Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海未「急がないと、間に合わない!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/13(日) 22:36:12.69 ID:coO2f+lto
2013年 9月22日(日) 朝



海未父「よし海未、今日の鍛錬はここまで」

海未「ありがとうございました」

海未(今の時間は8時27分)

海未「それでは」

海未(走れば何とか…)

海未()

ダッ

海未「急がないと!」

海未「間に合わない!」




海未「ドキドキ!プリキュアの時間に!」


喜多見柚「ゆずゅーじぇねれーしょんず!」渋谷凛「…語呂悪くない?」

1 : ◆qEJgO2U6bM 2014/04/14(月) 17:20:30.43 ID:+euglUIYo
柚「あれっそうかなっ。柚はいいと思ったんだけどナー」
XDIQWzO.jpg

未央「うんうんっ。私もけっこーいいと思うよきたみー!」
RrzaGPy.jpg

柚「おー。未央サンわかってるぅ。へーい」

未央「へーい☆」

卯月「わあー。みっくちゅじゅーちゅみたいで、なんだか可愛いですね。ね!」
Ym2lMRN.jpg

凛「いや、そんなふうに同意を求められても…」
ypNBqaD.jpg

柚「ゆずゅー」

未央「ゆずゅー」

卯月「ゆじゅー」

凛「卯月だけ発音おかしくない?」


アナスタシア「八月の思い出」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 02:28:09.48 ID:ViIBlVQ60
カリカリ カリ カタカタカタ



P「……んーっ、そろそろひと段落、かな」


(時計、まだ次の仕事までは余裕があるな、うん)


P「アーニャは…」



アナスタシア「………」ジーーッ

P(テレビ、ニュース番組か…)


キャスター『…次のニュースは……』


アナスタシア「………」


P「…ん?」

(なんだろう…いまなんとなく、アーニャがガッカリしたような)



アナスタシア「…あっ」

P「ん」


アナスタシア「仕事、終わりましたか?…プロデューサー…」


P「とりあえずな」


絵里「笑顔でメロメロ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 01:14:12.76 ID:GhojWjB40

*初投稿です。変なことしてたらごめんなさい

*キャラ同士の呼び方や口調を間違っているかもしれません

*一部キャラ崩壊あります

*少しだけドラマCDのネタがあります


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/14(月) 01:21:45.07 ID:GhojWjB40

放課後 図書室 


凛 「うーん、届かないニャ」ピョンピョン

絵里「ちょっと、そんな事したら危ないわよ」

絵里「って凛じゃない」

凛 「あ、絵里ちゃん」

絵里「珍しいわね。凛が図書室なんて」

凛 「実は廊下を走ってたら先生に見つかっちゃって、
   図書室の本の整理をすることになってしまったんだニャ」

絵里「もう、ダメでしょ。ほんとに危ないんだから」

凛 「ごめんなさい」シュン

絵里「フフッ、分かればいいの。私も手伝うから、さっさと終わらせましょ」

凛 「いいの!?ありがとう、絵里ちゃん!」手ニギッ

絵里「!」ドキッ

絵里「え、ええ。この箱の本を棚に戻せばいいのねっ。高い場所は任せて」

絵里(な、何いまの?)

凛 「うんっ、よろしくお願いしますニャ」 

___
__
_


小狼「三年三組と災厄」

1 : ◆v85ixlfeNM 2014/04/13(日) 21:08:48.98 ID:ENNsqlnB0
ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEとAnotherのクロス

既に桜木さん、水野君のお姉さん、高林君が死んでいます
榊原君がいないものになってからのお話になるのかな


2 : ◆v85ixlfeNM 2014/04/13(日) 21:10:50.50 ID:ENNsqlnB0
モコナ「次の世界に到着~」

ファイ「今度はどんなとこかなぁ?」

黒鋼「俺の居た世界じゃねえな」

小狼「俺の居た世界でもありません」

サクラ「静かな所ね」

鳴「…」

ファイ「女の子だねぇ。この世界の子かなぁ?」

モコナ「眼帯してるー」

黒鋼「怪我か?」

ファイ「さあー?」

小狼「この世界について話を聞いてみましょう」


【咲-Saki-】久「運命?そんなものは後付よ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 23:46:38.27 ID:jFpkX3j+o
久x咲です
擬声語が苦手なので上手く補完していただければ幸いです


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 23:48:45.38 ID:jFpkX3j+o
久「ところで咲、和に告白しないのかしら?」

咲「ふぁっ!? な、なんで部長がっ?」ガタッ

久「そんなの見てれば分かるわよ。まこや優希ですら知ってるわ。時々話題になるもの。そんなことより告白しちゃいなさいよ。早くしないと私がしちゃうわよ?」

咲「部長も和ちゃんのこと好きなんですか!?」

久「さぁ、どうかしら? それよりも貴女の事よ」


輝子「フヒ……」ポンッ モバP「あー、繁殖の時期か」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/13(日) 21:15:22.73 ID:qN2RzCnPo
乃々「…あ、あの、プロデューサーさん……」

モバP「どうした森久保、まだ来たばかりだろ」

乃々「あ、いえ、帰りたいのもあるんですけど……その……」

乃々「……お隣さんが……」

モバP「ん?」



輝子B「……フヒ……」ポンッ

輝子A「フフ……う、生まれた……」



乃々「……な、なんで増えてるんですか……」

モバP「あー……そうか、もう繁殖の時期か」

乃々「えっ……」


兄「妹にはやっぱ爆発だな」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/13(日) 21:39:43.45 ID:EImChXmvo
兄「うー寒い寒い、朝はやっぱ冷えるなあ…」

妹「あ、おはようございますお兄様」

妹「珍しく早起きですね?」

兄「たまたまだたまたま」

兄「それより妹、火をくれ火を」

妹「わかりました、私の指の近くにどうぞ」

兄「おう」

ボッ

兄「あーあったかい、やっぱ便利だなこれ」

妹「お役にたてて何よりです」

妹の指先からは火が出ている。

ライターとか使ったわけでも、マッチとか擦ったわけでもない。

こいつは念ずるとどこにでも火を放てる。

なぜかって?


それはうちの妹が超能力者だからだ。


モバP「今回は背中に…」飛鳥「やぁ、おつかれさまだね」ガチャッ

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 01:49:49.46 ID:cWXnajwv0



モバP「おお、飛鳥か、仕事おつかれさま」

飛鳥「うん、ありがとうプロデューサー…ところでキミは今何をしてるんだい?」



モバP「たこ焼きって…美味しいよな」

モバP「老若男女問わずに人気でさ、それに手軽に食べれるし」

モバP「だからたこ焼きの屋台をしようと思ったんだけどさ…屋台するにも鉄板とか車とか用意するものが多いしお金も無いし自分の体でたこ焼きを焼こうって思ったんだ」



飛鳥「なるほど…」


飛鳥「素晴らしく非日常だね、惚れ惚れするくらいに」


阿武隈「安価で北上さんをやっつける!」【艦これ】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:14:23.15 ID:idS+glaL0
阿武隈「私を執拗に虐めてくるにっくき北上さん…!」

阿武隈「このままじゃ私、一生あの人のおもちゃとして生き続けることになっちゃう!」

阿武隈「という訳で、今日こそ反撃するわ!」

阿武隈「まずは武器を調達よ!>>4で北上さんをぼこぼこにしちゃうんだから!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。