Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋榎「あかん、絹に惚れてもうた……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 18:28:35.00 ID:AKhVlH6Z0
洋榎「どうすればええんよ……」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 18:33:53.01 ID:AKhVlH6Z0
洋榎「『惚れた』いうより『惚れてた』ことに気付いた」

洋榎「ってほうが正しいか」

洋榎「うちら姉妹やんけ、なんでこないなことに……」


絹恵「お姉ちゃん、起きとる?」コンコン

洋榎「!」

洋榎「ち、ちょっとぼーっとしとった」

絹恵「そか。 もうご飯出来とるで、はよ食べて学校いかな」


洋榎「絹、あーん」

絹恵「……ちょっかい出しとらんではよ食い、遅刻すんで」

洋榎「はよせんとこのまま動かんわ」

絹恵「しゃーないな、ほれ」ヒョイ

洋榎「♪」


洋榎(虚しい)


綾乃「ここが船見さんのハウスね!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:00:16.35 ID:tCt9qWxT0
結衣「ふぁ……ふぇ……ぺぇくちゃあん!!」ヘプチッ

結衣「う゛ー……まさか一夏に二度も風邪ひくなんて」ズビズビ

結衣「こりゃ京子のことバカに出来ないな……」

ピンポーン♪

結衣「ん? 噂をすれば京子かな」

結衣「昼の内にメール来てたし、また泊まる気かも……」

結衣「……まったく、しょうがないな京子は」ニヘ

ピンポーン♪

結衣「はいはい、いま開けるってー」イソイソ

ガチャッ

結衣「おいこら京子、病気してる時は来るなっていつも」

綾乃「」チョコン

結衣「って綾乃!?」


玄「あ、宮永さんだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 01:50:18.41 ID:OfEJ3eOk0
照「ん?ああ準決勝の…どうしたんだ、こんなところで」

玄「折角東京に来たから観光です!」

照「…もしよければ、案内する」

玄「ええー、でっでも迷惑じゃないですか?」

照「いや、折角の縁だ。遠慮する事はない。(咲と仲直り出来たのもある意味この子達のお陰だしな…)」

玄「じゃっじゃあ、お願いします!(わーい、すごい人と仲良くなれるかも!帰ったらお姉ちゃん達に自慢しよっと!)」


ちなつ「あかりちゃんキスの練習しよ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 08:07:26.73 ID:9WvPrzqo0
ちなつ「結衣先輩との今後のために」

あかり「いやだよぉ…」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 15:06:11.49 ID:swvrqoYn0
~ちなあかキスの後~

ちなつ「誤解です!待ってください先輩!」

結衣京子「ごめんなさい」スタスタスタ

ちなつ「せんぱーーーい!!!」

結衣京子「…」スタスタスタスタ




ちなつ「ああ、行ってしまった…」トボトボ

あかり「……」

ちなつ「先輩どう思ったかな、私べつにあかりちゃんのことは何とも思ってないのに…」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃん、もういいよ、お部屋もどろ」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃん?」

あかり「……」

ちなつ「……し、死んでる!?」


女「11回裏のストレート」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 15:57:39 ID:AA/9CdPY
―女の部屋―

女「はぁー……」

女友「ん、どうしたの? ため息なんかついちゃって」

女「……んー」

女友「なんだよー言えよー」

女「んー……んふふ。実はねぇ」

女友「うんうん」


あずさ「花嫁修行」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:13:17.87 ID:IQMopoPq0
あずさ「私が運命の人を探しているのは知っていますよね?」

P「その人のために……ですか?」

あずさ「やっぱり運命の人と結ばれたら一緒に暮らしていくじゃないですか」

P「まぁ、いずれはそうなるんでしょうね」

あずさ「そうなった時にその人の支えになりたいんです」


向日葵「お帰りなさい櫻子」櫻子「ただいま!!向日葵!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:06:12.20 ID:PdqlGNE30
京子「未来からタイムスリップして来た歳納京子だよん♪」

櫻子「・・・・え?」

向日葵「変な人が抱きついてきたから、縛って・・・警察に突き出そうとしたら、変な事を言い出しましたわ・・・」


京子「ふふふ、ひまっちゃん信じてないね・・・まぁ無理もないよ、私だったら信じないし」

櫻子「おぉー!本物っぽい!」

向日葵「櫻子!信じないで!警察に通報しますわよ!」

櫻子「えぇー、本当かもしれないじゃん」ブー

京子「そうだよーそうだよー」


宥「ひゃあっ!く、玄ちゃん・・・そんな所吸っても出ないよ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:19:49.91 ID:kEwLi0NU0
松実宥ちゃんの母乳飲みたい


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:41:59.07 ID:kEwLi0NU0
玄「んっ・・・ちょっと、お姉ちゃん静かにしててよ」チュパッ

玄「私が吸って・・・ん、チュ・・・出してあげるからね」

宥「玄ちゃぁ・・・ぁん、やめて・・・そんなに吸われちゃったら私・・・」

玄「大丈夫だよお姉ちゃん・・・チュパレロ、絶対に気持ちよく・・・してあげるから」

玄「おまかせあれだよ・・・」チューチュー

宥「くっ・・・玄ちゃぁん、くすぐったいぃ~」ビクンッ


怜「……うちヤンデレやし」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 13:51:35.80 ID:Bzj9wbD30
竜華「せやから病弱アピールは……へ?」

怜「うち竜華のこと大好きや。友達やなく、違う意味で好きやねん」

竜華「……え?」


はい


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。