Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉「姉コキしてあげよっか?」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:35:23.42 ID:XJ2gQhdE0
弟「……姉ちゃん、いいかげん俺ら別の部屋で寝ない?」

姉「えー?なんでー?」

弟「いやさ、ほら、俺達ももうこんな年だし……恥ずかしいっていうか、なんていうか……」

姉「えー、別に家族なんだし、恥ずかしがることないと思うんだけどなー」

弟「そんなこと言われてもさ、その……」

姉「別にオナニーくらい気にしないでしてればいいのに」

弟「!?」


ムスカ「シンジ!エッチしよ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 01:35:51.56 ID:ae0F0pBjO



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 01:36:02.29 ID:aQRS7p250
空白は


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 01:36:20.90 ID:Gc49fp5h0
誰かがやる


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 01:39:38.28 ID:Y7r4HBgo0
スレタイはよかったのにな


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/12(日) 01:42:53.00 ID:ym14lr9F0
シンジ「え、あ、誰ですかあなた!?」

ムスカ「言葉を慎みたまえ。君は今ラピュタ王の前にいるのだ」

シンジ「お、王?何を言って……ミサトさーん!家ン中に変な人がいます!ミサトさん!返事して下さい!」

ムスカ「心配しなくても、あの石頭は私のより頑丈だよ」

シンジ「な、殴ったのか!?ミサトさんを!」

ムスカ「君も男なら聞き分けたまえ」

シンジ「な、何を……来ないで!ちょっ……誰かー!」


結衣「…ふぅ、今日も洗濯大変だなぁ~…特に京子の分が」チラッ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 23:07:19.17 ID:L7jmHrn00
結衣「はぁ~。大変大変。いそがしいそがし」イソガシ

綾乃「そ、そう…」

結衣「…」チラリッ

綾乃「て、手伝おうかしら?」

結衣「いいよ。綾乃はそこに座ってて。お茶でも飲んでて」

綾乃「う、うん…」


シン「マユウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:00:57.16 ID:RjOIXUZV0
シン「え?」

シン父「いや、だからな。避難警告がでてて」

シン母「プラントへ亡命するのよ」

マユ「・・・・」

シン「待ってくれよ」

シン父「一刻を争うんだぞ」


恭介「仁美さんに振られた…」

1 : ◆uOSHePfhFc 2012/02/27(月) 19:15:22.21 ID:gdwwwSE90
仁美「………恭介さん、遅いですわね……」

プルルルル プルルルル

仁美「!」

プルルルル ピッ

仁美「もしもし、恭介さんですの?」

恭介『あ、仁美さん?ゴメン、急用が入っちゃって、今日はデートに行けそうにないんだ』

仁美(またですの……?これで5回目ですのよ……)

恭介『仁美さん?』

仁美「貴方は、わたくしよりもヴァイオリンの方が大事ですのね」

恭介『えっ、あ、あの……』

仁美「わたくし、もうあなたとやって行く自信が無くなってしまいましたわ」


メタルほむら「メタルほむらよ」まどか「なにそれ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 01:59:03.33 ID:2Ey++WBN0
メタルほむら「硬いわ」

まどか「ほんとだ」カツーンカツーン

メタルほむら「触らないで」スッ

まどか「はやい」

メタルほむら「メタルだもの」

まどか「はぐれじゃないの」

メタルほむら「えっ」

まどか「えっ」


結衣「今月もちょっと家計が厳しかったな…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 16:09:10.71 ID:UDnPqp0X0
結衣「家賃、光熱費、携帯代、食費、雑費を引いてっと…」

結衣「うーんやっぱり何回計算してもギリギリだな」

結衣「残り5日を3000円か…」

結衣「まぁお米もあるし余裕だけど…でも」

結衣「買い食いだってしてない、食費もこのままいけば10,000円切る」

結衣「そりゃ月に1回くらいカラオケとかは行くけど」

結衣「……うむむむむ」

結衣「なんでだ、なんでなんでなんで!?」クネクネ

<ピンポーン!

結衣「…まぁいいか、はーい」


ほむら「巴マミに取り憑かれた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:06:38.83 ID:w0yGBH8R0
ほむら(巴マミが死んでしまった……)

ほむら(けれど、これでまどかも美樹さやかも契約することはないでしょう……)

ほむら(……そろそろ寝ましょう)

ほむら「Zzz……」

ボウッ……


まど神「肝試しだよ、ほむらちゃん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:47:24.08 ID:k1GyTwls0


「ほむらちゃん……。私、ほむらちゃんの事昔から好きだったの!」

「そうなの?あ、髪が枝分かれしてる.…」

「世紀の大告白が枝分かれに負けた!?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:48:00.23 ID:k1GyTwls0

夜、ほむら宅。
部屋の明かりを消しまどかとほむらは二人、テレビ番組を見ていた。

『ある晩の事 玄関口から音が聞こえるんですよ ドンドンって音が
 震えながら開けるとそこには ニタッっと笑った男の子の霊が……』

「きゃああああああああああああああああああ!!!」

「ちょっ首絞まってるわ!首!」ガクガク

今にも殺さんばかりに首を絞めてくる概念鹿目まどかを、ほむらはなんとか静止させる。

「えへへ.…ごめんね?つい」

「けほっ、つい、で殺されかけた私の身にもなりなさい……」

部屋の明かりを点け、呼吸を整えるためコップに水を汲みにいく。
ほむらの首には若干絞めた跡が残っていた。まさにホラーである。


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。