Powered By 画RSS


提督「ストーカー怖い」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 16:31:17.34 ID:QLa9+UDj0
金剛「テイトク、紅茶淹れマシタ!」

提督「お、すまないな」

提督「ん? 今日はアールグレイか」

金剛「どうデスか?」

提督「良いね! すごい香りが良いよ」

提督「やっぱりお前の淹れる紅茶はいつ飲んでも美味しいよ!」

金剛「え、えへへ///」

提督「可愛い奴め!」










榛名「・・・・・・」


アーニャ「早春の息吹身に染む今日此頃」モバP「どうしたアーニャ、言葉遣いが変だぞ!?」

1 : ◆Saja2MUtj2 2015/03/31(火) 19:26:20.06 ID:VxdbRpjio
※当SSはロシア語の初歩をちょっとまじめに、楽しく勉強しようという趣旨のSSです。
※目安のためにロシア語にはカタカナ表記をつけています。大体伸ばし棒(ー)のついている部分にアクセントがあります。
例:Анаста́сия → Анастасия(アナスターシヤ)



アーニャ「藪から棒な話で恐縮なのですが、実はですね」

P「はぁ」

アーニャ「ロシア語を忘れてしまいまして」

P「」

アーニャ「まさしく青天の霹靂ですね」

P「いやいや」

アーニャ「プロデューサーとしては寝耳に水な話かもしれませんが」

P「いやいやいやいやいやいやいやいや」

P「……美波?」

美波「ビクッ」


【モバマス】あずき「総選挙一位大作戦、だよ!」 P「はぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 02:28:12.95 ID:woqo4srj0
あずき「というわけで作戦会議だよ、プロデューサーさん!」

P「……あの。ドアの前に陣どられると、部屋に入りづらいのですが……」

あずき「今回の作戦は極秘ミッションなの! だから、誰にも聞かれないようにこれからプロデューサーさんの個室で二人きりで相談だよ!」

あずき「ここを通りたければ、あずきのお願いを聞いて! ねっ、プロデューサーさん?」

P「……申し訳ありません」グイッ

あずき「ちょちょっ!? ちょっとぉーっ! 力づくでどかそうとするなんて反則だよっ! 反則っ!」グッ、グッ!

P(どうしたものでしょう)


雪風「ただいま」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 16:48:16.30 ID:5f1jLFQY0


私は今、空を見上げている。


随分歳を取ったものだ。
幼き頃の面影はなく、髪も腰まで伸びた。


たくさんの戦いの日々と、たくさんの死を目にした。

ずっと一人ぼっちは心細かったけれど、それでも私を必要としてくれた人がいたので、それは嬉しかった。



司令とお別れして、もう何十年立つのだろう。

幼き頃に抱いた恋心を貫いたのはいいけれど、私はもうこんなに老けてしまった。おかげで嫁の貰い手はなさそうだ。



「……」


この広い青空の向こうには、何が私を待っているのだろう。

天国や地獄といった世界を信じている訳ではない。また、信じるつもりもない。
それくらい、私は現実が残酷であると知っている。

皆私を置いていく。

必ず生きて戻ろうね、と約束した皆は、私を残し先に逝ってしまった。


残っているのは私か、若しくはロシアにいると思われるあの子。
今は連絡すら取る手段もない。

無事なのかどうかすらも、もう分からない。


【ミリマス】のり子「プロデューサー!」 P「ん?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 23:37:40.54 ID:AYIjHgn50
のり子「おっはよー!」

P「ああ、おはよう。今日も元気だな…」

のり子「へへん、まぁね♪ そういうプロデューサーは元気ないじゃん、どうしたの?」

P「最近仕事に追われて寝る時間少なくてな…眠くはないんだが、少しダルくてな」

のり子「ん~、そっか。あ、プロデューサーちょっと後ろ向いて」

P「何するつもりだ?」

のり子「はい、しゃんとする!」バンッ

P「っいって! 何するんだよ!」

のり子「みんなのこと支える人が気ぃ抜いてちゃダメでしょ? それとも、もう一回行く?」

P「い、いえ結構です。そうだな、俺がしっかりしないとな!」


提督「特型駆逐艦の1番艦…?」

1 : ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/30(月) 23:46:05.06 ID:PgUOUd7Q0
アニメネタバレ、轟沈・時報・放置・ケッコンカッコカリボイスばれあり

アニメの提督視点を思いつきで書いてみたもの


【モバマス】幸子「手と手のつなぎ方」

1 : ◆QbMLM0d8YE 2015/03/29(日) 00:34:46.34 ID:jPvgBeoI0
幸子「日曜の街はすごく混んでいますねー」
幸子「けど、プロデューサーさんも幸せものですね! このボクの買い物に付き合えるなんて!」
幸子「さて、まずは服からですね。あっ、はぐれないように手をつないでもいいですよ」
幸子「ボクは優しくてカワイイですからね。プロデューサーさんが迷子になったら大変ですから」
幸子「……なんですかその顔は。今度のライブ? まったく誰に聞いているんですか」
幸子「レッスンも欠かしていませんし、大丈夫に決まって……えっ?」


龍「不幸を」 ほたる「克服するツアー?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 10:19:31.49 ID:c8465Nlm0
SS初投稿なのでお見苦しい点がありますがご了承ください
キャラの口調があやふやなとこがあるかもしれません。
アイマスの不幸な2人が主人公です。
更新が途切れ途切れになるかもしれません。


モバP「ビールと渋滞」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 01:12:20.50 ID:ej3T1E1eo
※初SSです
※アイドルはトイレになんて行かないって人は回れ右
※お酒は20歳になってから


明石「しまった催淫ガスが漏れた!」プシュー 提督「!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/28(土) 21:35:43.69 ID:OWZ2Pn0AO
提督「どういう…ことだ…」

明石「秘密裏に開発していた催淫ガスのタンクに穴が空いたようです!鎮守府全体に充満しつつあります…!」

大淀「えぇ…」

提督「どうすんだよ!」

明石「ガスマスクがないので、濡れたハンカチで口回りを覆ってください。多少はマシになります」

提督「こ、こうか!」水ジャバー

明石「私は隠し場所にあるタンクの穴を塞ぎにいきます…。大淀は艦娘達へ部屋から出ないよう放送を!」

明石「提督は、中和ガスを取りに行ってください!はいこれ地図です!あとガスマスク!」

大淀「た、直ちに!」タタッ

提督「中和ガスは…ここか。すぐ取ってくる!」タタッ



~廊下~

提督「ハァハァ…」フラフラ

『緊急放送!鎮守府内に催淫ガスが漏洩しました!提督が倉庫にある中和剤を取りに行ってますので、部屋から出ないようにしてください!』

提督「お、大淀の放送だ。しかし、倉庫遠いな…」スタスタ


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ