Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子「第一回!一年VS二年腕相撲大会~!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 16:42:03.43 ID:UcA5MT+j0
京子「どんどんどんどん~♪」

櫻子「ぱ~ふ~♪」

あかり「わあい、あかり腕相撲するの久しぶりだよぉ!」

向日葵「あ、あの……歳納先輩?」

京子「ん?どったの?」

向日葵「一年VS二年って……二年は京子先輩だけのように見えるのですが……」

京子「ああ、結衣達はこの戦いについて来れないだろうから置いてきた」

櫻子「おおー!なんかかっこいい!」

ちなつ「……そういえば京子先輩って、2年のクラスメイト全員に腕相撲で負けちゃったそうですね」

京子「……」


櫻子「花子は橋の下で拾われてきたんだよ、やーいやーい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:16:10.13 ID:PsgJQF0J0
花子「そ、そんなわけないし!うう…櫻子のバカぁ!」グスッ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:26:31.10 ID:0dAlU+WD0
撫子「櫻子、あんた外にでな」

櫻子「なんで?」

撫子「いいから」

櫻子「なんでだよー!わけわかんない!」

撫子「んじゃ、これでちょっとアイス買ってきてよ
   あんたも自分の好きに買ってきていいから」

櫻子「ほんと!?やたー!じゃあ行ってくる!」 ガチャバタンッ

撫子「」 カチ


・・・

櫻子「ただいまーかってきたy」 ガチャガチャ

櫻子「あれ?ねぇちょっと開けてー!」 ガチャガチャ

櫻子「あけてよー」


やよい「とっきょーときょきょきゃきょくきょきゃきゃかどちきゃっ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 00:09:29.78 ID:ujPaaboKO
P「なんて?」

やよい「と…とっきょーときょきゃ…」

P「もう一回」

やよい「とうきょうとっきょきょきゃきょ…」

P「もう一回」

やよい「…と、ときょときゃ…」

P「…………」

やよい「…うぅ…ぐしゅん…」


亦野「淡のほっぺをもにもにしたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 22:00:28.17 ID:DvUT5nry0
代行ID:7u0oIkRQ0


5 :代行ありがとうございました 2013/04/11(木) 22:02:54.38 ID:7u0oIkRQ0
準決勝終了後 白糸台控室


菫「これより準決勝の反省を行いたいと思う」

菫「辛うじて決勝進出、そう言った方がいいな」

菫「正直、私たちが二位で通過するなど、想像もしていなかった」

菫「決して相手を侮っていたわけではないが、各自慢心や油断があったのは否定できないだろう」

菫「……もちろん、私も含めてな」

照「……」

尭深「……」ズズッ

亦野「……」

淡「うぅ……」グスッ


和「霧がでてきましたね」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/20(水) 20:18:07.21 ID:Df+byD9E0
12月

━清澄高校麻雀部部室

まこ「よっしゃ!今日はこれで終わろうかの」

優希「ふぃ~…今日もつかれたじぇ」

「犬!タコス食いにいくじょ!」

京太郎「犬じゃねえっ!ったく、しょうがねぇな、じゃあ先輩、みんな、お疲れさまです」

咲「おつかれー」

和「おつかれさまです。」

優希「みんな!おつかれさまだじぇ~」バタン、トタトタ…

和「咲さん、私たちも帰りましょう」

咲「うん!和ちゃん。染谷部長、お先に失礼します」

まこ「おう、気ぃつけて帰りんしゃい」

パタン


亜美真美「765プロ ハッピー計画」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 20:12:10.09 ID:h5FWkczv0
初SS+初スレ立てです。
アイマスを知ったばかりですので、指摘がありましたらお願いします。


亜美「兄ちゃんが長期の出張に出かけた」

真美「一週間が経過した」

亜美「兄ちゃん分が不足した事務所は荒んだ」

真美「涙の日々が続いている」

亜美真美「ここは亜美(真美)達がなんとかするしかないっしょ!」

亜美真美「765プロ ハッピー計画!!」

亜美真美「事務所の平和を…取り戻せ!」


少年「弟子にしてください!」騎士「給金次第」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/10(水) 20:47:19 ID:q2mnSQV.
少年「俺を弟子にしてくれ! いやください!」

騎士「弟子、と云われてもな」

少年「頼む! いやお願いします!」

騎士「わかった……休みの日に剣の稽古をつけてやる、ただし――」



騎士「――てなことが一年くらい前にあって、休みの日は広場でソイツに剣教えてるかな」

姫「へえー。アナタもそんなふうに、慈善事業みたいなことするのですね」


星輝子「イカれた仲間を紹介するぜェェ!!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 23:17:00.42 ID:rY+wmKmSo

輝子「ヒャッハァァァァァ!!

   選ばれし私の親友達よ、よく私のミサへ来たァ!!

   さぁ、まずは私のイカれた仲間を紹介するぜェ!!」


輝子「まずはリーダーの私、星輝子!!

   そして>>3>>7!!

   実は>>4>>8!!

   生まれてこの方>>5>>9!!

   そして>>6でお馴染みの>>10だァ!!!」

P「お、みんな。ライブのリハか?」

輝子「ヒャッハ……あ、はい……」


櫻子「宿題終わらなーいー!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:45:15.13 ID:Mh1tPHWg0
櫻子「春休み遊び過ぎたぁ~」

櫻子「うぅ…もうこんな時間だし…」

櫻子「もう!こんなのわかんないよ!」


櫻子「そうだ!こういう時こそ向日葵の出番だ!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ