Powered By 画RSS


森夏「富樫君が中二病を再発した!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:47:10.12 ID:cPEJ9AaO0
凸守「これでようやく駒が揃ったデス」

六花「私たちのダークフレイムマスターは不滅だった」

勇太「クックッ……」

森夏「……どういうことよ」


小椋「榊原くん、今月のお友達料払ってよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 23:52:30.25 ID:arg4gHM30
恒一「はい、2万円……」

小椋「確かに受け取ったわ」

恒一「これで今月も……」

小椋「分かってる。でも皆の前では話しかけないで」

恒一「……うん」


宮子「ゆのっちが寝てる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 14:30:45.00 ID:XuhHpe5a0
宮子「ゆのっち~遊ぼ~」トントン

宮子「カギ開いてるし入るね」ガチャッ

ゆの「むにゃむにゃ…」zzz

宮子「お~ゆのっちがぐっすり寝てる~」

宮子「んー起こすのもゆのっちに悪いしな~」


かいけつゾロリ「ごらく部?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:12:30.99 ID:NWMc7ViqO
ゾロリ「すっかり迷っちまったなぁ」

イシシ「オラもうお腹ペコペコだ」

ゾロリ「俺様もだ」

ノシシ「あ、あの小屋なら人がいるかもしれないだよ!」

ゾロリ「でかしたぞノシシ!誰かいるかもしれない
行ってみようぜ!」


亜美「真美のクラップ音ってさ」雪歩「へ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 11:13:23.00 ID:fuXbld4c0
亜美「なんかえっちくない?」

雪歩「?」

亜美「ちょっとゆきぴょん今PSPある?」

雪歩「え……? ちょっと待ってね」ゴソゴソ



雪歩「で、どうするの?」

亜美「オプチョンでね、この真美の二つ目のクラップ音を……」カチ


  「に♪」


雪歩「…………?」

亜美「連打すると……」カチカチッカチカチカチ


  「ぃんっぃぃんっ♪ ぃんぃんっ♪」


雪歩「うわぁ」


唯「私の誕生日だからこそ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 01:17:18.30 ID:UgC/5Tzb0
唯「ねえ憂」

憂「なあにお姉ちゃん」

唯「ちょうど日付も変わって・・・」

唯「今日は11月27日!私の誕生日だよ」

憂「知ってるよ、おめでとうお姉ちゃん」

唯「ありがと~」

唯「それでね、私やりたい事があるんだ」

憂「やりたいこと?」

唯「うん」


律「行けよファングゥ!」唯「びゅーん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 23:40:33.79 ID:hSEvqS8d0
唯「びゅーんびゅーん」

梓「?」

唯「ひゅんひゅんひゅん!」

梓「あの……」

唯「しゃー!」

梓「にゃっ!?」

唯「あずにゃんむぎゅー」

梓「むーっ!? ///」

律「ファングなんだよぉ!」

紬「おおー」


真「ボクだけの」貴音「王子さまになりましょう」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 21:57:27.13 ID:cp769AX50
真「はあ~やっぱり王子さまっていいなあ~。ボクの前にも現れないかなあ~」

小鳥「ふふふ、真ちゃんは本当にそういうの好きねえ」

真「えへへ。どうしても憧れちゃうんですよねえ。ボクもかわいいお姫さまになりたいですよ~」

貴音「ただいま戻りました」ガチャ

小鳥「あ、貴音ちゃんお帰り~。雑誌のモデルのお仕事どうだった?」

貴音「……本日も面妖な服をたくさん着させられました」

貴音「本日のこんせぷとは、『中世のお姫様』だったそうなのですが」

小鳥「あら、貴音ちゃんにはとても似合いそうじゃない」

真「……貴音みたいな、綺麗なお姫様もアリだなあ」


やよい「私のオセロに触るな!!」 P「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 10:05:43.19 ID:Da0Wi1g10
やよい「触れたな、貴様!!」

P「か、片づけようと思って……」

やよい「はっ……また私。うぅ……すいませんプロデューサー」

P「う、うん。気にしなくていいよ。でもいきなりどうして?」

やよい「オセロになると人が変わっちゃうんです……こないだ、伊織ちゃんとも」


灰原「少女連続強姦事件?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 21:40:25.89 ID:GviFPpqT0
博士「あれぇー? ないのう、ないのうないのう!」

灰原「ちょこまかされると邪魔臭いからやめてくれないかしら」

博士「おぉ哀君! ちょっと開発した薬が無くなってしまってのう!」

灰原「何の薬?」

博士「ちょっとした媚薬みたいなもんじゃ」

灰原「あ、そ」

博士「ワシの年齢でもガチンガチンに勃起できちゃう、素晴らしい薬なんだがのう…」

コナン「博士、少女連続強姦事件って知ってっか」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ