Powered By 画RSS


提督「……」加賀「……」

2 : ◆F.lQmLP.5M 2014/12/18(木) 22:33:33.45 ID:Cdwg37W6O
提督「……」カキカキ

加賀「……」

提督「……」カキカキ

加賀「……」

提督「あ」

加賀「……なにか?」

提督「いや……なんでもない」

加賀「……そう」


ことり「海未ちゃん結構歌詞書き溜めてるんだね」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 23:41:58.82 ID:Tfsww97k0
ことうみです。
初めてなので至らないところがあったらご指摘をよろしくお願いします。


3 : あ、まだことうみは恋人じゃないです 2014/12/30(火) 23:44:24.46 ID:Tfsww97k0
ことり「おじゃましますっ」

海未「どうぞ、ことり。他に誰もいないのでくつろいでいってくださいね」

ことり「わー、海未ちゃんと二人っきり・」

海未「とりあえず部屋に行っててください、今お茶をいれますから」

ことり「はぁーい」

ことり「海未ちゃんのお部屋はここだよね」ガチャ

ことり「相変わらず綺麗な部屋だなぁ」

ことり「……ん?このノート……詩のノートかな?」


洋榎「風邪引いた……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 10:33:17.61 ID:Ts3dS1r00
洋榎「あ゙ー、喉痛い」

絹恵「久しぶりに来たなあ、風邪」

洋榎「せやなー、ここ一年ずっと健康優良児でおったのに……」ゴホゴホ

絹恵「徹夜とかしたん?」

洋榎「んー……アレが悪かったんかなあ」

絹恵「アレ?」

洋榎「合宿終わった日にな、3年生組でカラオケ行ったねん。
   その後日付変わるまでファミレスでダベってたんがなー」

絹恵「あー、あの帰りがえらい遅かった時」

洋榎「せや。土曜やからって遊び呆けてたもんなあ。
   あの帰り道はエグいくらい寒かったわ」

絹恵「じゃあそれが原因で間違いないな」

洋榎「やな。ただでさえ疲れとったのに……
   せめて厚着しとけばよかったわ」ゴホゴホ

絹恵「でもなんでそんな夜遅うなってもうたん?」

洋榎「ダベってたら長くなったねん……
   進路のこととか話してたらあっという間に時計がてっぺんやったで」

絹恵「まあ話してたら時間てすぐ経つしなー」


貴音「ふるーしではありません」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 02:40:14.18 ID:l/17A9dC0
響「貴音」

貴音「いかがで」

響「もちもちしてるね」

貴音「はい?」

響「むちむちの間違いかも」

貴音「いやいや」

響「正月太り?」






貴音「響」

響「んふっ」


真姫「もし叶うことなら」

2 : ◆S54RkZf7aI 2014/12/10(水) 23:26:42.02 ID:Rb1JQZqA0
誰も居ない音楽室で音を奏でる。

それが日課だった。

家に帰れば憂鬱だった。

とはいえ、仲の良い友人がいるわけでもなく、捨てたはずの音楽に縋っている情けない日々だ。

そして日が落ちる頃に下校する。

愛してるばんざい。

何にばんざいしているのやら。

あぁ、お手上げって意味ねきっと。


剣心「拙者の十字傷がなくなったでござる!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 22:47:43 ID:8MKrX.5g
神谷道場──

早朝、桶に入った水で顔を洗おうとする剣心。

剣心「ふぅ……」チャプ…

剣心「──ん?」

剣心「!」

剣心(な、ない……!)

剣心(十字傷がなくなっている……!?)


穂乃果「μ'sの冬の日」

1 : ◆khUorI/jDo 2014/12/30(火) 21:00:25.43 ID:v3V62hRJo
・時間や設定はバラバラで短い話をいくつか
・アニメとSIDの設定をごちゃ混ぜにしています
・ほんのちょっぴり、過去作の続きです(知らなくても読めます)
  穂乃果「μ'sの雨の日」



希「絵里ち、備品のリストアップ終わったよ」

絵里「お疲れさま。日誌の整理が終わったらファイルに追加しておくわ。明日にこにチェックして貰いましょう」

希「うぅ、寒…絵里ち、はよはよ」ピト

絵里「もう、くっつかないの。…暖房は入ってるのに、人が居ないとこの部室も案外冷えるものね」

希「いつもにぎやかなとこが静まり返ってると、なんや薄ら寒く感じるなあ」

絵里「でも静かなのは好きよ…前にも言ったかしら。あの時は生徒会室だったけど、いつになっても私たちは二人で書類整理に追われているわね…」

希「今回は仕事じゃなくて部活動のボランティアやけどね」

絵里「次回の部費の申請と冬季休暇前の報告に使うデータなんだから、結局は生徒会の仕事よ」

絵里「会長の椅子は穂乃果に譲ったとはいえ、まだしばらくは隠居できそうにないかな…」

希「…嬉しそうやね?」

絵里「……そう見える?ふふ」


モバP「脱ぐんだ」藍子「」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 17:33:23.95 ID:vhE2LMd1o
P「さぁ、ほら」

藍子「え、えぇ!?」

P「いいから脱ぐんだ!」ガタッ

藍子「あ、ちょっと……や、やだ!離してください!」

P「藍子っ、キャストオフ!」

藍子「い、いやです!やめっ……いやああああああ!!」


サクラ「私と合体したい?」 サスケ「ああ協力してくれ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 20:09:09.00 ID:ctbL39wI0
サクラ「でもどうやって」

サスケ「まず俺の肛門にクナイを挿れる。そして持ち手の方を」

サクラ「私の肛門に挿れるのねサスケくん」

サスケ「察しがいいな。早速始めるぞ、俺の肛門にクナイを挿れてくれ」

サクラ「えいっ・・・」ズブブ

サスケ「ン・・・次は持ち手をお前の肛門に・・・」

サクラ「うん・・・こうして・・・」ズブブ

サクラ「クッ・・・こっちも結構・・・キツいのね・・・!」

サスケ「まず第一段階は成功と言ったところだな・・・」

サクラ「サスケくんと合体してるなんて夢みたい・・・!」


モバP「久々に留美さんとお出かけ」

1 : ◆agif0ROmyg 2014/12/30(火) 22:18:19.09 ID:j/XtsJ1V0
アイドルマスターシンデレラガールズの、和久井留美のSSです。
前半台本非エロ、後半地の文でR18。


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ