Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宥「菫ちゃんを無視したらどうなるのかな……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:14:52.56 ID:wobwMMYG0
ID:nR41L/k70の代行


6 :代行、ありがとうございます!! 2013/02/01(金) 03:17:05.44 ID:nR41L/k70
菫「宥はまだかなー」ソワソワ

菫「付き合い始めて二か月……」

菫「今日こそは……宥の手を握るぞ!!」

菫「そのために今日は、自然に手を握ることのできる映画を選んだ」

菫「しかも今話題になってる恋愛映画『アラフォーだって恋がしたい!』」

菫「これを見ながら、良い雰囲気になってきたら……」

菫「そ、その時に、さ、さりげなく、ゆ、宥の手を……////」

菫「よ、よし、イメージトレーニングはこれで大丈夫だな」


亜美「素直になれないお姉ちゃん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 02:03:40.52 ID:AHg47B3U0
P「なあ真美、今日のスケジュールについて確認なんだが……」

真美「えー、いいよそんなの。さっき自分で見たから」

P「そ、そうは言ってもだな……」

真美「兄ちゃん……真美のこと、いつまで子供だと思ってんのか知らないけどさ……」

真美「真美だって、自分のことくらい自分で出来るんだから」

P「はあ……」

真美「いっつもそーやって、真美のこと下に見ちゃってさ……」


幸子「ええ!僕は可愛いので!」モバP「俺の方が可愛い」幸子「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 06:25:56.66 ID:xQJGttgJ0
モバP「うん?どうした?幸子」

幸子「え?い、いや何でもないです……」

モバP「ははは、わかったぞ!照れてるんだろ、まあ仕方ないか!だって俺が可愛すぎるもんな!」

幸子「」


魔梨威「私は本音で生きていく!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:41:28.23 ID:00DUu9fcI
魔梨威「お後がよろしいようで」


ガラ


魔梨威「まったく、一体何だったって言うんだい」

木胡桃「どうしたの?マリーさんなんかあったの?」


このssは女の子のかわいさをお楽しみいただくため、邪魔にならない程度のさし障りのない会話をお楽しみいただくssです


櫻子「ちちゆれエフェクター?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 00:24:10.92 ID:xNzQzU7G0
西垣「そうだ、暇だったので作ってみた、やろう」

櫻子「いいんですか?」

西垣「作りたかっただけだからな、簡単な機構だから大室でも問題なく使えるだろう」

櫻子「やったー!で、これどうやって使うんですか?」

西垣「手に持ってスイッチを押す、すると中の振動共鳴波発生伝導装置が動きちちゆれ波を拡散させる」

西垣「拡散したちちゆれ波が二つの丸い脂肪…つまりおっぱいの事だな、これにぶつかると」

西垣「振動共鳴を引き起こし、ぷるんっと揺れる」

櫻子「?」

西垣「つまり…近くにいる人のおっぱいを揺らせる装置だ」

櫻子「おもしろそー!!」キラキラ


クラリス「誰が為に」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 23:39:20.78 ID:LvneeFTy0
モバマス、クラリスSSです。
――

P「はぁ……」

P(あいつらをもっと有名にしてやりたい……)

P(間違いなくあいつらは輝くものを持ってる。俺みたいな実績も余りないプロデューサーに言われてもしょうがないけどさ)

P(あいつらは慕ってくれてるが、アイドルをするために事務所に来てるんだし、このまま仕事が増えなかったらいずれ……)

P「駄目だな。俺が暗くなってどうする。俺が下向いてちゃ取れる仕事も取れなくなっちまう」

P「とは言え、誰かに話を聞いて欲しい気もする」

P(もう事務所に戻っても誰もいないだろうし、ちひろさんにならともかく、アイドルに愚痴を言うプロデューサーってのは正直ダメだな)トボトボ

P「ん?」

P(こんな所に教会なんてあったのか。シスターさんなら話を聞いてくれるかな)


P「今日も千早と響」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 17:52:32.54 ID:OxE81L3v0
千早「~♪」

ババン
「97.2点」

響「おおー!さっすが千早だぞ!」

千早「まあ、こんなものかしら」

千早「あら、我那覇さん。次の曲、入れないの?」

響「んー。もう、飽きちゃったよー」

千早「たしかに、私も疲れて来たわ」

響「でもいいなー千早の家、カラオケセットなんてあるんだな」


沙織「一年生の娘に告白されちゃった…」麻子「…え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 19:28:33.20 ID:Ff+CM+wW0
麻子(昼休みに、私と二人っきりになりたい)

麻子(そして来てみたら、いきなりこれか…)

麻子「…おい沙織」

麻子「いくら男に縁がないとはいえ、その冗談は趣味が悪いぞ」

沙織「冗談じゃないんだってばー!」むすー

私の目の前で困り顔を浮べる彼女の名は、武部沙織

私、冷泉麻子とは小学校からの付き合いで、一般に言う幼馴染の関係だ


P「真美のサイドテールを捕まえてみる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:33:23.53 ID:MF4ryVeo0
亜美「んっふっふ~、兄ちゃん隙ありぃっ!!」ワキバラグニィッ

P「おぅふっ?!」

真美「背中がガラパゴスだZE!」クスグリッ

P「あひゃあっ?! お前ら!」

亜美「捕まえてみろ→い!」

真美「退散じゃ→!」

P「お前らっ!」スカッ

亜美「甘いっ!」

P「このっ!」ギュッ


真美「ぁんっ!」


P「?!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。