Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「やよいがうっうーしか言わなくなった」

1 : ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:02:36.86 ID:wK3E8HPS0
【諸注意】
・アイマスのSSです。
・一部キャラに違和感があるかもしれません。


2 : ◆1XmUjZEhOuLV 2013/03/04(月) 20:03:27.70 ID:wK3E8HPSo
P「……どういうことだ……」

春香「プロデューサーさん、何落ち込んでるんですか?」

P「やよいが…… やよいが……」

P「うっうーしか言わなくなった……」


ナミ「ヒマだし好きって言ってからかってみようかしら」ルフィ「……」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/25(火) 00:05:28.39 ID:bu8yQhQDO
ナミ「次の島までずいぶん時間があるわね……この辺り、周期的な変化もないから日誌に書くこともあまりないし…」


タッタッ

ルフィ「なあ、ナミー! 島にはいつつくんだ?」

ナミ「…あ、ルフィ。って、当分は海の上って昨日言ったばかりじゃない」

ルフィ「そうだったか?」
ナミ「そーです」

ルフィ「困った。ヒマすぎて腹減ってきたぞ」

ナミ「どういう理屈なの、それ……あ」

ナミ(こいつをからかって遊ぶのもおもしろそうよね)

ルフィ「どーした? ナミ」

足ブラブラ

ナミ(でも、こいつ何言っても過剰に反応するからな。何か返答に困る質問とか……あ、そうだ)


ナミ「ねえ? ルフィ」

ルフィ「?」

ナミ「好き」

ルフィ「ああ! オレもだ!」

ナミ「そういうのじゃなくて、あんたのこと愛してるの。ハンコックの話は聞いてる。あの人と一緒の気持ち」

ルフィ「……?」

ナミ「にぶいわね。だから、あんたの女になりたいって言ってるの」

ルフィ「母ちゃんなら間に合ってるけど」

ナミ「ぶっ。誰もあんたの母親になんかなりたくないわ!」

ルフィ「じゃあ姉ちゃんか?」

ナミ(どういう育ち方したらこうなるのかしら)


南条光「アタシはヒーローになれない……!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/08(金) 21:48:47.86 ID:nTG1mxC90
モバP「どうしたんだ? めったなことを言って」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/08(金) 21:49:38.70 ID:nTG1mxC90
光「だって、アタシは必殺技を持ってないんだ」

P「必殺技……ああ、そういうこと」

光「ライダーも戦隊も、ヒーローはみんなカッコイイ必殺技を持ってる。でも、アタシにはそれがない」

P「気にするな。光はアイドルでもあるんだから」

光「それでも理想はヒーローなんだ! それにアイドルが必殺技を持ってても良いはずだし」

P「アイドルが必ず殺す技を持っててもな……」


モバP「あれ?菜々さんって天使じゃね?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 21:11:37.97 ID:aHtSeNhL0
P(冷静に考えると)

菜々「?」

P(天使だ.....)


ニャル子「クー子が可愛く見えてきました…」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/09(土) 20:41:33.12 ID:bYWFpCDE0
ニャル子「おっはよーございます!」

真尋「おはようニャル子、朝ご飯ならできてるよ」

クー子「ニャル子、朝のセックスしよ」ピト

真尋「おい、朝から盛り過ぎだぞ」

クー子「…くすん。フォークで刺すのだけは勘弁」

ニャル子「…」


兵藤レナ「遊んで行かない?」

1 :1 ◆7.ApW6XF9E 2013/03/09(土) 21:31:06.61 ID:jh1+DT720

―ラスベガス・カジノにて―


 ワイワイ ガヤガヤ


レナ「お姉さん、遊んで行かない?」

真奈美「ん?私の事か?」ピタ


律子「亜美真美が三つ子ユニットになるですって!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/05(火) 11:05:52.13 ID:H58EJrlmo
P「毎日毎日身を削って社畜生活」

「30前の体には日々負担が蓄積されていく」

「オフには疲労困憊で何もする気が起きない」

「もうこんな生活続けてられるかよ!!!!」

「俺は・・・子供に戻りたい!!!」

「学校から帰っておやつを食べて校庭でみんなで缶けり」

「帰ったら母ちゃんがカレーを作って待っててくれる」

「そんな生活を取り戻したいんだ!!!」


魔法少女達の大喜利 その二

前作:魔法少女達の大喜利

1 : 2013/03/11(月) 21:36:14.20 ID:5diQrP5Q0
懲りずに、またやります。
口調や、キャラがおかしくなってるのは、ご愛嬌で。


4 : 2013/03/11(月) 21:38:48.67 ID:5diQrP5Q0
マミ「皆さん、こんにちは。前回の大喜利が、意外と好評だった事に、厚い御礼を申し上げます。
 今回は趣向を変えまして、見滝原の魔法少女とあすなろの魔法少女の対抗戦としました。今回はチーム戦になるので、座布団を多く獲得したチームの勝利となり、賞品を与えられます。
 まず、最初から纏まる気の無い皆さんのご挨拶からどうぞ」

さやか「前回の大喜利で、さやかちゃんが居ないと言う声を多く見受けました。いやー嬉しい限りです。ファンに愛されるのは、やっぱりあたしの人徳でしょうかね?
 ちなみに、居なかった理由は円環の理に導かれてました。美樹さやかです」

ほむら「まどマギファンの皆様。ここで、良い言葉をお教えします。
 豚もおだてりゃ木に登る。暁美ほむらです」

まどか「春の味覚と言えば、山菜ですね。タラの芽の天ぷらとか、本当においしいですよね。あと、蕗の薹も天ぷらにすると、あの苦味がたまらなく美味しいと思います。
 趣向が爺くさいと言われる、鹿目まどかです」

ゆま「えっと、おおぎりって良く解らないけど、面白い事を言えば良いってキョーコに教えて貰いました。
 あと、マミお姉ちゃんを誉めれば座布団が貰えるって、まどかお姉ちゃんが言ってました。でも、かずみお姉ちゃんは、違う事を言ってました。どうしてなんだろう? 千歳ゆまです」

キリカ「最近、AKB48が流行ってますね。その中でも、ヘビーローテーションって歌が一番気に入ってるかな。
 アイウォンチュー……愛、御中……なんちって。呉キリカです!!」

織莉子「昨年末、マヤ歴の終わりで人類滅亡説と言う話が話題になりました。怖い話ですね。世界が終焉するなんて、滅相も無い話です。
 私には、常に見えて居るから、余計に怖い……。美国織莉子です」



モバP「1レスでSS小ネタ?」

1 : ◆yIMyWm13ls 2013/03/03(日) 22:54:22.11 ID:pT++jasEo
《脳内変換が追いつかない蘭子ちゃんの赤ずきん》

蘭子「永久に葬られた記憶!」

蘭子「紅の衣をその身に括られた少女は!」

雪美「紅の衣…」キラキラ

蘭子「老いに蝕まれた老婆の元へその姿を現した!」

蘭子「しかし、既に老婆は心に黒き暗黒を宿した獣に…」

蘭子「け、獣に…!」

蘭子(もう無理だよぉ!)

雪美「蘭子…はやく…つづき読んで…」ユサユサ

蘭子「ふ、ふはは!閉ざされた記憶が蘇ってしまったわ!さらば!」

蘭子(ご、ごめんなさい!用事思い出しちゃったので帰りますねっ!)

タタッ!
   バターン!

雪美「黒き暗黒を宿した獣……続き……残念…」シュン


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ