Powered By 画RSS


日野茜「耳かきをしましょう文香ちゃん!!!!!」鷺沢文香「 」キーン

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 20:01:53.97 ID:aDSXZaVVo
※これは日野茜ちゃんと鷺沢文香ちゃんの百合百合したお話だよ!もし違ったら木の下に埋めてもらっても構わないよ!


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 20:02:28.15 ID:aDSXZaVVo
文香「と、突然どうしたのでしょうか、茜ちゃん」

茜「いえ!!先日藍子ちゃんに耳かきをしてもらいまして!!」

茜「それがとても気持ちよかったので日頃お世話になっている人にやりたいと思いまして!!」

文香「なるほど…」

茜「さあさあ文香ちゃん!!どうぞ私の膝の上に寝っ転がってください!!」ぶんぶん!

文香「耳かき棒はそんなに激しくシェイクするものでしたでしょうか?」

茜「ほんの準備運動です!!さあさあ遠慮しないでください!!!!」

文香「……では失礼します」

ぽすんっ


モバP「飛鳥のあ蘭子志希の母乳を搾る」

1 : ◆agif0ROmyg 2016/12/27(火) 21:57:59.30 ID:Ur8DiWUV0
アイドルマスターシンデレラガールズの、二宮飛鳥、高峯のあ、神崎蘭子、一ノ瀬志希のR18SSです。

プロデューサーとアイドルはその業務の上で非常に長い時間を共有し、互いに要求や意見を出し合い、それをもってより良い仕事を成し遂げるものだ。

そのため、担当Pと特に仲の深まったアイドルは、他の誰にも言わないような事を相談したりすることもありうる。

分かちがたい絆で結ばれた、大抵は年上の、大人の男。

親や友人よりも優先して頼りたいと思っても、不思議ではない。

俺の担当アイドルのうち、二宮飛鳥、高峯のあ、そして神崎蘭子も、そう思ってくれていた。

だから俺は彼女らの不安に寄り添い、悩みを受け止める一方で、役得を貪ってもいた。

何もかも都合良く進むことに、まるで不安を感じていなかった。

……今から思えば、バカな話だ。


ことり「かよちゃんをいじめます」花陽「ぴゃあ!?」

1 : 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 00:07:36.24 ID:jbxuR7nZ.net
ことり「つつきます♪」ツンツン

花陽「あぅ...//」

ことり「もみます♪」プニプニ

花陽「うぅ~...」

ことり「わしゃわしゃします♪」ワシャワシャ

花陽「う...//」

ことり「かぎます♪」クンクン

花陽「ひゃぁ...//」

ことり「かじります♪」カプッ

花陽「ぴゃっ!...//」



ルビィ「善子ちゃんがプールの授業を見学?!」

1 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 17:30:53.45 ID:g8pwu+AO.net
善子「……」

花丸「どうしたずら?」

ルビィ「大丈夫なの善子ちゃん…?」


善子「大丈夫よ…。あんま大っきい声で話すのやめて」

花丸「だっていつも元気な善子ちゃんが見学なんて…」

ルビィ「心配だょぅ…。」


lily white「激しい風にさーらわーれーたーい」ビュオォ

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/08(日) 21:22:31.27 ID:RrRdLYHSO
海未「凛が風に飛ばされてしまいました」

希「凛ちゃーん、どこやー!」オーイ


男「あ、おはよう」女「いちいち“あ”をつけるのやめてよ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 20:18:34.04 ID:dipKyblPo
女「おはよーっ!」

男「あ、おはよう」

女「今日も寒いねー」

男「あ、ホント寒いよね」

女「……」


咲良「剣司、座りな」剣司「…はい」

1 : ◆3asVg8YHh2qs 2017/01/07(土) 18:25:07.97 ID:8hy0D3sjO
―――海神島、近藤家―――

咲良「いただきます!」

剣司「…いただきます」

咲良「いやー、やっぱり働いた後のご飯は最高だね!」

剣司「…あまり無茶するなよ、咲良」

咲良「分かってるって。それに少しは運動した方が…ん?」

咲良「剣司、どうしたのさ?あまり箸が進んでないけど…」

剣司「あー…なんか食欲ないんだわ、ごめん」


絵里「私の大切な妹と友達」

1 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 13:11:57.05 ID:IanqoB59.net
亜里沙「う~ん…」

絵里「どうしたの?何か悩んでる?」

亜里沙「…」

絵里「亜里沙?」

亜里沙「えっ!?ど…どうしたの!?」


瀬川かえで「ちょっと、転校生」

1 : ◆Ci3UmwhFqY 2017/01/08(日) 23:53:02.17 ID:NdTDlpoV0
・あんガルSS
・かえでさんと転校生しかいない


2 : ◆Ci3UmwhFqY 2017/01/08(日) 23:57:46.38 ID:NdTDlpoV0
かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」


穂乃果「μ'sのお色気担当といえば……」 凛「希ちゃんにゃ」

1 : 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 18:16:30.38 ID:XLltnnbA.net
希「え」

真姫「まぁ…そうね」

絵里「えぇ」

にこ「でっしょー? つーワケで、アンタはもっとそういう面を売り出すべきだと思うワケよ」

希「え…いや、うん? 売り出すって……?」

にこ「そーね、衣装がアンタだけ胸をやたら協調してるとか」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ