Powered By 画RSS


海未「ラブアローシュートっ!!」穂乃果「うぐぅっ」ドシュ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 21:14:01.37 ID:B/lQm6gdi
海未「みんなのハート、撃ち抜くぞ~☆」

穂乃果「あ、おーい!海未ちゃー」

海未「ラブアローっ☆シュートッ♪」ヒュッ

穂乃果「うぐぅっ!!!」ドシュ

海未「え…?きゃああああああ!!穂乃果あああああああ!!」

穂乃果「ぐふっ…!」ドサッ

海未「穂乃果!!しっかりしてください!穂乃果ぁっ!!」ユサユサ

海未「どうして!なんで…!こんな事に…!!」

にこ「………!」ガタガタ

海未「あ…!に、にこ…!!」

海未「ま、待ってください!これはわざとじゃ…!事故…!そう!事故で…!!」

にこ「ひ、ひいいいいいいいっ!!!」ダッ

海未「違うんですうううううううううう!!!」


ありす「素直になりたくて」

1 : ◆cFFmUxF1p6 2013/07/31(水) 00:00:09.63 ID:2oP7f+neo
ありすちゃん誕生日おめでとうございます


laddFtf.jpg tL1FZC4_20130731073521284.jpg
GzsDGyJ.jpg
橘ありす(12)


P「……」ジー

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 20:21:19.05 ID:4mnxz/AI0
P「……」ジー

春香「……プロデューサーさん?」

P「……ん、春香か?」

春香「あの、何じーっと眺めてるんですか」

P「いや、今朝メガネ壊しちゃってさ。物が見辛いんだ」

春香「えっ……プロデューサーさん、メガネしてたんですか!?」

P「いや、してるだろ」

春香「Pヘッドの中身見せてくれなきゃわかんないです!」

P「ハハハ、そういえばそうだったな」

春香(そっかー。プロデューサーさん、メガネなんだ)


市原仁奈「いずみんまじもふもふ」

1 : ◆WCS0mIt7Rg 2013/07/27(土) 13:10:16.59 ID:R4tlYZhDO

ガチャ


仁奈「?」

泉「あ…。おはよう、えっと…仁奈ちゃん」

仁奈「おはようごぜーます。泉おねーさん!」

泉「うん」

仁奈「…」エヘヘ…

泉「…」

仁奈「…?」

泉「…」

泉(相変わらず……すごい格好だわ)

仁奈「??」モフモフ


モバP「…何してくれてんの?」

前スレ:モバP「…なあ、愛海」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 21:09:11.30 ID:ic92pIRzo
モバP「お前はうちの事務所潰したいの?」

愛海「いえ…」

モバP「…俺はな、一ヶ月の揉み禁に頑張って耐えていたお前を見て感心したんだ」

モバP「やっぱり愛海はやると言った時はやる子だったんだな、ってさ」

モバP「お前を見直したよ」

モバP「…本当はな?一ヶ月頑張って耐えたご褒美に、俺の菜々を揉ましてやろうかとも考えていたんだ」

モバP「それが…それがだ、解禁して一日と経たずにこれだ」

愛海「…すみません」


向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「7月!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 20:03:14.07 ID:NJkGnx/60
No.221:櫻子「一生に一度の告白」

櫻子「私、向日葵の事が好き!だから一生一緒にいてよ!」

向日葵「櫻子…実は私もあなたの事がとっても好きなの。だから…」

櫻子「『とっても好き』?…わ、私なんか滅茶苦茶好きだし!」

向日葵「これからもよろし……はあ?」

櫻子「私なんかこれくらい、いっぱい好きだもんね!」

向日葵「はあ~。あなたの愛はその程度ですの?私はもっともっとこれくらい好きですわ!」

櫻子「なんだと!?」

向日葵「何よ!?」

櫻子「んぎぎぎぎぎぎ」バチバチ
向日葵「ぐぬぬぬぬぬ」バチバチ



ちなつ「…」

あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」


テッラ「おのれ後方のアックア殺してやりたいですねー!」プンプン!

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 23:05:29.03 ID:f9190DDD0
テッラ「さて、どこにいるのやら」

テッラ「思想の違いだけであっさり殺してくれちゃって、まー」

テッラ「見つけ次第殺してやりますよ」

テッラ「とりあえず学園都市にでもいきましょうかねー」


日菜子「むふふ♪」モバP「また妄想してるのか」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 22:15:23.87 ID:DDYgqeWwo
日菜子「あ、Pさんいたんですかぁ♪」

P「休憩入ったんだ。日菜子の邪魔になるなら俺は場所変えるけど」

日菜子「お邪魔だなんてそんなことないですよぉ? 日菜子はいついかなる時でも妄想可能です~」

P「さすが趣味にしてるだけあるな……。じゃあお言葉に甘えて」

日菜子「Pさんは妄想したりしないんですかぁ? こんなにアイドルに囲まれてるのに」

P「身近な人で妄想はしにくいかな俺は。日菜子は余裕そうだけどな」

日菜子「むふ、知り合いから架空の人物まで日菜子から逃れられる人はいませんよ♪」

P「そ、そうか。……てことは俺も日菜子の妄想の餌食になってるの?」

日菜子「餌食ってほど酷い妄想はしませんけど……むふふ♪」

P「ほどほどに頼むぞ。どんな妄想してるかは知らないけど」

日菜子「そうだ、Pさんも日菜子と一緒に妄想しましょう! これでおあいこってことにしません?」

P「おあいこ、ねぇ」


貴音「銀鍍金」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 00:37:39.57 ID:Ho3E/8YN0
美希「貴音ってさ」

貴音「はい」

美希「凄くカッコイイよね」

貴音「…何ですか、突然」

美希「あは、赤くなったの」

貴音「からかってますね?」

美希「違うよ、本当にそう思うの」

貴音「…ありがとうございます」

美希「それにとっても可愛いの」

貴音「………」

美希「また赤くなった」

貴音「なっていません」プイ


コナン「何だこの蚊は?」パチン 阿笠「何しとる新一!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 22:24:19.67 ID:jiwrgiq70
阿笠「その蚊を叩き潰したら大変なことになるぞ!」

コナン「え、もう殺しちまったけど」

阿笠「なんじゃと!?」

コナン「別にいいだろ蚊ぐらい?」

阿笠「いいことあるか!あれは特別な蚊なんじゃぞ!」

コナン「一体どんな蚊だよ?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ