Powered By 画RSS


亦野「せーこっ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:06:39.42 ID:sYtY9hYK0
誠子「でもそんなんじゃだーめ」

誠子「でもそんなんじゃほーらっ」

誠子「こころーはしんかーするよ」

誠子「もっともっと」

誠子「(間奏)」

誠子「ことばにすればー」

菫「消えろ」


乃莉「メガネを買おう!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29(金) 02:35:16.67 ID:LDtIBeQh0
自分は(眼鏡掛けた経験は)ないです
のりさえのようななにかです


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29(金) 02:38:53.97 ID:LDtIBeQh0
103号室

乃莉「ん~、」

乃莉「ああ…」

乃莉「まずいなあー…」

乃莉「うわー」

乃莉「どうしよう…」

乃莉「あ~」

トントン

乃莉「うわっ!?」


あかり「プレゼント何にしようかな~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 14:58:17.36 ID:FvPyG//N0
京子「あかり...好きだよ」

あかり「.....」

---なぜ、こんな事になったのか…それは朝の出来事だった---

~~~朝 赤座家~~~

あかり「どうしよう...」

---今日、3月28日は京子ちゃんの御誕生日---

あかり「結局プレゼントは思いつかなかったし...」

あかり「ん~~~っ」


クロウ「遊星それ何だ?」 遊星「オナホール」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 22:47:49.39 ID:5uyGcty40
クロウ「オ、オナホ?」

遊星「ああ」

クロウ「お前がオナホ何てな」

遊星「俺のじゃない。これは龍亞にやるやつだ」

龍亞「遊星ー!」

遊星「来たか」

龍亞「何か俺にくれるんだよね?」

龍可「昨日からずっと言ってるのよ。遊星がプレゼントくれるって」

遊星「これだ」

龍亞「これ何に使うの?」

遊星「ナニに使うんだ。なあ龍可」ニヤッ

龍可「」


白坂小梅「プロデューサーさん…つ、憑かれてる?」モバP「ん?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:20:02.85 ID:iupwgbOD0
P「……そう見えるか?表には出してないつもりだったが」

小梅「は、はい……はっきり見えます……」

P「うーん、アイドルに心配はかけたくなかったけど……正直キツいとは思う」

小梅「や、やっぱり……ど、どうするんですか…それ……?」

P「いやいや、小梅が悩む事じゃないって。仕事が増えたのは嬉しい悲鳴ってやつなんだから」

小梅「……え?」



P「小梅にそう言って貰えるだけで、疲れなんざ吹き飛ぶよ」

小梅「…あ、あれ……?」


モバP「誕生日おめでとう!」小梅「は、はい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:55:28.30 ID:f74lQBKs0
P「めでたいなあ!」

小梅「…あ、ありがとう、ございます」

P「なんだなんだ?そんな恐縮しなくていいんだぞ!今日はお前の記念日なんだから!」

小梅「でも…こういうの、わ、私初めてで…どうしたら、いいの?」

P「(あーもう可愛いな)」


ちなつ「京子先輩の誕生日かぁ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:54:00.25 ID:tX5ko3Ov0
ちなつ「あかりちゃん、部室行こう?」

あかり「あ、今日は部活やらないって京子ちゃんが言ってたよ~」

ちなつ「え?先輩が?」

あかり「ほら、明日京子ちゃんの誕生日だから、みんなプレゼント買うので忙しいでしょって」

ちなつ「だ、誰が言ったの?」

あかり「京子ちゃんだよぉ」

ちなつ「な、なんと図々しい……」

あかり「だから今日はこのまま一緒に帰ろうね」

ちなつ「……うんっ、そうだね!」


喜多日菜子「吸血王子…むふふ♪」星輝子「フヒ…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 22:20:27.62 ID:DEJ28NPMP
日菜子「むふふ…今日も妄想していたら一日が終わっていましたぁ…むふふふ」

日菜子「あぁ、もうじき四月…新しい出逢いの季節ですねぇ……」

日菜子「出逢いかぁ…むふふ、今の時期なら王子様との出逢いはやっぱり満開の桜の下で……痛っ!」ゴン!

日菜子「いたた…妄想しながら歩いてたら棺桶に足を…え、棺桶?」

日菜子「なんで事務所に棺桶が……?」キョトン


弟「オ○ニーが止まらないよぉ!」姉「やめなさい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/26(火) 01:33:57.26 ID:TXx9GbEs0
弟「うおおおあおおお!!!止まらねぇええええええ!!!!」シコシコシコシコ

姉「小学生がそんなにしちゃいけません!!!」

弟「無理だぁぁぁぁ!!!止まらねぇよおおおお!!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコ

姉「せ、せめて……せめて何かオカズを見ながら……」

弟「いらねぇぇえええええええ!!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコ

姉(ヤバい)

弟「気持ち良いよおおおおおおおお!!!!」シコシコシコシコシコシコ

姉「>>5


あおい「蘭…最近モテすぎじゃない!?」蘭「はぁ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:24:07.43 ID:ZnfBoqrY0
~お昼ご飯

蘭「久しぶりだな、3人で食べるの。」

いちご「そうだね!」

いちご「最近はユリカちゃんも一緒に食べてるからね!」

蘭「ああ、まさかユリカと一緒にお昼ご飯食べる日がくるなんてな。」

いちご「そうだよね!ユリカちゃんとおとめちゃんまだかな?」

あおい「…」

いちご「あおい?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ