか!?どうして沖縄に住んでたんだ?」

P「ワタシネイビーシールデシタ!」

響「・・・」

我那覇「米軍はかえれー!」

P「エ・・・!?ドウシタンデスカ!?」

我那覇「沖縄をかえせー!」



こんな感じで頼む


キュゥべえ「マミに嫌われたかもしれない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:04:23.44 ID:zzT0mo6NO
数年前

マミ「キュゥべえのしっぽフワフワー」サワサワ

QB「ちょっとやめてよマミ」

マミ「まくらにしていい?」

QB「駄目だよ!僕が動けなくなるじゃないか!」

QB「・・・あぁ」

マミ「zzz…」グッスリ

QB「・・・小さい子は魔法少女にするべきじゃないかなあ」


魔王「これからも宜しく頼むぞ勇者よ!」勇者「あぁ、こちらこそな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 21:13:16.05 ID:pk9DlHq00
~魔王城にて~

勇者「おい!」

魔王「……僕は今忙しいんだ。後にしてくれ」

勇者「……」

勇者(……こいつが新しい魔王なのか?)

勇者(まだ、子供じゃないか……)

魔王「……何だ、僕に何か用か?」ジロ

勇者「あ、ああ……」

魔王「用事があるなら、外の用紙に記入して呼び出しを待っていろ」

勇者「用紙?」

魔王「扉の所に書いてあったはずだが。見なかったのか?」

勇者「そういえば何か書いてあったような……」

魔王「…………」


響「今度の休日にプロデューサーと二人で出かけることになったぞ!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 00:01:12.61 ID:cE9I47stO
沖縄から出てきてアイドルになったはいいけど、たまのオフはいつも一人さ……
事務所の仲間と休みが重なるなんてことめったにないから、仕方ないよな。


P「響、今度のオフあいてるか?」

響「じ、自分は忙しいからな! プロデューサーの相手してる隙なんかないかな~なんて」

嬉しかったのに、ついつい見栄を張っちゃった。
馬鹿だな、自分……

P「そうか。もし空いたら連絡しろよ。それから今日もお疲れ様」

プロデューサーは冷たいドリンクを自分に渡して、そのまま仕事に戻っていった。


ミルフィーユ「え?魔法少女にするロストテクノロジーですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 16:49:32.05 ID:VBQLcMOY0
ウォルコット「えぇ、なんでもどんな願い事もかなえる代わりに魔法少女にしてしまうんだそうです…。」

ミルフィーユ「わぁー!なにそれ、たのしそーですー!」

フォルテ「……おい、ウォルコット中佐ぁ、まさかまた軍の仕掛けた罠じゃないだろうなぁおい?」

ウォルコット「そ、そんなことはありませんよ。お、おちついてください、フォルテさん。じゅ、銃はおろしてください。」

ノーマッド『フォルテさん、あなた馬鹿じゃないですか?』

ノーマッド『誰が、あなたたちのあんな"気色悪い"姿が見たくて同じ設定の罠を仕掛けるというんです?
      あ、ヴァニラさんは別ですよ?なんたってヴァニラさ ズキューン

ミント「しかし、妙ですわね?
    『魔法少女にしてくれて願い事をかなえられる』というならわかりますわ。
    ですが、今回のは『願い事をかなえると魔法少女になってしまう』というもの。
    まるで、魔法少女が呪いかなにかのようじゃないですか」

フォルテ「どうせロストテクノロジーなんてそんなもんだろ?
     …ってあれ、そういえばランファの奴いないな、どうしたんだ?」

ウォルコット「あぁ、ランファさんでしたら先に行って待っているだそうですよ?」

フォルテ(まさかランファの野郎!) ミント(先に見つけて魔法少女いえ、願い事を叶えてもらおうという魂胆ですわね!)

ノーマッド『まーたあの二人が意地汚い顔してますよ?まったくヴァニラさんとはえらい違 ヴァニラ「……願い事、ざくざく」 ノーマッド『え゛ぇ゛!?ヴァニラさんまで???』

ノーマッド『ヴァニラさんまで???』 ガーン

ミルフィーユ「それではいってきまーーーーす」


まどか「マミさん性奴隷化計画」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/08(水) 08:49:24.60 ID:DjVUqB6K0
まどか「それじゃあこれから第一回マミさん性奴隷化計画の会議を始めるよ」

まどか「わー」パチパチ

ほむら「……」パチパチ

さやか「……」

杏子「……」

さやか「まどか」

まどか「なにさやかちゃん?」

さやか「それ本気で言ってるの?」

まどか「え?」

さやか「本気でマミさんを性奴隷にするって言ってるの?!」

まどか「うん。だってマミさんってかっこ良くて可愛くて綺麗で優しくて私の憧れの先輩だもん」

まどか「そんな人をみんなの性奴隷に出来たらそれはとっても嬉しいなって」ウェヒヒヒ

さやか「ふざけないで!!!」

さやか「杏子はともかく、あたしとまどかとほむらはマミさんは憧れて魔法少女になったんだ!!」

さやか「そんな憧れの先輩を性奴隷にしたいって言うの? 冗談言わないで!!!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。