Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「あしどめミッション」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 21:44:44.43 ID:BpaEeqYD0
紬「もしもし」

梓『もしもし、ムギ先輩ですか』

紬「なにかようかな、梓ちゃん?」

梓『今どこですか』

紬「帰り道だよ」

梓『そうですか…。あの、純を見かけませんでしたか』

紬「純って…鈴木さん?」

梓『はい』

紬「ちょっと探してみるわ…でも、鈴木さんの顔をあんまり覚えてないの」

梓『あぁ、それなら大丈夫です』

紬「何か特徴でもあるの?」

梓『頭にでっかいホコリを2個つけてるので、すぐにわかります』

紬「あらあらまあまあ」


ロリ「ロリロリビッチ☆プッシーキュアだよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 18:41:00.12 ID:opecc9AX0
ロリ「プッシー(オマムコ)で☆ キュアキュア♪」

幼女「二人はプシキュア!!」

俺「グヘヘヘ~!!幼女の性感からは大量のハイトクエネルギーが生まれるぜ~!」

ロリ「そこまでよ!ヨウジョレイパー王国!!」

幼女「プシキュアが現れたからにはあなたは死ぬのです!」

俺「なんだとぉ~この雑魚がぁ~!逆にオマンコグショグショにしてロリロリハイトクエネルギーを吸収してやるぜぇ~!」

ロリ「そんなことはさせない!いくよッ!」


小鳥「酩酊したプロデューサーさんは手がつけられません……」

2 : ◆aHGz2Nt3qM 2013/03/31(日) 12:45:34.66 ID:KWm66EuAO
春香「プロデューサーさんが酩酊状態ってどういう事ですか!?まだお昼前ですよ!」

小鳥「来月のモバPさんと合同企画のライブの打ち合わせに向こうの事務所に言ったらうわばみに捕まったとか言って……」

春香「でもプロデューサーさんってそんなにお酒飲むイメージないですけど……」

小鳥「私達と飲みに行く時はセーブして飲んでるみたいで……ほら、プロデューサーさん気を使うタイプだし……酔わせて部屋に担ぎ込もうとしてもいつも私が先に潰れちゃうのよ」

春香「小鳥さん……未成年の前でそういう発言は辞めてください」

小鳥「その冷たい目……嫌いじゃないピヨ///」


誠子「チーム虎姫が変態だという風潮?」菫「くだらない」モグモグ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 23:30:47.13 ID:+eNS+zA60
菫「どこのどいつだ、そんな根も葉もない噂を流しているやつは」モグモグ

照「困るよね。ちゃんとしたお嬢様学校だよ、白糸台は」モグモグ

淡「淑女以外いないよねー」モグモグ



誠子「……あの、何を食べてるんですか?」

菫「宥のマフラー」モグモグ

照「咲のパンツ」モグモグ

淡「穏乃のジャージ」モグモグ


モバP「雨上がりにもう一度」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 02:58:40.49 ID:YWalehiko
ちひろ「………」 カタカタ

P(はぁ、なんか疲れたな………)

P(ん?メールが来てる) カチカチ

P「この前行った健康診断の結果か……」

P「うわぁ、思った以上に酷いな……」


P「765プロリアリティランキング」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:36:25.64 ID:yH/BGYnM0
P「を作ってみた」

小鳥「なんですかそれ」

P「765プロアイドル+律子の13名をリアルにいそうな順番に並べました」

小鳥「リアルってなんですか」

P「察してください」

小鳥「すみません」

P「そういうわけで13位から発表します」

小鳥「あ、私が聞く感じなんですね」


ドロッセル「人類について知りたい」ゲデヒトニス「左様でございますか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07(日) 00:07:43.35 ID:g4lIjJAG0
ゲデヒトニス「ならばこちらをお使いください」

ドロッセル「なによこの奇怪な箱は」

ゲデヒトニス「こちら、亡き御父上がご存命の時代に人類がコミュニケーションに使用していたという装置で御座います」

ドロッセル「なんと、人類はこの箱と会話していたというのか」

ゲデヒトニス「亡き御父上の残された書物によりますと、この箱は文字を使って情報を伝える装置だったようです。手紙のやり取りも行っていたようですが」

ドロッセル「文通は素敵ね」

ドロッセル「ところで、これでいかにして人類について知ればいいというのだ」

ゲデヒトニス「取扱説明書によりますと、こちらに指定する番号と質問を一つ書くと正しい返答が返ってくる、こともあるかもしれない、と」

ドロッセル「はっきりしないわね」

ゲデヒトニス「なにぶん古いもので御座いますゆえ」

ドロッセル「まあいいわ、早速使ってみましょう」

ドロッセル「えーと、>>5さん、あなたは人類ですか?」


一場靖弘「魔法少女?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07(日) 01:49:55.02 ID:i7mptbfL0
一場「あれから数ヶ月が経った。」

一場「俺はヤクルトを戦力外になりこうして体育教師としてこの見滝原中学で働く事になった。」

一場「第二の人生が今始まる……家族の為にも俺は頑張るしかないんだ。」

一場「野球が出来ないのは悔しい、でもどうこう言っている場合じゃないんだ!」


関「…」ゴソゴソ   横井(今度は何するの?関くん。)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07(日) 20:15:08.66 ID:wE7TCnCL0
関「…」ゴソゴソ

横井(今日もまた何かやってるよ、関くん…)

関「…!」ゴソゴソ

横井(何か取り出した?)


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ