Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女勇者「魔王の胸柔らけー!」魔王「離れろ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 21:30:24.68 ID:GtLJ9Uwh0
魔王「いい加減にしろ!」バッ

女勇者「えー?」ワキワキ

魔王「だいだい貴様は何でここにいるんだ!」

女勇者「魔王が戦ってくれないしー」

女勇者『女子供と戦う趣味は無い!』キリッ

女勇者「かぁっくぃー! 濡れる!」

魔王「くそ……なんでこんな者が勇者なんだ」


郁乃「末原ちゃんの声集めてボーカロイドっぽいの作ったで~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 22:57:18.59 ID:U4avJrfw0
――姫松高校・末原だいすきクラブ秘密基地

郁乃「じゃーん!」

洋榎「代行、あんた、天才やったんやな…」

漫「名前は、名前はどないしましょう!」

郁乃「漫ちゃん、へい漫ちゃん、あんた酔っぱらっとんのやったら逮捕&裁判やで?」

洋榎「せやな、未成年飲酒で死刑や」

漫「え、なんですかそれ、うち、なにかへんなこと…」

郁乃「末原恭子、スエハラキョウコ、これを超える名前がこの世にあるんか?あ?」

漫「あ…」

洋榎「口にするんも愚かしい愚問やな、愚問や、愚問やろが」

漫「す、すいません!うち、うち…!」

郁乃「以後気を付けや~」

洋榎「今回は書き取り教育で勘弁したるわ、この新品のノート一冊「末原恭子」の文字だけで埋めて提出せえ」

漫「喜んでやります!うっひゃあ!」

郁乃「あらあら、これじゃあ罰にならへんな~」


響「プロデューサー、勝手に消しゴムの角使ったな!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 14:09:03.41 ID:q5SByBM60
P「!!」

響「弁償してよ!ねえ、弁償してよ!」

P「す、すまん悪気は無かったんだ……」

響「謝ったって消しゴムの角は帰ってこないぞ!どうしてくれるんだ!」

P「うう……」

響「弁償してよ!弁償してよ!」

P「ゆ、許してくれ!なんでもするから!」

響「じゃあ自分の消しゴムの角を元に戻して!」

P「む、無理だよ……」


漫「先輩と夕立」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 00:48:29.13 ID:gB4nQZeT0
~~~~下校時刻・昇降口~~~~

漫「うわー、けっこう降っとる。ちゃんと傘持ってきてよかったわ……」

バサッ

漫「ん?あれ……あそこにいるの、末原先輩……?」



恭子「……」キョロキョロ


漫「何してんねやろ……」



恭子「……はぁ」




漫「帰らへんのかな」


漫「あ」


漫「末原先輩、傘持ってへん……」


六花「節分!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/05(火) 00:49:55.98 ID:k4hmU1CP0
富樫家リビング

勇太「ん?母さん節分用にわざわざ豆買ってきたのか」

六花「ゆうた、それは私にとってとても危険。近づけてはいけない」

勇太「お前大豆も苦手だったっけ?」


貴音「はろうぃんですか?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 18:14:39.20 ID:/zoDHHGu0
小鳥「ええ、なにか仮装とかする予定はあるの?」

貴音「失礼ながら、私ははろうぃんというものを存じ上げないのですが……」

小鳥「え!?貴音ちゃんハロウィン知らないの?」

貴音「はい……」


ベジータ「今日から貴様らのプロデューサーになったベジータだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 12:50:50.89 ID:8Xf7ZKco0
アイドル一同「…………」ポカーン

ベジータ「……む?」

高木「ああ、いきなりのことでアイドル諸君も面食らったしまったかな? では、まずは私から説明しよう」

ベジータ「ふん。手短かに頼むぞ、社長」

高木「ああ、わかっているよ。ええ諸君、ベジータ君は惑星ベジータの王子でね。戦闘民族サイヤ人の数少ない生き残りなんだよ」

春香「は、はあ……」

やよい「わくせいべじーた?」

貴音「これはまた面妖な……」


みく「お? あそこにいるのは…」輝子「~♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 11:46:34.04 ID:sr5Pge6C0
みく「あれーっ? きの子ちゃんだにゃ!」

輝子「フヒッ! あ……お…」

みく「おっはにゃ~☆ こんな街中で会うのは初めてだね!」

輝子「お、おはっ……ぉはよぉござ…す…フヒヒ」

みく「何してるにゃ?」

輝子「か、買い物、です…ょ。ま、前川さんは…?」


優花里「わたしも負けていられません!」

1 : ◆1BrjSSUSHI 2012/11/24(土) 20:47:07.12 ID:PUYtln+D0
沙織「もうちょっと急ごうよ!」

沙織「限定スイーツ、売りきれちゃう!」

華「そんなに急ぐと危ないですよ」

麻子「・・・また転ぶぞ」

沙織「転ばないもーん」

沙織「ほら、みぽりんも早く!」

にぎっ

みほ「わ、わかったから手を引っ張らないでー」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。