Powered By 画RSS


ミカサ「自分の肉体をさらに完璧に支配できるようになった」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 15:21:59 ID:N8SvgN7U
アルミン「どういうこと?」

ミカサ「百聞は一見に如かず。まずはこれを見て欲しい」


2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 15:26:58 ID:N8SvgN7U
ミカサ「ぬうんっっ!!」バリバリバリ!!

アルミン「うわあ!ミカサの筋肉が膨れ上がった!膨れ上がりすぎて服が破れちゃってるよ!」

アルミン「凄い!上半身が裸になってるのに全くいやらしい気持ちにならないぐらい凄い筋肉だ!なにこれこわい!」

ミカサ「肉体をコントロールし筋肉を肥大化させた。この状態でも多分素手で壁を壊すぐらいはできると思う」

ミカサ「ちなみにこの筋肉は30%程度。100%になればもっと凄い」

アルミン「何それ想像したくない」


【モバマスSS】Hurry up bunny !

1 : ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 20:20:47.53 ID:q+9AkGtD0

みく「のあにゃんがのあぴょんになってしまったにゃあ…」

みく「にゃん・にゃん・にゃんはどうにゃるにゃあ…」

のあ「ごめんなさい、みく」

のあ「でも、私は彼の描く世界の偶像としてありたいの」

のあ「あなたにも曲げられない信念があるように私にも曲げられない信念がある」

みく「…」

のあ「どうか…わかってほしい」

みく「…ふーん!大丈夫にゃあ、元々猫ドルはみくの専売特許にゃあ!」

みく「むしろ猫ドルのライバルが消えてせいせいしたにゃ!」

のあ「みく…!」

アーニャ「…えっと…『同じユニットなのにはぶられた、みくにゃんのファンやめます』…?」

みく「!?…ってPチャン!アーニャンになにいわせてるにゃ!」


唯「ムギちゃんと過ごす夏の終わり」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 23:55:09.18 ID:07xVSrXK0
唯(8月31日)

唯(夏休み最後の日…だけど明日は日曜日)

唯(だからムギちゃんの家にお泊りにきたんだけど…)

紬「さ、遠慮なくあがって」

唯「う、うん…」

唯(こんなに大きな家だなんて聞いてなかったよぉー)


真姫「………」穂乃果「真姫ちゃん!りんご!」真姫「……ん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 21:39:36.57 ID:SYW76OMSO
穂乃果「りんご!!」

真姫「…りんご?」

穂乃果「りんご!!」

真姫「……急に何?」

穂乃果「りんごー!」

真姫「……ごま?」

穂乃果「ま……ま……まつり!」

真姫「……り………りす」

穂乃果「す……するめいかっ!」

真姫「……」


花子「もふもふ」 ちなつ「もふもふ?」

1 : ◆Tina2b6i.2 2013/09/01(日) 23:26:58.87 ID:bx0M7Q4I0
-大室家、リビング-

櫻子「今日は私の宿題を手伝うために集まっていただき…」

向日葵「では早速始めましょうか」

あかり「うんっ」

ちなつ「そうだね」

櫻子「無視かよ!」


関裕美「願い事手帳」

1 : ◆yIMyWm13ls 2013/09/01(日) 03:11:22.29 ID:WVTicY3ko
「そういえばこれ、随分前に書いてたなぁ…」

机の奥底から飛び出して来た一冊の手帳。

「…じゃないじゃない、お部屋の掃除をしてたんだったね…」

アイドルとしての、慌ただしい夏休みも今日で終わり。
明日からはまた学校が始まります。

「その前に少しお部屋の整理くらいはしておかないとね」

お仕事も学校も両立出来ないと『お姉さん』にはなれそうにないし…。


松本沙理奈「落ち着いてよ、もう!」

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/01(日) 23:47:40.80 ID:Ha7KjaNf0
申し訳ないのですが、いつものあの人ではありません。
思いついちゃったので、まつもとさんでいきます。


2 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/01(日) 23:49:01.89 ID:Ha7KjaNf0
――ガラス越しに見てた
――幼い未来キラキラしてた

沙理奈「ウフフっ、アタシの誕生日お祝いしてくれるなんてチョー嬉しー☆もしかして、このあと何か期待しちゃったり? なーんて、ありがとね♪」

沙理奈「え、出会ったときからお前はそんなだなって? ふふ、モチ☆ ほら……自分を曲げないって素敵じゃない?」

沙理奈「……いや、別にみくちゃんを馬鹿にする意図はないよ、ほんとだよ?」


照「阿知ポ買ってきたよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 00:07:14.36 ID:cAhODNMV0
照「早速始めよう」

衣「わーい」

淡「対戦だね!」

咲「負けないよー」


モバP「夏休み最後の日……」

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 00:10:55.24 ID:UVxhgg0V0
モバマスSSです。書きための投下なので、数分で終わります。
では、よろしくお願い致します。




ありす「何ですか?」

モバP「いや、夏休み最後の日なのになんで事務所に来てるのかなって」

ありす「別に来ちゃいけなかったわけじゃないと思います」

モバP「まあ、そうだけどな」

莉嘉「Pくん! 助けて!」(バーン

ありす「ほら、またお客さんですよ」

モバP「なんなんだよこの事務所は。休みなのに集まりすぎ」

ありす(休みだからじゃないでしょうか。プロデューサーがいるのも原因な気もしますが)

モバP「で、何なんだ? わざわざ休日の事務所にまで来て」

ありす(うるさくなりそうなので別室に移りますか。……ここは涼しかったんですけど)

莉嘉「夏休みの宿題が終わってないの! 教えて~っ!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ