Powered By 画RSS


俺「おーい妹、ドーナツ買って来たぞ」チ○コにさして 妹「ふぁっ!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/29(木) 14:07:43.254 ID:/Z03BVdS0NIKU.net
俺「ほら、お前の好きなポンデリングだぞ~」腰クイクイ

妹「なっ、ふ、袋は!?」

俺「いりませんって言ったよ、エコでしょ」

妹「う、うあ…」

俺「ほれほれはよ取って食え」

妹「い、いらないっ!!」

俺「えー?あっ、あ~あw食べさせて欲しいんだ?」

妹「ち、ちがっ…」

俺「しかたないなぁ…じゃあこのポンデリングを…」グヌヌ

俺「う、うそ…抜けない…」

俺「ドーナツがチンコから抜けない…」ギチチ


なぎさ「マミの母乳で作ったチーズが食べたいのです」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 07:21:33.495 ID:eavpFAfZM.net
マミ「い いきなりどうしたの なぎさ?」


女騎士「くっ!殺せ!」オーク「セッ○スしてからな」

1 : 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)23:33:39 ID:r77
女騎士「な、なんだと!」

オーク「とりあえずまずはセッ○スだろう」

女騎士「うるさい黙れ!下劣な淫獣が!」

オーク「我慢してるんだろう?本当は」

女騎士「はしたないことを言うな!」


妖精「旅人さんが落とし穴に落ちてるから>>3してあげる!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:06:29.912 ID:+nreRlOm0.net
妖精「ふっふふ~ん♪」 フワフワ

「……け……れ……」

妖精「?」 キョロキョロ

「おーい!」

妖精「だれ~?」

旅人「ここだよ、おーい! 誰か知らないが助けてくれ!」

妖精「わっ、おっきい穴!」

旅人「……なんだ? 幻覚なのか? それとも、まさか本物の妖精?」

妖精「げんかく? げんかくってなぁに?」

旅人「いや、もうこの際なんでもいい。頼む、誰か助けを呼んで来てくれ!」

妖精「困ってるの?」

旅人「そうだよ! この穴から出られなくて困ってるんだ! 人を呼んできてくれ!」

妖精「>>3


タカヒロ「ココア君を見ていると…亡き妻を思い出すんだ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/21(水) 18:33:47.568 ID:hZktDpF40.net
ココア「それじゃ学校に行ってきます!」

チノ「行ってきます、お父さん」

タカヒロ「…ああ、気をつけて」

バタン

タカヒロ「………」

タカヒロ(ココア君は今日も可愛かったな…)

タカヒロ(学校に行くときも俺に微笑んでくれたし、やっぱり俺に気があるのでは)

タカヒロ(チノとも仲良くやっているようだ、これはワンチャンあるんじゃないのか…?)

ティッピー「何ニヤついとるんじゃ、気色悪い」

タカヒロ「ふ、気のせいだろ親父」


精神科医「はーい、次の方どうぞー」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:11:08 ID:u/wgjS1o
ここは精神科医が、診断・治療をしてくれる有難い場所です。

>>2が来院しました。


終結の彼方

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 20:42:13.96 ID:c9hFcx2r0
最終兵器彼女読みながらデレステのガチャ引いたら小梅が出たんで記念に


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 21:17:56.78 ID:c9hFcx2r0
「後一時間もすれば最後。小梅は大丈夫か」

「だっ、大丈夫……です……」

本日をもって争いばかりのこの世界は終わりを告げる。世界が終わる事を知った人類は自分だけが自分達だけが生き残りたいと争いを続けた。そして国と国とが生きる希望を信じて戦いこの世界を傷付けた。

平和を望む人間なんていない、自分の事だけしか考えない。終わる事を知って助かる方法を話し合おうともしない、そんな人間ばかりの世界に天罰が下る。


P「よ、いらっしゃい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 08:49:57.79 ID:WFJqZ585o
―ある日の夕方―

冬馬「……ふ、くく……」

P「なんだよ」

冬馬「悪い、くく……」

P「なんなんだよ」

冬馬「いや想像してみろよ
、もし俺がアンタにいらっしゃいとか言ったらどう思う?」

P「どうって……ふっ」

冬馬「な?」ピクピク

P「あ、ああ確かに……」ピクピク

二人「www」

P「ま、まあ上がれよw」

冬馬「邪魔するぜw」

P「邪魔するなら帰ってー」

冬馬「おう」クルッ

P「ふ、ふふふ……」

冬馬「くく……」

P「……早く入れよwww」

冬馬「アンタがふってきたんだろwww」

―――
――



ホームレス「俺は昔、甲子園優勝投手だったんだ……」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/04(日) 18:01:40.537 ID:6pVrF7J40.net
ホームレス「王子、王子とちやほやされ……」

ホームレス「大学野球を経て、晴れてプロ入りしたんだが」

ホームレス「まったく結果が出せず、あれよあれよと二軍落ち……」

ホームレス「それからますます落ちぶれて、今じゃこんなザマさ……」

子供「ふぅん」


【モバマスSS】輿水幸子「・・・右目?」安斎都「はい!」

2 : ◆tWcCst0pr6pY 2015/10/02(金) 21:37:59.00 ID:Rd0Po5qvO
事務所


輿水幸子「小梅さんの右目ですか?」

安斎都「はい!小梅さん、いつも右目を前髪で隠しているじゃないですか。どうしてそうしているのか気になって!」

幸子「まぁ、確かにボク達も彼女の右目を見たことはありませんけど・・・」

星輝子「じ・・・自分で聞けば、いいんじゃないか・・・?」

都「いや、勿論最初は自分で聞いてみたんですけど・・・」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ