Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十時愛梨「私達」水野翠「天然なんかじゃ」水本ゆかり「ありません」

2 : ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/11/03(火) 00:06:06.77 ID:p1mOYi1VO
十時愛梨(※以下愛梨表記)「ふぅ……やっと事務所に着いた~」

愛梨「あれ~? まだかな子ちゃんとの約束まで時間あるなぁ。ちょっと早く来すぎちゃった……あそこのオープンテラスで少し休憩しようっと」トテトテ



翠「いつきさんと自主レッスンをする約束で事務所に集合しましたが、随分早く着いてしまいました……あそこのオープンテラスで休んでいきしょう」テクテク



ゆかり「ええと、有香ちゃんと法子ちゃんは……まだ着いていないみたいですね。あそこのオープンテラスで待っていましょう」トコトコ



愛梨「あっ、翠ちゃん、ゆかりちゃん、おはよ~」

翠「愛梨さん、ゆかりちゃん、おはようございます」

ゆかり「はい、おはようございます。翠さん、愛梨さん」

愛梨「二人とも何してるんですか~?」

翠「私はいつきさんと約束があるんですけど、早く着いてしまったのでここで少し休んでいこうかと」

ゆかり「私も法子ちゃんと有香ちゃんを待っていて、同じくここで休憩しようと思いまして」

愛梨「そうなんだ~。私もかな子ちゃんと約束があるんだけど早く着いちゃって……良かったらそこの席で三人で一緒に座りましょう~?」

翠「はい、それでは」

ゆかり「私もご一緒させてもらいますね」

愛梨「うん」


蒼龍「私だ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 03:10:29.47 ID:5gKjIP/QO
執務室

雲龍「提督、アルフォンシーノ方面より只今帰投しました」

提督「ご苦労様。戦果は?」

雲龍「同海域に跋扈する敵艦隊を多数黙らせた後、敵泊地にて待ち構えていた艦隊にも大打撃を与えました」

雲龍「あと数度、北方海域深部の敵中枢艦隊をぐうの音も出ない程に叩けば、北方方面の深海棲艦らも暫くは沈黙するかと」

提督「概ねいつも通りか。どうでもいいけど君少しだけ物騒な物言いするよね」

雲龍「気にしないで」

提督「それで、こっちの被害は?」

北上「アタシが小破したくらいで他のみんなは損害軽微以下ってとこだよー」ニュッ

提督「北上いたんだ」

雲龍「私は無傷ですので、他4人は明石さんに疲れを取って貰うようにと」

提督「わかった、北上は小破だけど完治には時間かかるだろ、バケツ使っていいから行ってきな」

北上「ちぇ、たまにはゆっくり湯船に浸かろうと思っていたのに」


春香「スターウォーズの宣伝ですか?」P「ああ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:36:13.903 ID:SeQOwwCA0.net
P「近々、スターウォーズの新作が公開されるのは知ってるよな」

春香「そうなんですか?」

千早「春香……知らないの?」

雪歩「世界の常識だよ……?」

春香「えぇ!? そ、そうなの?」

P「その宣伝として、765選りすぐりのスターウォーズマニアを揃え、クイズコーナーをやることになった」

P「で、そのメンバーってのが……春香、千早、雪歩、伊織の4人だ。こっちでテキトーに選んだから」

やよい「すごぉーい、伊織ちゃんスターウォーズマニアなんだぁー!」

伊織「ふふん、海外に留学してるお兄様とスカイウォーカーランチを見たことがあるわ」

P「マジかよ!!! ちょ、詳しく聞かせてくれ!!!」

春香「あ、あの。プロデューサーさん! 私、スターウォーズなんて見たことありませんけど……」

P「え? そうなの? あっちゃー、千早が好きだから春香もそうだと思ったんだが……外したなコリャ」

千早「フォースの覚醒を知らなかった時点で、想像はできましたけど」

P「でも、もう決まったことだし……悪い、撮影までにマニアになってくれ」

春香「え~!? む、無理ですよぉー!」


伊織「千早と響と一緒に偽物語8話見た結果…」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/03(火) 19:51:29.150 ID:av5VcRVm0.net
千早「…」

響「…」

伊織「…」


井之頭五郎「神奈川県 横須賀鎮守府の秋刀魚料理」

1 : ◆9MhJan3JKU 2015/11/04(水) 14:47:42.65 ID:frPha3o/o
―――神奈川県 横須賀市―――


五郎(初めて来たなぁ横須賀、少し肌寒いが、うん、良い潮の香りだ)

五郎(T、元気かなぁ)

五郎(あいつの兄貴の結婚式以来だから、もう10年は会ってない)

五郎(幼馴染の弟、近いが微妙な距離、しかし仕事で呼ばれるとは、縁とは解らないものだ――)

五郎(しかも軍属とは、子供の頃からしたら想像がつかない)

五郎(どれ、終わらせたらそのまま海軍カレーへと、華麗に参りますか)


海未「私はナイト」

1 : 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイ 7996-l1cv) 2015/11/04(水) 23:13:59.93 ID:6/7u+Ml20.net
ことり「ふっ、うぅ~~んっ」

ことり「んん~~っ!」

海未「ことり、大丈夫ですか?」

ことり「うぇ~ん、お菓子の袋が開かないの~。海未ちゃん開けてくれる?」

海未「えぇ、貸してください」

海未「……ふっ」バリバリ

海未「どうぞ、ことり」

ことり「さっすが~、ありがとう海未ちゃん。一緒に食べよう?」

海未「あまり間食は……」

ことり「せっかく開けてくれたんだし少しぐらい食べてよぉ」

海未「で、では少しだけ……」

ことり「はい、どうぞ♡」

海未「ありがとうございます」パクッ

海未「あっ、おいしいですね」

ことり「でしょ?」


加賀「い、痛いわ翔鶴! やめて!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 23:07:27.32 ID:F9/WJ3ch0
翔鶴「うるさい!」バシッ

加賀「うっ・・・!」

翔鶴「貴女が悪いんですよ?」

翔鶴「大人しく私の言うことを聞かないから」

翔鶴「今日の稽古・・・」

翔鶴「あれ、何だったんですか?」

翔鶴「ねぇ?」

加賀「うぅ・・・」


提督「どうしてこうなってしまったのか」 泊地水鬼「……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 02:10:13.83 ID:eIpP0MCw0
――執務室
提督「ズルい」

大和「……はい?」

提督「艦娘だけ釣りに出掛けるのは不平等だ!」


ゴルゴ13「そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/05(木) 01:32:51 ID:03YZR0Eo
『 饒 舌 な 殺 し 屋 』



【 PART1 超A級のスナイパー 】

シカゴ ― USA ―



ボディガード「……ボス」

ボディガード「例のゴルゴ13とかいう殺し屋は、まだ来ないんですか?」

ボス「いや、そろそろ来るはずだが……」



ゴルゴ13「もう来てるぜ!」


的場梨沙「壁ドンって、実際ときめくの?」 二宮飛鳥「さあ」

1 : ◆C2VTzcV58A 2015/11/05(木) 01:36:18.98 ID:i/TBPqxc0
梨沙「少女漫画読んでると、結構そういうシーン出てくるんだけど」

梨沙「近づかれてドンって手をつかれたら、普通怖くない?」

飛鳥「さあね。そもそもされた経験がないからコメントのしようがない」

飛鳥「ひとつ確実に言えることがあるとすれば、キミは質問をする相手を間違えているということさ」

梨沙「だって、今部屋にアンタしかいないし」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。