Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやせ「1レスでSSですか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 21:18:32.33 ID:PSc+OqlN0
あやせ「こんにちわー」

京介「ああ、いらっしゃい……って」

京介「びしょぬれじゃねえか……」

あやせ「あー、今スケベな目で見ましたね?」

京介「……服貸すから着がえてこいよ」

あやせ「スウェットですか……」

京介「不満か?」

あやせ「こういうときはYシャツとかじゃないんですか?」

京介「Yシャツなんて学校用のしか無いし」

あやせ「萌えない?」

京介「萌えるけども、ココはスウェットで」

あやせ「原作準拠ってやつですか」クンクン

あやせ「コレ洗ってありますか?」

京介「ちゃんと洗ってあるよ!!」

あやせ「そうですか、残念」


響「Pをペットにしたいぞ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 21:47:58.72 ID:tul+Jixa0
 


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 21:51:54.54 ID:nCqvGytb0
響「えっ」

響「な、何言ってるんさプロデューサー…」

千早「わかります」

千早「私も我那覇さん飼いたい」

響「えっ」

P「駄目だ!響は俺のだ!」

千早「いいえ、我那覇さんは私のものです」

的なの誰か


結衣「あかりを孤立させて私だけのものにしたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 13:01:31.59 ID:iZ0AmxJg0
結衣「そういうわけだから、あかりを無視してくれるかな」

ちなつ「分かりました。あかりちゃんの唯一のアイデンティティ『影が薄い』を守るためにも」

ちなつ「協力します!」

ちなつ(あかりちゃんを省いて、結衣先輩とお近づきに……)

京子「私も協力するよ!」

京子(なんとなく面白そうだから)

結衣「うん、ありがとう」

結衣(あとは折を見てあかりの味方をすればあかりは私のものに……)


こういう感じのヤンデレSSは需要があるのか


きらり「にょわっしょー☆」杏「……なに?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 10:25:12.76 ID:UDO7spHeO
きらり「きらりね、拳法おぼえちゃおーって思ってるの☆」

杏「はぁ?」

きらり「ケンちゃんかっくいーんだにぃ!」

杏「ケンちゃんって……あぁ、ケンシロウか」

きらり「にょわっ! 杏ちゃんしってるの?」

杏「まぁ有名だし……っていうか読んだの?」

きらり「うん!」

杏「……はぁ、誰が読ませたんだか」

きらり「んーとね!」

杏「あぁ、別に聞く気ないからいいや……帰りたい……」

きらり「んにぃ?」


ルッキーニ「マンマ~!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 21:58:33.47 ID:NQzOvocKO
シャーリー「うわ!ルッキーニ、なんだなんだ?」

ルッキーニ「ニャジュ~、マンマァ~」ゴロゴロ

シャーリー「はははっ、猫みたいだぞ!ルッキーニ!」

ルッキーニ「猫じゃないもん!」

シャーリー「それより、なんだよ。マンマが恋しくなったのか?」

ルッキーニ「今日はね、マンマの日なの。だから、いっぱいマンマに甘えるの!」

シャーリー「マンマの日って、母の日か。・・・って、母の日はそんな日じゃないぞ!」

ルッキーニ「いいんだよー、ニュジャ~♪」ゴロゴロ



竜華「大丈夫か、怜!」ブラックジャック「動かしちゃいかん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 22:54:39.04 ID:67IP6UH10
BJ「ゆっくり寝かせるんだ」

竜華「は、はい……」

BJ「呼吸が荒い、脈拍も……この娘は何か病気を持っているのかね」

竜華「あっはい、よく入院してて……」

BJ「じゃあすぐにかかりつけの病院に連絡を」

竜華「は、はい!」

フナQ「なんやこの変な人」

泉「お医者さんですかね……」


玄「おねーちゃん♪」宥「玄ちゃん~♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:54:12.97 ID:S5uHAvOd0
ご飯粒

宥「玄ちゃんのここ(ほっぺ)にご飯粒ついてるよ~」

玄「えーどこどこ?」

宥「もう、ここだよ」 ひょい、ぱくっ

玄「えへへ、ありがとおねーちゃん♪」 ニコニコ

宥「・・・」

宥「あ~、私のここにもついちゃった・・・取ってぇ玄ちゃん」

玄「お姉ちゃんわざとつけたでしょ~?でも取ってあげる」 ひょいぱく

宥「おいしい?」

玄「おいしいよっ」 ニコッ

宥玄「えへへ」


恒一「お風呂沸いたよ」鳴「うん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 21:59:14.07 ID:WPYj+nWg0
見崎宅

恒一「凄い雨だね」

鳴「台風だからね。榊原君びしょ濡れだけど大丈夫?」

恒一「少し寒いかも…見崎は?」

鳴「ちょっと濡れたけど平気。榊原君の傘なんだから、自分が入らなきゃ駄目だよ」

恒一「入ってたじゃない」

鳴「肩のとこだけね」

恒一「あれ以上入ったら見崎が濡れちゃうだろ」


竜華「最近怜が膝枕させてくれへん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:25:23.63 ID:Dw75HIiP0
竜華「……」

セーラ「どないしたん竜華。怜に内緒でウチら呼び出したりして」

泉「園城寺先輩に関することで、監督から伝令でもあったんとちゃいます?」

竜華「や、実はな、ちょっと皆に…相談したことがあんねん」

浩子「ほお、何や珍しく深刻な感じですやん」

セーラ「何でも相談してくれてええで。力になったるわ」

竜華「あのな、ここ数日…いやもうちょっと前からなんやけど…」



竜華「怜が膝枕させてくれへんのよ…」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。