Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍子「路地裏の喫茶店」

1 : ◆8dLnQgHb2qlg 2015/11/07(土) 22:48:14.53 ID:mtLigDEH0
「藍子、なにかやりたい仕事とかないか?」

「やりたいお仕事ですか?」

 プロデューサーさんにそう訊かれたのは、デビューして一ヶ月になる頃だった。
 今日は学校帰りに軽くレッスンをした後、事務所に寄っていた。
 そんなに広くはない事務所だけど、なんとなく居心地がいいから暇なときに雑誌を読んだりしている。

「人気が出てからじゃないとできない仕事も多いけど、逆に今じゃないとできない仕事もあるからな。どうしてもこれをしておきたいってことがあるのか訊いておこうと思って」

「そういうことでしたか。やりたいことかぁ……」

 改めて考えてみると、けっこう難しい。
 だけど、言うだけならタダなんだから、なにも考えずにやりたいことを言っちゃおうかな。

「例えば……みんなでお散歩したり、とか?」

「んー、参加者との区別が付けにくいか。となると、どこかを貸切にするかスタッフを増やすか……ちょっと難しいかな」

 場所が広いといろいろと問題も出てくるみたい。
 やってることはお仕事だもんね。

「えーと、じゃあ……カフェでファンのみなさんとお話するとかどうですか? 私がウェイトレスさんをしたり、ちょっとだけ歌ったりして」

「なるほどね……」

 座席数も決まってるし、室内だからどうかな?

「でも、これもお店に迷惑かけちゃうかも? あとは……」

「いや、いけるかも。というか、いいなそれ。採用」

「え?」

 企画が通っちゃった?
 ……あんなに軽いノリで?


姉「私の義妹」妹「私のお姉ちゃん」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 19:08:57.18 ID:HzgNaAfUO
義妹が私の妹になったのは、私がまだ中学生に上がりたての頃。
明るそうな母親とは対照的に、おどおどと母親の背に隠れる姿は昨日の事のように鮮明に思い出せる。
きっと私の顔が怖かったのだろう。
離婚だの、再婚だの、色々立て込んでいたから。
そのせいで私は妹の中で「怖いお姉ちゃん」になってしまったのではなかろうか。


モバP「たまには飛鳥といちゃいちゃしよう」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/17(火) 21:02:08.18 ID:S87nt0WDO
P「そうしよう」

P「まずは飛鳥の好感度を最大にしなくては!」

ガチャッ

飛鳥(親愛度1200/300)「やぁ、おはよう」

P「おはよう」


結衣「明日があるさ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 21:44:33.19 ID:502Rn/Vk0
結あか、地の文多めです。
それでもよければご覧下さい。
次から始まります。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 21:47:59.50 ID:502Rn/Vk0
ーーー
「ごめんね、待たせちゃったかな?」
「そんな事ないよ、それより急ぐぞ」
短く会話を交わすと、私達は通学路を急ぎ足で歩き始めた。

「あれ…京子ちゃんとちなつちゃんは?」
目の前の少女…赤座あかりはここにいない2人を探し、キョロキョロと辺りを見回す。

「あの2人なら先に行っちゃったよ」
「そっかぁ…あかりがお寝坊さんだから仕方ないよね。」
俯いたその顔は寂しげで、なのになぜかとても可愛らしかった。

「結衣ちゃんも先に行っててよかったのに」
「そしたら、あかりがひとりになっちゃうだろ…」
呟くような小さな声で、あかりに答える。

適当にはぐらかしてもよかったのだが、寂しそうなあかりの顔を見るとつい本音がこぼれた。



【ミリマスSS】琴葉「プロデューサー・・・?」のり子「プ、プロレスだよ!プロレス!」

1 : ◆ivbWs9E0to 2015/11/28(土) 12:41:40.87 ID:3VVeGXb40
P「・・・」カタカタカタ

P「・・・ふぅ」ノビー

のり子「プロデューサーお疲れ。お茶飲む?」

P「おう、ありがとう」

のり子「また泊まりで仕事してたの?」

P「まぁ・・・」

のり子「ちゃんと休まないとダメだよ?じゃあ休憩ってことでお昼ご飯行こうよ!」

P「あー・・・ごめんな。ちょっとすぐまとめないといけない資料が・・・」

のり子「えー」


仁奈「ちひろおねーさん、お誕生日っていつでごぜーます?」ちひろ「はい?」

1 : ◆R4LxbbyKhE 2015/11/27(金) 23:01:57.95 ID:3HrlpMGY0
【モバマスSS】です


――――11月25日 事務所

ちひろ「誕生日についてですか……一体どなたのを聞かれているのでしょう?」

仁奈「だからちひろおねーさんのお誕生日ですよ! 事務所で知ってる人だれもいねーでしたから、直接聞きに来たでごぜーます!」

ちひろ「それはそれは。ええ……千川ちひろ……の誕生日は11月28日ですが、それがどうかしましたか?」

仁奈「えっ!?」

こずえ「えー……?」

薫「えぇーっ!?」

ちひろ「あの、なにをそんなに皆さん驚かれているのでしょう?」

仁奈「だ、だって……た、大変でごぜーます……仁奈達全然プレゼントとか用意してねーですよ……!」

こずえ「……どうしよー……?」


P「千川ちひろ様降臨祭」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 07:21:54.09 ID:4FE31ao50
P「本日は我らが偉大なるアシスタント、千川ちひろ様が地上に降臨なされた記念すべき日です」

P「我らプロデューサーとアイドルが一丸となり、この素晴らしい日を祝いましょう」

P「ちひろ様、万歳!」


P一同「「「ちひろ様万歳!ちひろ様万歳!ちひろ様バンザーイ!!」」」


【SS】雨水槽サンクチュアリ

1 : ※えりうみ(テレビ埼玉)@\(^o^)/ (ワッチョイ 9b8e-P4Lm) 2015/11/24(火) 21:26:04.31 ID:mlwBKV400.net
 雨が降っていた。


 くすんだ窓の表面に張り付いた水滴が
 ときどき重なっては自らの重さに堪えかねて落ちてゆく。
 吹き付ける風が水滴を揺らし、遠くぼやけた枝葉を揺らす。

 頭上の真っ白な蛍光灯は
 光とともに目映い熱まで運んでくるようだけど、
 部屋が明るいほど、
 かえって外のうす暗さ、心もとなさが窓越しに染み込んでいく。


 雨音の流れに混じってキーを叩く音がしばらく続いている。

 テーブルを挟んだ向こうの席で
 あの子は生徒会のパソコンとにらめっこしてる。

 キーボードの上をなめらかに走る白い指先が
 ピアノでも奏でるみたいで、
 ディスプレイの青白い灯に照らされたまじめな顔が、
 その目がふいに細められ
 小首をかしげた仕草に思わず頬がゆるんでしまったところで

 あの子が私を見た。


 ぱっと見開いた瞳、
 赤みの差す頬、
 視線をそらしたままどうにかして私に言う。


「……絵里、暇そうなら手伝ってください」

 少し唇をとがらせて、軽い当てつけみたいな声を出して。


【ハナヤマタ】ヤヤ「私となるのルームシェア」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:09:31.55 ID:TDB74dd10
※ハナヤマタSS
※妄想
※短め


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:10:47.31 ID:TDB74dd10
ヤヤ「なるー!ただいまー!」ガチャ

なる「おかえりヤヤちゃん。もうすぐご飯できるから」

ヤヤ「さっすが、私のなる!」ギュー

なる「ちょっとヤヤちゃん!包丁持ってるから危ないよ!」

ヤヤ「あははー、ごめんごめん。なるのエプロン姿が可愛いからつい」

なる「もう、ヤヤちゃんってば」


ツバサ「あ…」ペタン

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:33:01.11 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「ツバサどうしたの?急にへたり込んで」

ツバサ「え、えっと…ちょっとバテちゃって…」

英玲奈「まだ着替えてすらいないじゃないか」

あんじゅ「夏バテ…にしては遅すぎるわよね」

ツバサ「そ、その…」

英玲奈「歯切れが悪いな、本当にどうしたんだ」

あんじゅ「体調でも悪いの?肩貸してあげよっかツバ…」


ツバサ「うぅ…」ジワ


あんじゅ「ちょ、ちょっと泣いてるの!?相当悪いってこと!?」

英玲奈「…ツバサ、なにがあった?」

ツバサ「…笑わない?」

あんじゅ「笑えないわよっ、早く救急車を…!」

英玲奈「落ち着けあんじゅ。笑わないと約束するから言ってみろ」

ツバサ「…あのね」


ツバサ「お漏らししちゃった…」グス


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。