Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥「仕事が終わらない…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 21:42:14.45 ID:zG8+j5eTi
小鳥「はぁ」

小鳥「なーにが…」

小鳥『このくらい余裕ですよ!』

小鳥「…だか」

小鳥「見栄張るんじゃなかった」


小鳥「日付変わる前に帰れるかなぁ」


京子「昨日すげぇかわいい娘見た!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 15:30:16.77 ID:hmvczxFE0
京子「ぶらぶらと買い物してたらさー」

京子「ふりふりのスカート着た同年代くらいの子がいたんだよ」

京子「髪型は少しショートっぽいんだけど頭にカチューシャつけてて、それがまたギャップがあってかわいかったんだよね!」

京子「雑貨屋さんに入ったからついていってみたら、小物とか見てニコニコしてんの!」

京子「もうかわいすぎ!って思って声かけようと思ったんだけど気づいたら見失っててさー」

結衣「へ、へぇ……」

京子「あーまたどっかで会えないかなー」



結衣(それ絶対私だ……)


宥「玄ちゃんの体温温かい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 13:05:30.58 ID:5czjmePJ0
宥「玄ちゃんを抱いて試合に出よう」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 13:10:28.12 ID:5czjmePJ0
針生「阿知賀女子次鋒、松実宥」

針生「えーっと……先鋒の松実玄と一緒に出てきました。 一体どういうことでしょうか?」

咏「わっかんねー!」


泉「お手柔らかに!」

宥「よ、よろしくお願いします……」

玄「お姉ちゃん頑張って!」

泉(なんで先鋒が一緒にいるん……)


櫻子「しんろ…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 06:28:50.50 ID:nwRyJsC80
向日葵「櫻子、あなた進路はもう決めましたの?」

櫻子「しんろ…って、なに?」

向日葵「…そこから説明しなければなりませんの?」ハァ

櫻子「」ムカッ

向日葵「卒業したあとはどうするのかっていう話ですわ」

櫻子「あーそういうことならそう言えよ」


櫻子「あれ?でも、私たち卒業しないじゃん」

向日葵「何をのんきなことを・・・」


向日葵「今朝の全校集会で、今年からは全員歳をとることになったって言ってたでしょう?」

櫻子「え、そうなの!?」


P「ただいまー」 美希「おかえりなさいなの!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 20:54:23.03 ID:Aid/VSVf0
美希「お風呂にする?ご飯にする?それとも・・・ミキにする?」

P「じゃあ、美希で」グイ

美希「ふあ」ポス

P「あー…落ち着く」グリグリ

美希「えへへ」

P「……」

美希「……」

P「…やっぱ、ご飯で」グゥー

美希「ミキも」グゥー


憧「これってしずのジャージ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 03:11:01.86 ID:ujK6ttWM0
眠れないから眠くなるまで書く


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 03:16:11.88 ID:ujK6ttWM0
憧「まさかこんな所にしずのジャージと同じものを扱っている店があるなんて……」

憧「これを買ってすり替えれば……」

憧「しずの4年物のジャージが手に入る!」ムフー

憧「そうとなれば早速購入だね」

憧「う、割と高いけどあの子のジャージを手に入れるためならこれぐらい!」

アリガトウゴザイマシター

憧「ふふっ、久々にいい買い物したなー」


やよい「ぐみんどもー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:13:35.73 ID:KnMZvQvF0
P「やよい、ぐみんって意味を知ってるか?」

やよい「いいえ、しりません!」

P「じゃあ何でそんな事を行ったんだ?」

やよい「今度やるお仕事でこういう風にお願いしますっていわれました」

P「そうか……」

やよい「わたしにしたがえーぐみんどもー!」

というのをお願いします


蒲原「ワハハー、私はダンスで食っていくぞー」咲「嶺上開Hoooo!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 18:36:07.23 ID:hFlnRKC50
蒲原「ワハハー、暇だから散歩するかなー」ガチャッ

佳織「智美ちゃんって外に出るのすきだよねー」

蒲原「この季節はなー、変人が多くて散歩が楽しいんだー。ワハハハ」

佳織「変人って……そういう人達は切れやすいっていうから気をつけなきゃ駄目だよー」

蒲原「ワハハ、心配はないぞー。私はどんな変人とも仲良くなる自信があるからなー」

蒲原「それになー、私はこいつちょっとおかしいんじゃないかってくらいの人が好きなんだー」

佳織「えっ、そ……そうだったの?」

蒲原「まあ変人と言ってもいろいろいるからなー、好きな変人嫌いな変人はあるよ。ワハハ」

蒲原「……おっ、噂をすれば何やら人が集まってるじゃないかー」


P「アイドル達にいきなりカンチョーしたらどうなるか反応を見たい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:37:12.77 ID:ja4A7kCs0

P「よし、決めた。 今日はカンチョーに徹しよう」

あずさ「あら、おはようございますプロデューサーさん」

P「あ、おはようございます。 あずささん」

あずさ「うふふ……」ニコニコ

P「あずささん……」

あずさ「はぁい? 何でしょうか?」

P「何だか今日は一段と……綺麗ですね」

あずさ「えっ……//// そ、そんな……」カァァ…

P「あずささんのこと、好きになってしまいそうです……」

あずさ「そ、そんな、急に、その……」カァァァ

P「あずささん……」ジーッ

あずさ「や、やですよ……そんな見つめられたら……」クルッ

P(よし、後ろを向いた……! 今だ……!)

あずさ「プ、プロデューサーさん、私……その……ずっと貴方のゴガヒャアアアアア!!?!」

P「よし……」 シュゥゥゥ…


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。