Powered By 画RSS


提督「俺の妻が妊娠したぞ―――ッッ!!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 19:12:47.58 ID:7AyaWKhh0
浜風「提督、奥方様がご懐妊されたそうですね、おめでとうございます」


提督「相手の男を見つけたらぶっ殺してやる!!」


悟空「オラのオラのかめはめ波」ベジータ「俺の俺のギャリック砲」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 20:23:10.28 ID:LjfPrVJf0
~カプセルコーポレーション~


悟空「オラのオラのかめはめ波の方が強えぞ?」


ベジータ「いや、俺の俺のギャリック砲の方が強いに決まっている」


悟空「でもおめえのおめえのギャリック砲はいつもファイナルフラッシュじゃねえか?」


ベジータ「なんだと!?俺の俺のギャリック砲はいつもファイナルフラッシュな訳じゃないぞ!」


クリリン「お前たち、さっきから何意味不明なこと喋ってんだ?」


渋谷凛「んでよぉwwwwww」加蓮「マジかwwwwwwww」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 01:44:32.02 ID:yrHiplbc0
キャラ崩壊

飲酒喫煙は二十歳になってから


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 01:45:30.32 ID:yrHiplbc0


凛「そん時春菜がさ、あ、比奈もその時いたんだけどさ、眼鏡に泥かかるからーってさ」


加蓮「wwwwwwwww」


春菜「ちょ、おま、やめろってその話!!」


凛「……っ……っw」


凛「wwwwwwごめwwwww今思い出しても笑えるわwwwww」


加蓮「ちょ、やめろよwwww気になるじゃねぇかwwwww」


比奈「えっちょっ、やばくないっスか? アイドルとしてやばくないっスかそれ?」(春菜の真似)


凛「ちょwwww似てるwwwwww」


加蓮「はwwwwwwどんだけだよwwwwwww」


春菜「あ゛ぁ゛ああ゛ぁ゛あ゛あ゛ああ! だっから嫌だったんだってあの仕事!」




にこ「耳かきの練習したいわ」

1 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 00:22:05.41 ID:CquWpDaZ.net
※短編


にこ「はあ…」

真姫「ため息なんかついてどうしたのよ」

にこ「昨日、チビ達とちょっと…」

真姫「?」

真姫「はっきりいいなさいよ」


神「新しい単語を考えているが、いいのが思いつかない」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 00:27:12.13 ID:4Kn/E1kro
天界にて、神は悩んでいた。

神「う~む……」

天使「どうされました、神様?」

神「実はな……」

神「ある意味を持つ新しい単語を生み出そうとしているのだが、いいのが思いつかんのだ」

天使「そういう時は一度悩むのをやめて、天国動物園に行ってみたらどうです?」

天使「実は私はあそこの常連なのですが、なかなか楽しい施設ですよ」

神「そうだな……いい気分転換になるかもしれんな」


夏向けショートショート3本立

1 : ◆NdSwyytUJslS 2016/07/15(金) 20:40:36.05 ID:Q/YIMqnfO
第一話/バチン



もう夏本番と言っていい暑さなのに今のところ梅雨が明けたという発表はなく、夜の10時が迫っても一向に過ごしやすくならない。

決して断熱性が良いとは言えない1kアパート、しかも二階だからなおさら暑いのかもしれない。


この部屋がある棟は女性専用で、玄関には電子式のオートロックが備えられていたりとセキュリティ性は多少工夫されている。

その代わり玄関を開けっ放しにはできない仕様だし、その面に備えられたシンク奥の窓は10cm程しか開かないようになっているから、部屋全体の通気性はあまり良くなかった。


それでも先週までは我慢できた。だけどもう駄目、もう無理。

あまりに不快な湿度と厳しい暑さに苛まれ、今週からは遂にエアコンを使い始めていた。

だって日曜の夕方一緒に出かけた向かいの棟のNちゃんが『まだ使ってないの? 私、6月の終わりからエアコンかけてるよ』なんて、呆れたように言うんだもの。

涼風の誘惑に負けたのは彼女のせい、私は悪くない。


【モバマス】江上椿「永遠ブルー」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 03:40:38.15 ID:r8B9JmaQo
椿Pの一人称SSです。椿さん以外あまりアイドルは出ません。


2 : ◆K1k1KYRick 2016/07/29(金) 03:41:21.77 ID:r8B9JmaQo
変わった形状の岩が点在する笹川流れは、新潟県有数の景勝地である。

変化に富んだ海岸線と沈んでいく夕陽のデュオは、自然の作る素朴な芸術性を

感じさせ、自ずとシャッターを切る手に力を込めさせた。

そんな俺の隣で長い髪を潮風に靡かせながら

満足げにカメラレンズを磨いている女性がいる。

「絶景だね。蓬莱山だけでなく他の岩までほとんどが一望出来るよ」

「でしょう? 地元のオススメ穴場スポットなんですよ」

「しかし椿、よくこんな場所見つけたね」

「観光用の写真を市役所の職員さんに頼まれて、散策がてらに探していたんです」

彼女――江上椿は事も無げに言うが、ここは山の中腹辺りだ。

途中の山道から獣道ですらない藪の中に潜っていって約五十分

やっと樹木のない場所に出たと一息ついたら、このような素晴らしい光景が広がっていた。

確かに綺麗だが、散策で見つけ出すレベルを超えている気がする。

「確かにこれは観光紹介のメインになるかもな」

「ですよね。ここの眺めが大好きで絶対プロデューサーさんと

 一緒に来よう、って決めていたんです」

美しい海岸に真っ赤な夕やけ、二人きりの空間――

デートとしてはこの上ないロマンティックなシチュエーションだ。

とはいえこんな所で日が暮れてしまったら帰りが難儀するので。

この風景と俺たちを写真に収めた後、急いでまたあの獣道をかき分けて麓を目指した。


フレデリカ「ワクワクドキドキ抽選会」

1 : ◆99skM4/jE2 2016/07/30(土) 01:41:40.65 ID:2SLqPxAB0
フレデリカ「志希ちゃん準備できたー?」

志希「ガラポン持ってきたし大丈夫だよー♪」

周子(わざわざ机出してきてるけど何するんやろ?)

志希「それでは!ただいまより!」

フレデリカ「夏の大抽選会を始めまーす♪」

志希「パチパチパチパチー♪」

周子(口で言うてるし)


【ミリマス】翼「誕生日ですよ美希先輩!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 19:15:09.66 ID:bs0z33goo
美希「ふーん、誰の誕生日なの?」

翼「またまたー、美希先輩はとぼけるのが下手ですね~」

美希「…いや、ホントにわからないの」

翼「…………」グスッ

美希「じょ、冗談なの!翼の誕生日でしょ、プレゼントも用意してるの!」アセアセッ

翼「覚えててくれたんですね美希先輩ー!大好きです!」

美希「……今隠した目薬は見なかったことにしてやるの」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ