Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「結衣がいなくなったら」結衣「いや、いるから」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 23:22:26.31 ID:7qltk0Pg0
京子「という妄想を寝る前によくします」

結衣「どんな妄想してんだよ」

京子「えっとねー」

結衣「言わんでいいから」

京子「いいから聞けって」

結衣「別にいいって」

京子「私は結衣ん家に泊まってて、朝起きたら結衣がいないんだよ」

結衣「おいコラ」

京子「でね、部屋中探すんだけど見つからなくて、押し入れにもいなくて」

京子「コンビニにでも行ったんだと思って、漫画読みながらラムレーズン食べて待つことにするの」

結衣「主不在の家でやりたい放題だな」


ナミ「海賊デ○ルドセット……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 02:58:37.32 ID:GaHPH05+0
ナミ「なによこれ……たくさん入ってるのね……」ゴソゴソ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:08:43.37 ID:GaHPH05+0
ナミ「まずはこれね……」スッ

ナミ「エロワード・ニューゲート……か」

ナミ「ものすごくでっかいわね。それに、ボタンが付いてるのね」

ナミ「とりあえず入れてみましょ」ヌプッ

ナミ「んっ……! な、なんて……ダイナミックな質感……ハァハァ」ヌプヌプッ

ナミ「もうこれだけで充分……イキそうだけど……ハァハァ」

ナミ「これで、ボタンを押すとどうなるのかしら……ハァハァ」ポチッ


ブ――――ン


ナミ「!」


やよい「流石にこれはちょっと引くかなーって」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:36:46.88 ID:BVsRcDHP0
P「……」ズズ

P「……(今日もコーヒーがうまい)」

千早「……高槻さぁん」スリスリ

P「……(うん、アイドルのみんなも通常営業だな)」

やよい「……」

千早「……高槻さん、ハァハァ」スリスリ

P「はっはっは、お前らは相変わらず仲がいいなぁ」

やよい「うっうー、千早さん!」

千早「何かしら?高槻さん」

やよい「流石にこれはちょっと引くかなーって」

千早「!?」

P「!?」


さやか「凄い、これが進研ゼミ・・・!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:51:52.53 ID:7faitF+90
----教室 休み時間----

さやか「うあぁぁぁぁ! 中間テストの結果、散々だったよ・・・」

さやか「まどかはどう?」

まどか「わたしもイマイチ、かなぁ」

さやか「期末もこんな感じだと本気でヤバいかも」

ほむら「毎日ちゃんと勉強しないからよ」

さやか「むぅ・・・」


咲「やっぱり間違ってる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:54:49.98 ID:mjHzZyjv0
咲を1ミリも知らない状態でキャラ同士の会話とか書いていく


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:00:04.75 ID:mjHzZyjv0
咲「和ちゃんっておっぱい大きいね」

和「今更指摘されても…」

咲「和ちゃんはソッチの気があるよね」

和「そう、ですか?」

まこ「さすがにガチはヒキますねえ」

優希「淫乱で、しかも体売ってそうだよ」

久「…(それは言いすぎじゃ)」


森久保乃々「手作りとか...むーりぃ...」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:10:38.62 ID:MuZdJeZC0
代行ID:3iU8HJDE0


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:13:01.71 ID:3iU8HJDE0
代行感謝です。
モバマス森久保乃々ssです。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:13:44.53 ID:3iU8HJDE0
「手作りとか…むーりぃ…」
チョコレートのレシピを片手にしながら呟く。
そもそもチョコレート作りどころか、料理すらまともにしたことがない。
そんな私がどうしてこんなことをしているかというと、
いつもお世話になっている“あの人”に感謝の気持ちを伝えようと思ったから…。


シリウス「騎士団のリーダーは、誰だと思う?」リーマス「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:08:09.43 ID:/yaHePaX0
グリモールドプレイス十二番地

リーマス「……ダンブルドアだろう?」

シリウス「あの人はどちらかというと、司令官ポジションだと思うわけだ」

リーマス「また君は……なんだい、今度は何の本を読んだんだ?え?」

シリウス「これだ。ジャパニーズ・マグルの、特撮というやつらしい」

リーマス「トンクス、ちょっとこっちにきてごらん。この犬に何を与えてるんだ」

トンクス「あー、っはは。面白いかなーってさぁ」

リーマス「どうするんだ、ハリーが不死鳥レッドにされてしまったら」

シリウス「何を言ってる、ハリーはブラックだ。髪の毛が黒い」

リーマス「そうだな、それに君の名前もブラックだしね。朝食はドックフードでいいかい」

トンクス「シリウスってたまにバカだよねぇ」


宥「1日、私のペットになって」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:52:42.19 ID:0/9YNPyW0
宥菫同棲エロもの。
このSSには若干の18禁表現が含まれています。
読む際はご注意ください。

基本的に会話文ですが、表現しきれない所は地の文も入っています。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:55:10.06 ID:0/9YNPyW0
宥「1日、私のペットになって」


菫「…すまないが私の聞き間違いかもしれないから、一度言ってくれないか?」

宥「だから…今日1日、菫ちゃんに私のペットになってほしいの」

菫「それがお願いなのか?」

宥「うん」

菫「ふぅ」


菫(昨日突然、照と宥の妹がウチに来て、お菓子を食べまくるはゲームで遊ぶは散々

好き勝手適当にやっておいて、最後は賭け麻雀で1位が4位のお願いを一つ聞くとか

いう試合を吹っかけてきたからおかしいとは思っていたんだ―


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。