Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やよい「雑誌の撮影ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 10:28:48.82 ID:e+jeRkYy0
P「あぁ、やよいに依頼が来たぞ」

やよい「はわっ、ほんとですか?」

P「水着撮影だけどいいか?」

やよい「はい!」

やよい「一生懸命、がんばりまーす!」


童貞「クソ!童貞卒業のチャンスなのに勃起できない!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 22:47:34.99 ID:jvr2fPRj0


女「ね、ねえ……まだ挿れてくれないの?」

童貞(こ、このままじゃ彼女に呆れられて帰られてしまう!)

童貞(このままじゃ……このままじゃ……!)

隊員A「せっかくの筆おろしできる夜だというのに勃起できないのかい!?」

童貞「誰!?」

隊員B「でも大丈夫!」

童貞「だから誰!?」

隊員C「私達『勃起させ隊』が!」

隊長「あなたのおちんぽ、ばっちりむっくり勃起させちゃいます♪」

童貞「!!?」

隊員A「そーれ勃起♪勃起♪」チュッチュッ

隊員B「そーれ勃起♪勃起♪」ムニムニ

童貞「うぉぉぉぉぉぉ!」ビィィィンッ!


響「...」クンクン P「...」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 04:28:17.87 ID:GCyn65HV0
響「~♪」クンクン

P「なあ、響」

響「何?プロデューサー」クンクン

P「何してんの?」

響「?プロデューサーの匂いを嗅いでるさー」クンクン

P「いや、なんで?」

響「?プロデューサーの匂いが好きだからだぞ?」クンクン


尭深「お財布をスられてしまった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 00:41:24.06 ID:BEXO/3y80
ID:3xhZQVd70の代行だよー


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 00:44:01.36 ID:3xhZQVd70
アシャス!!
時系列的には煌「お財布をスられてしまいました」の続編だよ!!


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 00:44:38.35 ID:3xhZQVd70
大阪駅

尭深「連休中の西日本茶葉名産地巡りもひとまず終わり…」

尭深「あとは新幹線で東京に帰ろう」

尭深「明日からはまた麻雀漬けだ…」

ドンッ

尭深「きゃっ…すみません」

おっさん「おっと、すまんな」タタタ

尭深「いえ…」

尭深「…!」ハッ


尭深「お財布が…無い…」


春香「おはよう、我那覇!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 03:55:30.99 ID:Xkh40PgZ0
響「えっ? お、おはよう……春香」

春香「あれ? 今日は『はいさーい』って言わないの? 我那覇」

響「え、いや……っていうか」

春香「ん?」


アスカ「私が言うと可愛い捨て台詞ランキングぅ!」シンジ「はぁ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:11:09.07 ID:Fh+5OUgX0
アスカ「第一位!!」

シンジ「・・・」

アスカ「アンタバカぁ?」

シンジ「」イラっ

アスカ「あによ?文句庵野!?」

シンジ「いえ・・・別に」

アスカ「ちっがーう!!」

シンジ「へっ?」

アスカ「そこは」

アスカ「うほぉおおお悶絶モノですぅ!アスカたまぁああああ!!」

アスカ「でしょ!!」

シンジ(なんだこいつ・・・うぜぇ・・・)

アスカ「全く!空気読みなさいよ!!」

シンジ「いや・・・その、ごめん・・・」

アスカ「続きまして・・・」


律子「チョコを渡しそびれて一週間・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 19:24:35.97 ID:uJw8bFhR0
律子「気づけばバレンタインは先週の話」

律子「街はむしろひな祭りの準備を始めてる」

律子「今更渡すのも違う気がするし、どうしようかしら」

律子「はあ・・・」

律子(あのとき渡しておけば・・・)


ゆっこ「え?魔法少女?」QB「そうさ!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 20:14:40.04 ID:suqRs5ki0
QB「僕と契約して魔法少女になってくれたら」

QB「君の願いを一つだけなんでも叶えてあげるよ!!」

ゆっこ「へー」ツンツン

QB「うにゅっ、ねぇ!ゆっこ!僕と契約してよ?」

ゆっこ「契約したらどうなるの?」

QB「だからっ!魔法少女になるんだよ!」

ゆっこ「へー。かわいいなぁ」ツンツン

QB「」


憧「憧和迷宮」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:50:18.31 ID:UCj7a7+d0
 さぁ、全国中学生麻雀大会個人戦決勝戦。現在トップは長野県高遠原中学、原村和――
 
 県16位で終わった、あたしの中学最後の個人戦。
 あたしの麻雀は、ここで一区切り。引退して、受験を意識するシーズンに入る。
 勉強も日頃からさぼってはいないから、特に必要以上に受験勉強に追われる緊張はないのけれど。
 入学してから続けてきた部活が終わる。晩成高校の受験を合格するまで、あたしの生活のなかから一時的にでも部活が消える。それは、なかなかになかなかな空白を胸に残して。

 ぼんやりとしたからっぽを持てあましつつ、ベッドに座ってテレビをつけていた。
 私が敗退したその先の、全国大会。そこに映るなつかしい姿を、息をつめて、見つめている。


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。