Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯月「卯月ちゃんがかわいすぎて生きるのがつらい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 22:13:56.61 ID:+icEkMzS0
卯月「はい!」

凛「……はぁ?」

卯月「だから~、卯月ちゃんがかわいすぎて生きるのがつらい、だよっ、凛ちゃん♪」

凛「………」ペラリ

卯月「えっへへ~、恥ずかしがらなくてもイイんだよ~、凛ちゃん♪」

凛「………」ペラリ

卯月「凛ちゃん、さすがに無反応は悲しすぎるよ! いくら私でも頑張れなくなっちゃうよ!」バンバン


プレデター「成人せな娘と結婚させん言われたけん狩り場行こうと思うんよ」

1 : ◆F6lbtBSr3A 2013/04/13(土) 16:01:40.43 ID:eVUgTY9AO
プレ太郎「やけん。一緒に狩りさ行こうや」

プレ次郎「えーだりぃよ。他の奴誘えよ。お前氏族ん中や上のほうやっちゃしついてく奴沢山おろうが」

プレ五郎「ククク。ついに俺様の出番か……闇の爪を振るう時が訪れた」

プレ太郎「プレ五郎はやる気満々やけん決定やね。プレ次郎……お前、プレ光子の部屋ば覗いてたのチクっちゃろうか?」

プレ次郎「なんやて!? お前さんいつの間にそんこつを!」

プレ太郎「お前迷彩黙って借りてたじゃろう。あれ訓練と狩りしか使ったらいけんとによ」

プレ次郎「どげんしよ……軍曹にぶっ殺される……プレ光子の父ちゃんにも……あん人めちゃくちゃ獲物倒した猛者やとに」

プレ太郎「決定でよかね」

こうしてプレデターの若者達は通過儀礼の地に選ばれた地球へ向かった。


モバP「穂乃香と周子」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 23:36:23.24 ID:G0t8hMiZ0
モバマスSSです。
P「お、来た来た。こっちこっち」

穂乃香「あ、Pさん、お久しぶりです」

P「と言っても俺が向こうでスカウトしてから、そんなに経ってないだろうに」

穂乃香「言われてみればそうですね。改めまして綾瀬穂乃香です。これから、御指導お願いします」ペコリ

P「そこまで畏まらなくても。頭も下げなくてもいいって」

P(少し周りの目も気になるし…)

穂乃香「いえ、今から教えを請う側の人間ですからこの位して当然です」

P「ならいいんだけどね」

穂乃香「はい。それでは早速事務所の方へ――」

P「あ、待ってくれ穂乃香。もう一人来るんだ」


P「千早! 俺の妹になってくれ!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/04(木) 14:20:37.39 ID:hZLzCJdG0
千早「血は繋がっていませんので、無理かと」

P「待ってくれちーちゃん! お願いだから話を聞いて!」ガシッ

千早「いっ……?」

P「頼むってば!」ギュッ


メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」バッ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12(金) 01:51:52.33 ID:UlTa4X4R0
お嬢様「どわぁっ!?」ドターン

メイド「おやお嬢様どうなさいましたか、淑女にあるまじき叫び声ですよ」

お嬢「あんたが出させたんでしょうが!!」


小鳥「あぁほら、ネクタイ曲がってますよプロデューサーさん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:08:31.92 ID:w4jcIK5x0
P「お、サンキューんじゃ行ってくる」ナデナデ

小鳥「はいいってらっしゃい///」

小鳥「えへへ」


P「今日は外周りだから速く帰れるから! じゃっ」

ガチャ

小鳥「えへへへ///」クネクネ


貴音「それ以上近づくのであれば、わたくしはもう……!!」グッ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:07:10.40 ID:fj06jnGX0
美希「またまた卑怯なの!!」

響「貴音ぇ!!どうして……!!」ポロポロ

貴音「響、泣かないでください……」

貴音「響の泣き顔を見ると、わたくしの心が痛むのです」ニヤリ

千早「くっ……(板胸……)」

春香「(だから違うって)」

千早「……くっ!!(こいつ直接ry)」


結衣「京子飼育日記」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07(日) 05:04:37.38 ID:5iYoCAt80
●月▼日 船見結衣


今日から京子を飼い始めたので飼育日記をつけたいと思う。

京子が着てるのは首輪だけ。

首輪には鎖がついてるから部屋から出る事は出来ない。

ああ、それとこの日の為に部屋の防音工事をしてあるので、声が外に漏れる心配もない。

やっぱり、ペットを飼うに当たって一番問題なのが鳴き声だからね。

その辺はちゃんとしとかないと。


加蓮「奈緒って可愛いよね」凛「うん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:45:33.82 ID:M4Cz93hv0
凛「衣装を着る直前までは文句言ってたりするけど、いざ着ると鏡の前で嬉しそうにくるくるするよね」

加蓮「ね。あ、あとさ、Pさんが時間通りに来ないとソワソワするくせに、実際来ると『遅い!』って怒るよね」

凛「ね。全然怒ってるふうに見えないけど」

加蓮「そのあとちゃんと『怒ってごめん……心配だったから』って謝るしね」

凛・加蓮「可愛いよね」

奈緒「……あのさ、本人がいる前で言うのやめてくれない?」

en8BqND.jpg


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ