Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久「私とデートしない?」美穂子「でっ、でーと…ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:02:46.13 ID:Pj3k2DuT0
 全国大会初戦前 自由行動日の前夜

― 宿泊所 ―

久「あ、福路さん。ちょうど良かったわ」

美穂子「上埜さん…私に何かご用ですか?」

久「あなたに話があってね、今時間あるかしら」

美穂子「ええ、大丈夫ですけど…どのようなお話ですか」

久「あまり大した話じゃないから、そんなに畏まらなくていいわよ」

美穂子「これが素なので…すみません」

久「そうなの? 素なら謝らなくていいわ。私が勝手に勘違いしただけだから」

美穂子「そう言っていただけると助かります。それで、お話というのは…」

久「お話っていうか、お誘い? なんだけどね」

美穂子「はい」

久「もし良かったら、明日の自由行動、私とデートしない?」

美穂子「でっ、でーと…ですか?」


キツネ「油揚げは好きではありません」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 19:40:31.53 ID:j2n/PW0m0
人「え…」

キツネ「どうして人はそう勘違いするのですか」

キツネ「私はそんなぺらぺらで味の無いものは好きではないです」

キツネ「私は小動物の肉が好きですよ」

人「油揚げだってきちんと調理したら美味いのに…」



妹「またお姉ちゃん偉いねって言われた」姉「アメもらった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 00:55:09.55 ID:RrKvbCqN0
そんな姉妹


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 00:59:29.90 ID:TugT5D8S0
>>1
とっとと書け


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 01:06:58.16 ID:nDdjvey8O
大人っぽい妹に子供っぽい姉か
いいぞ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 01:11:51.96 ID:RrKvbCqN0
誰か書けよな


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 01:22:34.53 ID:eKwmO5Tj0
妹「はぁ……今更だけどお姉ちゃんってこどもっぽいよね…」

姉「なっ…!…こどもじゃないよ!!お姉ちゃんはお姉ちゃんなんだからね!」

妹「……」スッ ナデナデ

姉「んぁっ……えへ……えへへ~…」

妹「……こどもっぽい…」

姉「はっ!!………やめっ……やめてよー!!」バシバシ

妹「はいはい、ごめんごめん」

姉「もーっ!!そうやってすぐこども扱いするんだからー!!」

妹「ごめんってば……はい、アメあげるから」

姉「わーいっ!ありがとう妹ちゃん!!」ヒョイッ モゴモゴ




妹「はぁ……かわいいなぁ……」ナデナデ


亜美「うあうあ~!真美がマリオになっちゃったよ~!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:11:31.02 ID:dcThekxN0
真美「ィヤッフゥゥwwwwww」

律子「……何これ」

亜美「朝起きたらこんなんだったんだよー!助けて律っちゃ~ん!!」

律子「助けてって言われても…ねぇ?」

真美「ブワホォ~ウwwwwwwwww」

律子「…………」イラッ


エリンシア「アイク様に最近お会いできなくて寂しい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:48:36.65 ID:fV8FEyiF0
クリミア王宮

ルキノ「王都奪還から二ヶ月……ようやく復興の兆しが見え始めてきましたね」

エリンシア「……そうね、ルキノ」

ルキノ「……浮かばないご様子ですね、陛下」

ルキノ「今日どころか、ここ最近ずっとちらほらそのようなご様子でおられますが……いかが致しました?」

ルキノ「私でお力になれるような事であればお聞きいたしますが……」

エリンシア「ルキノ、あのね……」

ルキノ「はい……」

エリンシア「女王となってからアイク様にほとんどお会いできなくて、それが寂しいの」

ルキノ「……は?」


千早「風邪をひいてしまったわ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:25:22.83 ID:7Qcfm0nu0
千早「げほっげほっ… っ…38度…か…」

千早「…意識が朦朧とするけど寝付けない…」

千早「……うぅっ… 事務所に連絡しないと…っ…」ムクリ

千早「…本格的にばずいわね… コンポが歪んでびえる…」ピッピッピッ…

小鳥『はい、お電話ありがとうございます 765プロです』

千早「音無さん…如月です…」

小鳥『千早ちゃん…? おはよう、どうしたの? 酷い声だけど…』

千早「すびばせん… 風邪をひいてしまったびだいで… 今日は、おやすびします…」

小鳥『か、風邪!? 大丈夫!?』

千早「あばり大丈夫じゃありばせん… などで、失礼します… 手続きお願いします…」

小鳥『ええ… お大事にね …あっ、何か困ったら電話してね?』

千早「ありがとうございます…」ピッ

千早「……寝よう…」


ジュドー「ガンダムZZ、戦犯裁判を始めるぜ!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 00:16:50.51 ID:9Gp2iDYD0
ジュドー「裁判長は俺、ジュドーアーシタだ!」

プル「副裁判長はプルプルプルー!エルピー・プルだよ!」!

ハマーン「裁判員のハマーン・カーンだ」

ブライト「同じく裁判員のブライト・ノアだ」

プルツー「………プルツーだ」

プル「プルツー!合いたかったよ!」ぎゅっ

プルツー「やっ、やめろってばプル…!って言うか、何で今更こんなこと……」



さやか「えーっと、まどかが杏子で……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 21:03:26.67 ID:yMMGalvb0
さやか「ねぇ転校生。最近まどかとどうよ」

ほむら「突然何を言い出すの?」

さやか「良いから。どうなの?今まで通り仲良しなの?」

ほむら「……仲が悪くなったわけじゃないけど、確かに以前ほどラブラブではないわね」

さやか「ラブラブかどうかは置いといてさ。やっぱそうなんだ……」

ほむら「何が言いたいの?」

さやか「あたし多分……まどかがあんたから離れつつある原因知ってるよ」

ほむら「なんですって!?」ガタッ

さやか「たぶん、杏子だよ」


アスカ「シンジの脳みそトロけるまで耳元で『好き』って囁いてみる」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 00:38:09.67 ID:DlAtX122O
アスカ「ねぇ、シンジ……耳、貸して?」

シンジ「えっ?み、みみ?」

アスカ「そう、耳」

シンジ「えっ、と……何するの?」

アスカ「いいから、はーやーくぅー」

シンジ「う、うん……」スッ

アスカ「スゥ……『好き』」

シンジ「!!??」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。