Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニ「あんたはいいよね」ライナー「何がだ?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 22:47:49 ID:ILwgR8fs
アニ「いいよねぇ」ジーッ 

ライナー「……どうしたんだ急に?」

アニ「羨ましいわ」ジーッ

ライナー「お前の意図が全く読めんのだが」

アニ「素晴らしいよ」ジーッ

ライナー「……お、おぅ」


貴音「なぜ股間に男性器が...」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 22:36:02.34 ID:Ss9QuiPR0
貴音「ふう……スープもまことに美味ですね」

貴音「これで4杯…しかし午後から仕事が入っています」

貴音「そろそろお会計を」スク

貴音「…!?」ズキ

貴音「ぁ………ぐぅ」クラ

店員「ど、どうかなされましたか?」

貴音「お気遣いなく……。少し食べすぎたようなので」


真美「お姫ちんとイチャイチャしてゆきぴょんを嫉妬させよう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 00:11:46.08 ID:NNr31RKQ0
雪歩「四条さん、お茶どうぞ~」

貴音「これはありがとうございます、雪歩。ではさっそく頂きます」ズズッ

真美「お姫ちんお姫ちーん!」

貴音「おや……どうしたのですか、真美?」

真美「真美にもお茶ちょーだい!」

雪歩「あっ、それじゃあ、真美ちゃんの分もいれようか?」

真美「あー、ううん、いいよ。ありがとね、ゆきぴょん!」


京子「綾乃、誕生日おめでとう!」

1 : ◆2tw7Ji6IluEW 2014/01/20(月) 22:58:48.30 ID:s1dB1Xkc0
綾乃「あ、ありがとう、歳納京子!」

京子「それでね、綾乃に伝えたいことあるんだ」

綾乃「え?!」

京子「私、綾乃のことが……」



チュンチュン

綾乃「夢!?」ガバッ


モバP「小さい頃のまゆもかわいいなぁ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/21(火) 13:07:49.10 ID:JJlV1ZT3o
P「この写真、何歳頃?」

まゆ「たぶん三歳ぐらいですね」

P「後ろに写っている人は親戚のお姉さんとか?」

まゆ「まゆのママですよぉ」

P「えっ……あー、言われてみれば確かに。若いなあ、とても子持ちには見えない」

まゆ「パパに一目惚れして押しかけて、あっというまに結婚を決めたそうですからね」

まゆ「この写真も20代前半くらいのはずです」

P「まゆもそういう所あるよな。読モやめていきなり押しかけてきて。……母親譲りだったのかぁ」

まゆ「じゃあまゆがアイドルになれたのは、ママのおかげかもしれませんね」


真美「ゆきぴょんを酔わせてしまった……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18(土) 20:09:26.27 ID:lWGAjuIH0
雪歩「えへへ~」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18(土) 20:16:58.08 ID:lWGAjuIH0
真美「さっき開けたの、ウイスキーボンボンだったのかなぁ……高そうだからってパパの部屋から勝手に持って来ちゃったけど」

雪歩「なんだかいい気分ですぅ~」

真美「うわぁゆきぴょん、めっちゃベロンベロンじゃん! 真美はまだ食べてなくてよかった~」

雪歩「えへへ、真美ちゃ~ん……わたし、なんか熱くなってきちゃったぁ……」ヌギヌギ

真美「うあうあ~、こんなとこで脱がないでよう!」

雪歩「だって熱いんだもん」

真美「だからってそんな全部脱がなくていいっしょ、ほら早く着て!」

雪歩「真美ちゃんのいじわる~」


泉の女神「あなたが落としたのはこの金髪の美希ですか?」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 11:06:26.96 ID:dDVtSW6Yo
美希「あは☆ハニーとデートなの!」

P「こらこらそんなにはしゃぐな、危ないぞ」

美希「大丈夫なの、美希はどこぞのポンコツリボンとは違、はぎゃっ」ボチャン

P「おい、美希! 大丈夫か!?」

泉「ざばぁ」

泉の女神「あなたが落としたのはこの金髪の美希ですか?」

女神「それともこの茶髪の美希ですか?」

P「違う! さっき泉に落ちたのはたった一人の俺の好きな美希なんだ!」

女神「あなたは正直者ですね。ではこの両方の美希をあなたに授けましょう」

金美希「よろしくなの☆」

茶美希「ハニー、デートの続きしよ☆」

P「そんな! 俺の美希は!?」

女神「ではさようなら」ザバァ

金茶美希「レッツゴー! なの」

P「美希いいいいいいい!」ズルズル


モバP「猫はこたつで……」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/18(土) 18:26:21.35 ID:BhgGi80po
やまなし
おちなし
いみなし


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/18(土) 18:26:50.38 ID:BhgGi80po
 
       がちゃっ

P「おはようー……って一番乗りかな?」

P「ちひろさんも居ないか、まあしょうがないよな」


         ぷちっ


『本日、首都圏では数年に一度の積雪により交通網に大幅な乱れが出ております』


P「車でやっとこさ来れたって所だもんなぁ……電車とかは大変そうだ」


P「……しっかしこうも雪が降った後だと寒い」

P「あ、そうだ。イヴのこたつ部屋があったな……あっちで少しの間仕事しよう」

P「少しくらいなら大丈夫だろうな。イヴは今日休みで寮に居る筈だし……」


          がちゃっ


P「おーこの部屋は暖かい……ってストーブもついて」

P「……寝てる」


みく「すぅ………すぅ………」


女騎士「絶対に寒さなんかに負けたりしない!」キッ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 22:10:50.75 ID:osDffZfP0
女騎士「ぬほおおおおっ!!こたつの中しゅごいのおおおおおおおおっ!!!」ぬっくぬく










オーク「何をしてるんだお前は……」

女騎士「お約束だからな、とりあえずやっておかないと」

オーク「お前も大変だな」

女騎士「ミカンとってくれるか」

オーク「あいよ」

女騎士「あとお茶のおかわりを」

オーク「少しは自分でやらんか……」


絵描き「これはまた個性的な絵だね」女「………………」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18(土) 20:12:18.17 ID:nTYJUPSG0
女「いえ………どちらかというと無個性なほうだと思いますけど………」

絵描き「いやいや 無個性も個性のうちというわけだよ」

女「………………そうですか」

絵描き「しかし繊細なタッチだね  我流かい?」

女「………いえ………前に父が…………」

絵描き「ほう 絵の心得があったか」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。