Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「今日は俺が、南極に行った時の話でもするか」貴音「!」

1 :Swing ◆VHvaOH2b6w 2014/05/20(火) 19:42:26.15 ID:CwugHJ350
美希「ハニーの昔のお話?」

真「えー! プロデューサー、探検家かなにかだったんですか!?」

P「いやいや、違う違う。学生の頃さ、ツアーで行ったんだよ」

雪歩「南極って、ツアーで行けるものなんですか?」

P「ああ、今は結構色々なオプションもあって、人気もあるんだぞ」

貴音「あなた様」

P「ん? なんだ、貴音」

貴音「そのような雑談より、今後の活動についてなど有意義な話をいたしま……」


海未「名探偵?」

1 : ◆cUWUuskohI 2014/05/18(日) 00:28:27.58 ID:ZTYKlnuHo
私は高校生ガチレズ、園田海未。

幼馴染で同級生の高坂穂乃果と遊園地へレズデートへ行って黒ずくめ女の怪しげなレズセックスを目撃した。

レズセを見るのに夢中になっていた私は背後から近づいてくるもう一人のレズに気付かなかった。

私はその女に毒薬を飲まされ、目が覚めたら……穂乃果がノンケになっていた!!

高坂穂乃果がノンケだと奴らにばれたら、また穂乃果が襲われ、周りの人間にも危害が及ぶ。

西木野真姫の助言で正体を隠すことにした私は、穂乃果に名前を聞かれて、とっさに園田うみみと名乗り、奴らの情報をつかむために、父親が和菓子屋をやっている穂乃果の家に転がり込んだ。

私は穂乃果をレズビアンに仕立てるべく、時計型麻酔銃で穂乃果を眠らせ、制服リボン型変声機を使って、穂乃果の声で既成事実を作ろうとしている。この二つのメカは、西木野病院の発明品だ!

西木野病院はほかにも……ターボエンジン付きラブアローシュートや、穂乃果追跡メガネ、性欲増強シューズなど次々とユニークなメカを作り出してくれた!

穂乃果も穂乃果の父も、私の正体には気づいていない。知っているのは西木野真姫と北の高校生ガチレズ絢瀬絵里、それに同級生の南ことり……。彼女は黒ずくめの女の仲間だったが、組織から逃げ出す際、私が飲まされたのと同じ薬を飲んで矢澤にこの体が縮んでしまった!

スピリチュアルな組織の正体は、依然として謎のまま……!



たった一人のレズでも見抜く、見た目は清純、中身はガチレズ

その名は、レズビアンうみみ!!


モバP「その髪ってくせっ毛?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 21:49:37.77 ID:UgH5rmNKo


幸子「また藪から棒ですね」

P「ちょっと気になってな、いつも髪の毛ハネてるだろ?それとも寝癖か?」

幸子「そんな訳ないじゃないですか、コレはセットしてるんですよ」

P「へー」

幸子「全くそんな事も解らないんです?このカワイイボクが癖をそのまま放置する訳が無いでしょう」

P「わざわざそのハネ返りをセットするのも良く解らんがな」


ココア「四股かけようとしたのがバレた」

1 : ◆aU2gxYbeBY 2014/06/06(金) 21:00:38.11 ID:v5MirFjSO
※超短編※




ココア「……」

チノ「……さて」ゴゴゴ…

シャロ「どういうことか」ゴゴゴ…

千夜「……」ニコニコ

リゼ「説明してもらうぞ」ゴゴゴ…


律子「事務所に幽霊が出たぁ!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 16:10:19.52 ID:mvvt+Djl0
律子「なに馬鹿なこと言ってるのよ」

響「ホントだぞ!自分、確かに見たんだ!」

伊織「ちょっと!私の言ってることが信じられないっていうの!?」

千早「私たちが、そんな下らない嘘をつくと思いますか?」

律子「う……それは、そうだけど……」


遊佐こずえ「つれてってくれるから」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 00:51:09.56 ID:SBYvJ4MO0
 私は人を見る目だけはある。しかし、それを育てる腕を持たなかった。だから彼女たちを、手放さざるをえなかった。

 先日、とうとうアイドルの所属人数が一を切った。みんな別の事務所に、移籍してしまったのである。そのおかげもあって、金だけは貯えに余裕があった。移籍のさいに積まれたそれは、彼女たちへの評価ともとれて、自分の目に狂いがなかったことだけ、確認できた。

 事務所は静まりかえっている。事務員はずいぶん前に出ていった。アイドルはもういないのだから、私が口を開かなければ、静かなのは当然だ。思考へ耽ることに最適な場と思い、私は事務所のこれからを案じ始めた。いくつか考えて、どれも現実的ではないことに気づき、最後に事務所をたたむよう、結論づける。夢を持って始めたことであるので、そういう結末を迎えるのは、とても悲しかった。

 沈んだ気持ちを吊り上げようと、私はコーヒーを求めて棚に寄り、粉も豆もないことに気づいた。仕方なく外套を羽織って、コーヒーを買いに外へ出る。外は曇り空で、身震いするほどに寒い。私は猫背で歩きながら、道中の公園を、なんの気なしに覗き込んだ。これはスカウトをしていた頃の名残りで、あまり行っていると、どうにも見てくれが悪いので、最近は意識的に避けていた行為だ。

 公園には、人っ子一人いない。遊具も風の子が遊ぶばかりで、活気とは無縁だ。私は視線を前に戻し、足早に公園を後にした。


理樹「皆から物凄く軽蔑されてるから安価で関係を修復しよう」【リトバス】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 21:18:09.64 ID:uialz94o0


理樹「り、鈴…」

鈴「……近付くな」プイ

真人「謙吾、今日お前の部屋に泊まってもいいか?」

謙吾「もちろんだ、枕は持ってこいよ?」

理樹「……」





理樹部屋

理樹(どうしてこんな事になったんだろう…いや分かってる、僕が悪いんだ。今日の昼のことだ僕が>>3)


凛「りんよりダメなやつがきた」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/09(金) 22:26:32.68 ID:KcqXQ4FAO
これは凛ちゃんや花陽ちゃん達が、まだ小学生だった頃の話…


【りんよりダメなやつがきた】


凛「ただいま!」

凛ママ「お帰りなさい凛ちゃん」

凛ママ「あら、ばかに楽しそうね?」

凛「きょう、転校生が入ったんだにゃー」

凛ママ「かっこいい男の子?」

凛「ううん、女の子」

凛「それもぜんぜんパッとしない子だにゃー」

凛ママ「それがどうして嬉しいの?」


美希「暇なの」P「……だな」

2 : ◆IIiEuGs1j. 2014/05/30(金) 20:01:06.41 ID:LXA+Xj5o0
P「美希。許可なく、ゲリラライブをするとはどういうつもりだ? 処罰は逃れられないぞ?」

美希「別にいいよ? ミキもアイドルをやめようと思ってたし」

P「なんだと? なんでだ!?」

美希「キラキラする為なの!」

P「アイドルをやるより、キラキラする方法があるというのか!」

美希「ミキたちがこれから戦う脅威は、歌では倒せないの」

P「待て美希!? 何のことだ! まるで意味がわからんぞ!?」

美希「……ねぇ、ハニー」

P「ん?」

美希「暇なの」

P「……だな」


シャロ「打倒ラブライブ! です!!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 20:34:30.20 ID:POgi2AAgo
ネロ「へ?」

エリー「え……?」

コーデリア「シャロ?」

シャロ「ですから打倒ラブライブです!! このまま負けっぱなしでいいんですか!?」

シャロ「ミルキィホームズはオワコンなんかじゃ絶対絶対ないんですー!!」

ネロ「……」

エリー「……」

コーデリア「……」

シャロ「あれ? オワコンじゃ……ありませんよね……? あたしまで不安になってきました! どうしましょー!!」


シャロ「みんなー! 何か言ってくださいー!!」

ネロ「うーん……オワコンかどうかは置いといて、まぁ一時期に比べたら人気が落ちたのも間違いではないよね」

シャロ「あぅ…」

コーデリア「可愛い女の子と餃子があれば人気なんていらないのよ~~~~♪☆☆☆」

シャロ「目を覚ましてください! コーデリアさん! 餃子はあたしも食べたいです!」
バシバシッ


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。