Powered By 画RSS


二宮飛鳥「I want to be special」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:33:23.84 ID:gArNAuVQo

ボクにも普通の女の子だった時期があった。


小学生の頃は友達の家で騒いだり、そういう子供向けの人形やらで遊んでいたし、
公園で走り回ったり、交換日記で盛り上がったこともある。

中学に入ってからは離れてしまった友人、新たにできた友人、
様々ではあったが良い中学生活をスタートできた。

誰が誰のことを好きだとか、あの先輩がカッコイイだとか、
昨日のテレビ見た?と、まぁ良くも悪くも中学生らしい話題だ。


小学校でも中学校でも、普通の女の子らしいことをしていた。

ただ、それも中学一年生までの話だった。


飛鳥「ふいうち」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 03:26:00.58 ID:RCrCr+1y0
飛鳥「(完全に油断してたよ・・・彼女がそういう人物であったことを・・・)」

飛鳥「(最近大人しいと思ったんだよ。仕事には遅刻しない。ふらふらした放浪癖も治ったのかと・・・)」

飛鳥「(でもそうじゃなかった。これは完全な不意打ち、奇襲と言ってもいい)」

飛鳥「(今までの比較的真面目だった態度は全てブラフ・・・この為の伏線だったんだ)」

飛鳥「(あぁもう・・・)」









飛鳥(猫耳、尻尾装備)「一体どうすれば・・・」

志希「にゃはは~、似合ってるよ~♪」


【モバマスSS】二宮飛鳥「Footprints」

1 : ◆yG19Mx3PWw5Q 2017/02/03(金) 01:52:55.02 ID:abWpekUS0
アイドルマスターシンデレラガールズより、二宮飛鳥のSSです


2 : ◆yG19Mx3PWw5Q 2017/02/03(金) 01:54:21.15 ID:abWpekUS0
この季節特有の冷えた空気が吹き抜けていく屋上には、当然ながらボクしかいない。
まぁ当然だろう。暦の上では間もなく春を迎えるとはいえ、その息吹を感じるのはまだまだ先なのだから。
ならば、まだまだ重い腰を上げずに居座る姿勢の寒気に挑むよりも、暖かい屋内で過ごしたいと思うのは、自然なことなんだろうしね。
フェンスに体重を預け、ぼんやりと視線を落とす。
眼下には昨日とさほど変化のない景色が広がっている。道行く人も、排気ガスを吐き出しながら走っていく車も、時計の針も、木枯らしも。
箱庭のような世界の中で、ルーチンワークをこなすように、昨日と同じような今日を、今日と似た明日を過ごしていく。


男「次回予告がある人生」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 00:40:14.50 ID:RFTJDRU6o

男「よーし、明日はいよいよ女ちゃんに告白するぞ!」

男「あっちも俺に気があるっぽいし、多分いけるはず……」



次回『玉砕!失恋の味はほろ苦い!』 お楽しみに!


創造神「やだ・・・またワシがラスボスにされてる・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:49:10.12 ID:HkYIYEgx0
創造神「ハァ・・・」しょんぼり

天使「どうされましたか神様?顔色があまり良くないようですが」

創造神「天使君か。いや、人の子が作ったゲームを今プレイしてるんだけどさ」

天使(暇だなアンタ)

創造神「見てよ!人間達がワシの化身を攻撃し始めてるんだよ!?ワシ涙が出ちゃう!」

天使(あちゃー・・・)


グー「正直、ジャンケンで俺がパーに負けるのが納得いかないんだけど」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 17:05:12.88 ID:IWAzNRp0o

グー「なあなあ」

チョキ「んー?」

パー「どうしたの?」

グー「あのさ……ずっと思ってたことがあるんだけどさ……」

チョキ「なんだよ?」

グー「正直、ジャンケンで俺がパーに負けるのが納得いかないんだけど」


穂乃果「ことりお姉ちゃん」

1 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/02/01(水) 22:38:09.49 ID:glk4sa5E.net
希「お姉ちゃんがほしい?」

穂乃果「うん!優しいお姉ちゃんがほしいんだ♪」

希「それでことりちゃんに催眠術をかけろと?」

穂乃果「そう!」


希「ことりちゃんはええの?」

ことり「まあ催眠術かかっても変なことにはならないと思うし」


ことり(それに大差ないかなとも・・・)コソコソ

希(まあたしかに・・・)コソコソ


穂乃果「?」


トリティン副総帥

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 14:13:47.00 ID:I6Btf54/0
※SLG「Almagest -Overture-」のネタバレを含みます。その点を注意して頂けると幸いです。


ガヴリール「課金しすぎてお金がない…楽して稼げないかな…」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/01/31(火) 22:22:40.72 ID:hPDA4FAro
ガヴリール「バイトも面倒だし…はぁ…」テクテク

俺(あ…!あれ、ガヴリールドロップアウトのガヴリールちゃんだ!!)

俺(実物めっちゃかわいい!よし、声かけたろ!)サッ

俺「ねえ、お嬢ちゃん」

ガヴリール「んー?」

俺「楽して稼ぎたいの?」

ガヴリール「…そうだけど」

俺「5万でどう?」

ガヴリール「消えろ」

俺「まあまあそう言わずに。っていうか、何のことかわかってるんだ」

ガヴリール「まあ、お前みたいなオッサンが5万も出すことなんて…1つしかないじゃん」

俺「そうだね」

ガヴリール「じゃ、そういうことで…」スタスタ

俺「一緒にデートするだけでいいよ」

ガヴリール「!?」ピタッ

俺「ただ1時間、一緒にデートするだけ。それで2万。どう?」

ガヴリール「…1時間で、2万…!?」


暁「変ね。何度推理しても司令官のプリンを盗んだ犯人が私になるわ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 21:37:13.54 ID:qZtp7ssT0
提督「てーててーててーててってー♪」

ガチャ

提督「あれ?」

提督「!!」

提督「な、なんてこった」

提督「ない! ないぞ!」

提督「いったい誰が!」

提督「俺のプリンを盗みやがったんだー!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ